FC2ブログ
2021/04/06

七星鍼法の魅力(Part6) 患者さんを診るには

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



病気治し入門・復刻版



治療は診断から始まりますが、診断ができれば家庭療法でも多くの病気を治せます。
七星鍼法は診断にこだわり続けて臨床研究を進めてきた治療テクニックです。
ですから、症状を聞けば80%ぐらいは原因がわかり、治療方針も決める事ができます。
それが「即効的な治療」につながるわけです。

今年、国家試験に合格して鍼灸師になった方もたくさんいますが、鍼灸院でアルバイトなどをしていた人は別として、すぐに独立を考えている人が不安になることはたくさんあると思います。

① 患者さんの問診は上手くできるだろうか
② どんな患者さんが来るのだろうか
③ 診断はどのようにすればいいのだろうか
等々に始まり、

④ 運営はどのようにすればいいのだろうか
⑤ 広告を出す必要があるのだろうか
⑥ 運営が上手くいかなかったらどうしたらいいのだろうか

悩みは尽きないと思います。
もちろん私もそうでしたが、私の場合は鍼灸学校に行く前から、食事療法の講師や整体の講師をしていましたので、あまり心配はしていませんでした。

そして、

鍼灸師になって初めて書いた本が、『病気治し入門』でした。
この本は、30年ほど前に書いた本ですが、非常に熱を入れて書いた本で、自分でもこの本は好きです。
何が書かれているかと言いますと、

① 自分が病気になる方法
② 自然の法則が人体がに及ぼす影響や原理原則
③ 原理原則を人体や食物、病気に照らし合わせて、病因を見つけ、病気の治し方を考える
④ 微量元素のミネラルには人体の恒常性を保つための作用がある
⑤ ミネラルの作用や人体との関係
等々です。

でも、オンデマンドで出版したので、単価が高くなっています。
ですから、当院へ来て頂けば、ただで読む事ができます。(^_^;)
時間のある方は、どうぞ当院へ来て読まれてください。

この本を書く前から「病気の原因を探る」ことに興味があったので、自分でビョウキを作った話などは読者に印象深いようで、皆さんも楽しく読んでくれているようです。
自ら進んで病気になりたがる人はあまりいませんが、中には「ビョウキを作ってみたい」という方もいますので、そのような方々には参考になると思います。

病因がわかれば病気を作ることも治すこともできるというわけです。
それは、「腕のいい大工は壊すのも上手い」と言われることからヒントを得てテストしてみたわけです。
但し、心や体の弱い方は真似しないでください。
死ぬことはないかも知れませんが、ひどい目に遭うと思われるからです。
関連記事