FC2ブログ
2021/04/24

七星鍼法の魅力(Part23) 肘痛と活性鍼

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。




円で囲んだところが歪んでいます



「重たいものを持ったらひだりの肘が痛くなりました」と言う方が来られました。
脊椎診をしたら、写真のように上部胸椎に歪みがありました。
そこで、スタッフに向かって、

「面白いから見ててね」と言い、頭部への活性鍼だけをしました。
そして、「はい。肩をぐるっとまわしてみて」と言い、肩をまわしてもらいました。

それから、
「はい。肘の痛みをみてください」と言うと、肘を動かし、肩を動かし、

「キャー! あれ~~~~!!! なんで~?」と大声を出していました。

それを聞いた私は、

「OK,OK、写真撮らせてください。ブログに使いますね」と写真を撮らせてもらった。(^o^)

さて、「活性鍼」だけで、なぜ肘の痛みまで治るかと言うことですが、活性鍼にはそのような働きもあるのです。
つまり、「脊椎矯正作用」です。

何故なら、活性鍼で脊椎が強制されまたら、それに連なる肘関節の歪みまで取れるからです。
ですから、肘は全く触らなくても痛みが取れてしまうのです。

活性鍼はほんとに便利な鍼法です。
明日の実践塾でも歪みのある人がいたら、パッパッとマジックのような矯正をして見せることが出来るのですが‥‥。
関連記事