FC2ブログ
2017/09/25

きのうの臨床実践塾・第一部

2017年09月24日 実践塾

    下腿三焦経と心包経の実験


第一部は、矢田部先生が「特効穴の実技と解説」とタイトルでお話をして頂きました。
矢田部先生は鍼灸学校で経穴も教えていますので、経穴には精通しています。
昨日の講義は、主に七星論での「下腿三焦経」に重点を置いていました。
普通に「三焦経」と言えば、「手の少陽三焦経」になり、教科書には「下腿三焦経」などというのはありません。

では、何故「下腿三焦経」などというのを作ったのか、ということになります。
たとえば、鍼灸学校で学ぶ経絡では、経絡は手足の指(趾)に始まったり終わったりします。
しかし、足の第3趾には何の経絡も流れてないのです。

ないならないでもいいのですが、ASO(閉塞性動脈硬化症)で足趾が壊死するのは、第3趾からなのです。
それは、「三焦経は生命エネルギーの始まり」という考え方があり、その考え方からすると、体が弱るときも三焦経からではないかと考えることができるわけです。
つまり、「三焦経の生命エネルギー」の流れが途絶えるとき、体は機能を失い、壊死してしまうと考えたのです。

そして、大学で脳の研究をされている医学博士の先生も、「それは納得できる」と話していたそうで、脳の実験をしている時に、「胃経でも胆経でもないラインに顕著な反応があったので…」と答えていたそうです。

ま、下腿三焦経があるかどうかというのは、これからの問題にするとして、当院では下腿三焦経を臨床で用いています。
これは、私の感覚ですが、胃経の上巨虚とか下巨虚を使うよりも、下腿三焦経を使った方が治療効果はいいのです。
臨床家は、理論よりも結果を重視するのが一般的ですので、いつしかそのようになってしまったのです。

そこで矢田部先生は考えました。
「臓腑は表裏で表されるが、下腿三焦経の表裏はどうなっているのか」と。

表裏とは、以下のようになっています。

表裏
    経絡の表裏関係

そして、出した答が、足の三焦経の表裏は、手の三焦経の表裏と同じで、「その裏を心包経に求めていいのではないか」ということになったようです。

何故実験が必要なのか?

これは私が口癖のように言うことなのですが、
「古典にそう書かれていました」とか、
「◯◯先生がそう言っていました」と言うのは、理路整然のように聞こえますが、それは文献や他の意見に逃げているに過ぎないのです。

「で、あなたの意見はどうなの?」という質問に答られるようするのがいいと考えるわけです。
「本に書かれていた」とか「あの先生がこう言ってた」というのは、人が違い、場所が違い、時代が違い、環境が違うと通用しないことがたくさんあります。
たとえば冷え性。
クーラーが汎用される時代になってから、夏でも冷え性が増えてきたのです。

鍼はどうですか。
中国鍼は太いです。
現在は少し細くなってきましたが、太い鍼を使っていた時代に書かれた文献を参考にして同じ治療ができるのでしょうか。

こいうのを
「やばい!」
というのではないでしょうか。(笑)

話を戻します。
で、矢田部先生が皆さんの前で実験をして見せたのですが、結果は仮説通りになりました。

こういう公開実験というのは、非常に勇気が要りますが、非常に大切なことです。
たとえば、治療法のDVDが次々と販売されるのですが、臨床モデルの方は必ずと言っていいほど「若い女性」です。
それは見映えもありますが、

① 若い
② 女性

という点で考えると、若いと動脈硬化が進んでないので、体は柔らかいです。
女性は男性よりも身体が柔らかいです。
ですから、関節も動きやすいので、その販売したいDVDに収録されたテクニックは高く見えるのです。

仮に、高齢者の男性をモデルとして使ったら、そのDVDは殆ど売れないと思います。(^_^;)
これ以上書くと石投げられそうですので止めておきますが、ここは「見せるポイント」ですので、皆さんが講師で実技公開する時には、このテクニックも頭に入れててください。

矢田部先生は、その後に「鎮痛穴」などの説明もしていましたが、そんなこんなで、昨日の臨床実践塾の第一部は終わりました。




このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。

関連記事