FC2ブログ
2021/04/23

七星鍼法の魅力(Part22) 活性鍼と自律神経失調症

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



自律神経失調症も臓腑との関係



≪健康倶楽部≫というサイトに「自律神経失調症」の症状がわかりやすい記事がありました。
一応リンクさせてありますが、当院に来る患者さんにも同様な症状があります。
その方々の中には活性鍼で治まった症例がありますので、文章を転載させて頂き、ちょっと解説してみたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自律神経失調症になると、特に原因が思い当たらないのに様々な症状が現れます。

・慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、 下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感

・精神的な症状としては
イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しい、あせりを感じる
など症状はいろいろあります。

あなたは大丈夫?自律神経失調症チェック
該当する項目がいくつあるか、数えてみましょう。

以下に当院の考察を赤字で書いていきますが、病院での検査結果と違う場合もあります

・めまいや耳鳴りのするときが多い。
 頚椎や心臓が原因の場合もあります
・または立ちくらみをよく起こす。
 心臓、肝臓、血圧と絡んでいる場合が多いです
・胸が締め付けられる感じがする。
 心(心臓)や心包(心筋)が殆どです
・または胸がザワザワする感じが時々ある。
 これも心臓が原因と考えたほうがいいです
・心臓がいきなり早くなったり、脈拍が飛ぶようなことがある。
 これは現代医学的に診ても「心臓」と考えていいと思います

・息苦しくなるときがある。
 これも心臓の問題と考えます
・夏でも手足か冷えるときがある。
 心臓からの血液排出力の問題と考えていいと思います
・胃の調子が悪いときが多い。(お腹がすかない・胸やけなど)
 みぞおち辺りに「太陽神経叢」というのがあり、そこに硬結ができるとそのような症状がでます。心臓の関係です
・よく下痢や便秘をする。または便秘と下痢を繰り返す。
 水下痢なら心臓の不調、軟便の下痢なら大腸、便秘と下痢を繰り返すのは腎の症状
・肩こりや腰痛がなかなか治らない。
 臓腑の新陳代謝低下が原因です

・手足がダルイ時が多い。
 多くは心臓の問題の場合が多い
・顔だけ汗をかく。または手足だけ汗をかく。
 これも心臓の問題です
・朝、起きる時に疲労を感じる。
 心・腎の問題と考えてください
・気候の変化に弱い。
 これも心・心包にもんだいがあります
・やけにまぶしく感じる時がある。
 白内障の可能性があるので、眼科で診てもらったほうがいいです
・寝ても寝ても寝たりない。
 血液循環と関係してきます
・怖い夢をよく見る、または金縛りにあう
 これも心・心包の弱い人に多く見られます
・風邪でもないのに咳がよく出る。
 喉に異常がなければ、大腸、腎、心・心包に問題があります
・食べ物を飲み込みつらい時かある、喉に違和感がある。呂律が回らない時がある。
 典型的な心・心包の症状です
 
そのサイトでは、いかのように指導しています。

※ 0-1個 自律神経に狂いはなさそうです。
※ 2-3個 自律神経に負担が掛かっているかもしれません。
※ 4-6個 自律神経失調症になりかけているかもしれません。
※ 7個以上 すぐに休養を取り、できるだけ早く専門家に相談しましょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こうして診ると、
【めまい。立ちくらみ。胸が苦しい。胸がザワザワする。心臓がいきなり早くなったり、脈拍が飛ぶ。息苦しくなる。手足か冷える。胃の調子が悪い。便秘と下痢を繰り返す。肩こりや腰痛がなかなか治らない。手足がダルイ。顔だけ汗をかく。手足だけ汗をかく。朝、起きる時に疲労を感じる。気候の変化に弱い。寝ても寝ても寝たりない。咳がよく出る。食べ物を飲み込みつらい、喉に違和感がある。呂律が回らない】

などは、多くが「心・心包」の関係です。
しかし、活性鍼でそれらが治まってきます。
今朝も、上記のような症状のある方が来られましたが、

「頭スッキリ、目もぱっちり」と言いながら帰って行きました。(^o^)
もちろん、「活性鍼」を使いましたが、
足裏へのお灸で、右は3壮、左はなんと20壮でやっと熱くなりました。\(◎o◎)/!

「活性鍼」は、我ながら「素晴らしい鍼だ!」と感心しています。
今度の臨床実践塾でもちょっとやります。
関連記事