FC2ブログ
2021/04/03

この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。す。



ここが痛いです



このところ毎日「活性鍼」を使っていますが、やるほどに興味が湧いてきます。
たとえば、うえの写真の方は、右手の平の、指で刺している辺り(もう少し小指寄り)が痛いと言っていました。
これを経絡で考えると、心経になります。
この方にも早速「活性鍼」を使わせてもらいました。

さて、「活性鍼」と「心経」がどのような関係にあるのかと言うと、七星論での対応経絡を考えれば簡単に答えが出てきます。
対応経絡は以下のようになっているからです。

督脈≒任脈
水(腎・膀胱) ≒火(心・小腸)
金(肺・大腸) ≒木(肝・胆)
地(心包・三焦)≒土(脾・胃)

活性鍼では、膀胱経も使いますので、
水(腎・膀胱) ≒火(心・小腸)
の対応経絡が当てはまるわけです。

ちょっと難しいですかね。

それで結果はどうだったかと言うと、完全ではありませんでしたが、
「痛みはだいぶ良くなった」
と言っていました。

しかし、「だいぶ」だけでは私が納得できませんので、もう少し「心」の治療を加えました。
これでほぼ良くなりました。
関連記事