FC2ブログ
2021/03/20

きのうは嬉しいことがあった。回帰性リウマチからの回復

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。




手前のお腹垂れ下がっているうように見えるのは、服が垂れているのです(彼女の名誉のために)



回帰性リウマチで24歳になる患者さんですが、彼女が最初に来たのは11月27日。
きのうで4回目の治療になる。
話を聞くと、
「痛みはほとんどなくなりましたが、昨日右の親指がちょっと痛くなった。しかし、今は治っています」
と言う。

4カ月ほどで回復してきたわけです。
正直難しい病気なので、本人の努力が非常に大切になります。
回帰性は、慢性リウマチに移行していくことを彼女も知っていましたので、家族も協力してくれたそうです。

何を協力してくれたかと言うと、「食事」です。
私の経験では、食事を無視してはリウマチを治すのは無理です。
もちろん特殊鍼法も使いましたが、鍼灸だけでも無理と考えています。

それがたった3回の治療でそこまで回復するなんて、本当に嬉しいことです。
それで、帰るときに玄関で、

「私、ここに来てなかったら歩けなくなっていたと思います」と言ってくれました。

多分、同じ病気の人を見て、いつも不安になっていたのだと思います。

自慢話をするために書いているのではありません。
「回帰性リウマチも回復するんですよ」と言いたくて書いているのです。
諦めないで、頑張ることが大切だということを言いたいのです。

チャンスがあれば、その子の体験談を聞く機会を設けたいのですが、大人しい子ですので、ちょっと難しいかも知れません。
しかし、私も諦めないで交渉してみる事にします。

きのうは、そんなことがあって本当に嬉しかったです。
関連記事