FC2ブログ
2021/03/23

活性鍼に決めました。(3/28の臨床実践塾準備)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



鍼を使うのが多いのですがお灸も使います。新しい女性スタッフもよろしく



これまで「活鍼」と呼んでいた鍼の仕方を「活性鍼」と呼ぶことにしました。
「活性鍼」の方が分かり易いし、この治療法に適していると思われるからです。

私が私に、連続的に、この活性鍼を使い出したのは、3月1日からです。
そして、徐々に自分でも不思議と思うぐらい元気が出て来て、疲れが残り難くなってきたのです。
たとえば、昨日も一昨日も、ほぼ一日中DVDの編集をしていて、寝たのが夜中の1時ごろです。

そういう日が続いているので、やっぱり活性化されて来ているんだろうな、と考えるわけです。

私だけではありません。
家内も、当院に来る慢性的疾患の患者さんも、元気が出てきたのです。
(もちろん病気も治ってきます)

手法というか、テクニックとしては難しくない方法です。
ただ、ちょっと診断の必要があるので、その診断ができないと‥‥。

簡単ですが、安っぽいものにはしたくないので、今度の臨床実践塾で公開して、参加者にお願いしてデータを集めようと考えているのです。
参加者の皆さんに協力をお願いするのは、

① この鍼は変化が出るのに多少時間がかかる

② 当院だけのデータより多くの方々のデータがいい

③ できるだけ多くの方々に恩恵をもたらしたい

④ 多くの先生方と共有することが望まれる

というのが理由になりますが、とりあえず共有はビデオでもできますので、3/28の臨床実践塾もハガキの案内などは出しません。
「緊急事態宣言が解除」されたのですが、今週からドッとコロナウイルス感染者が増えるのではないかと考えているので、それを警戒しているのです。

期日:3月28日 午後1時~3時(2時間)
会場:新城針灸治療院
会費:10.000円
   しちせい特殊鍼法研究会会員は無料
申込:06-6765-7622 メール
親睦会:有志のみですが、歓送迎会も同時に行います
    親睦会費の費用はだいたい3.500円ぐらいかな(^o^)
関連記事