FC2ブログ
2021/02/27

子宮の捻れ? 生理になると右足だけが痛重くなる:回旋鍼への期待

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。


 

ビフォー    →     アフター

回転する角度が大きく変わりました



目まいで来られていた方ですが、現在目まいの症状も予兆もないようです。
しかし、
「生理が始まる2日前からきつい腰痛とお腹の張りがあり、初めの2日ほどは久しぶりに生理痛がきつかった。そして右足が重だるい感じがあった。頭痛もあったので、頭痛薬も飲んだ」
と訴えていました。

昨日、
「脳梗塞の後遺症がある方で、回旋鍼をしたら右足が楽になった」と、昨日このブログにも書きました。
その方のことが頭に残っていて、問診表を見ながら、
「もしかして子宮の捻れ?」と考えていました。

そこで、体幹にも捻れが出ているはずだ、と捻れのチェックをしたら、上の左写真のように捻れがありました。
ということで、捻れから取ることにして、先に回旋鍼をしました。
すると、上の右の写真のように、ぐ~んと捻じることが出来たのです。

この回旋鍼は、体の捻れを取る鍼で、去年開発したのですが、なかなか面白い鍼です。
今度の臨床実践塾に、回旋鍼をよく使っていると思われる先生が来られますので、いろいろ体験を聞いてみようかと考えています。

先生、よろしくお願い致します。<(_ _)>

さて、私が何故、上半身の捻れを「骨格矯正鍼で直さないのか」という疑問が湧いてくるかも知れません。
その答えを言いますと、
「しちせい特殊鍼法研究会」では、「体の構成要素の原点から整える方法」を考えるからです。

「体の構成要素の原点」とは何かと言いますと、科学的には「分子構造」になるかも知れませんが、もっと進めるとエーテル体とかアストラル体の話になってきそうです。
しかし、それを話すと、「眉唾モノ」と思われたり、「特別な力があると言いたがっている」と思われたりするかも知れませんので、説明はしませんが、ここでは「宇宙を構成するスパイラル運動」に起因するものと考えていてください。
関連記事