FC2ブログ
2021/03/07

ヒェー! 血圧125-71/脈拍77 ⇒ 135-81脈拍78

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



血圧計



私はコーヒーが好きなので、コーヒーが嫌われるようなことは言いたくないのですが、当院に来る患者さんで、血圧や動脈硬化が原因と思われる方が増えた気がしたので、ちょっとコーヒーのマイナス点を書くことにしました。
症状としては以下のような方も対象になります。

① 手首足首の痛み(七星論の関節配置では心包・三焦の関係)

② 耳鳴り(ある程度の年齢以上だと脳動脈の硬化を疑います)

③ 目まい・ふらつき(原因は多いのですが、血圧や脳動脈の問題も含む)

それと、もう一つには、先月新しい血圧計を買ったのですが使うチャンスがないので、使ってみたかったのです。(^_^;)

先日のことですが、スタッフとインスタントコーヒーの話になり、
「インスタントコーヒーはボーンと血圧が上がるよ。やってみようか」
と血圧を測り、たまたま残っていたインスタントコーヒーを飲んだ。

ビックリです。

最初は、125ー71mmHg(ミリエッチジー) 脈拍77だったのが、インスタントコーヒーを飲んでから測ったら、135ー81mmHg 脈拍78になっていた。
ほんとは、もっと上がると考えていたのですが‥‥。

というのは、人工透析を受けている方でしたら、200ぐらいまで上がるからです。

コーヒーと言っても、これはインスタントコーヒーのことであり、豆を挽いたコーヒーは、そんなに血圧が上がることはないようです。
血圧が上がるのは、コーヒーに含まれるカフェインの作用によるもののようです。

カフェインの作用の一つに「交感神経を刺激する」というのがあります。
交感神経が刺激されて、交感神経が優位な状態になると、心臓は活発に働き、心臓の収縮力も上がり血圧も上がるわけです。
レギュラーコーヒーと比べてインスタントコーヒーにはカフェインが多く含まれているようです。

カフェインの摂り過ぎは、不眠、頭痛、カフェイン依存症、妊娠中の方には胎児の発育阻害などの影響があると言われています。
カフェインが苦手な方やカフェインを避けたい方なら、豆を挽いたレギュラーコーヒーのほうがカフェインの含有量は少なく済むそうです。

上記の、①②③のような症状のある方の治療には、
1.経絡を整える
2.臓腑の代謝を上げる。特に肝、腎の代謝
3.もろに血圧が高いときは胃経を使う

などの治療がいいようです。
関連記事