FC2ブログ
2021/02/10

「しちせい特殊鍼法研究会」の講座を受講した先生方がどのような成果を出しているか(2/28の臨床実践塾準備)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




「脈診は難しい」と言われますが、そんなことはありません



一週間で脈診ができるようになるセミナーとは、どんな内容なのか。

医師の鳥居先生は、「せんかん鍼」と「回旋鍼」がお気に入りのようで、以下のように体験談を書いて頂きました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いつも下を向いて歩いているお年寄りが、仙関鍼で背筋が伸び目線を上にすることができ、胸郭が広がり深呼吸ができ、脳に酸素が送り込まれ少しスッキリして家に帰ってもらうことができ喜ばれます。
回旋鍼ですが、体幹の回旋が良くなり、体がポカポカ、肩こり、腰痛などが軽減されます。いずれも短時間に効果が得られるので、私の診療に役立っています。
短時間に効果が出せる、これが七星鍼法の最大の特徴だと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Zoomでお話したときも、
「あのせんかん鍼と回旋鍼はいいですねー」と、具体的なお話をしていました。

セミナーは、リアル講習を撮影して編集したものですので、まるで自分がセミナーに参加しているように受講することができるものです。
リアルセミナーですので、受講生の方々がモデルや施術者になるので、臨場感があって分かり易いです。

そして、最大のメリットは、
臨床事態が、「即集客」になることです。
(集客という言葉は好きではありませんが、SBI大学でも集客に付いて学びましたし、いくつかの「集客セミナー」にも参加したし、4月からも新しいセミナーに入りました。それは「人間学」の勉強になるからです。)

① 患者さんの訴えを聞き、

② 何が原因かを考え

③ 使う特殊鍼法を選ぶ

それが、「即集客」になる。
そこには、いやらしさはないし、治療の「王道」だと考えているのです。
実際に私は広告費など使ったことはありません。
10年以上週三日営業です。

そして、集客は患者さんがしてくれますので、時間もかかりません。
強いていえば、このブログを書いていることでしょうか。
ただ、ブログを書くのは、自分の勉強のためでもあるのです。

たとえば、
「私は文章が書けません」とか、
「調べるのがめんどうくさい」などと言う人も少なくありません。

しかし、毎日の生活で「メール」は使っているんじゃないでしょうか。
治せない患者さんがいたら、「何とかしたい」と考えるんじゃないでしょうか。
特に、親しい友達や親兄弟なら、どうでしょうか。

どんなセミナーなのか。
その詳細を 「ランディングページ」で公開していますので、確認ください。
関連記事