FC2ブログ
2021/01/27

即効的な治療を目指す人のためのセミナー (LP:ランニングページ)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



LPのトップ



​私が鍼灸を学ぶきっかけになったのに、マジシャンの「Mr.マリックさん」がいました。

​「Mr.マリックさんのように、マジックのような治療ができれば、病に苦しむ多くの人が助かる」と考えたわけです。

そして鍼灸学校で勉強するようになってから、「Mr.マリックさんのような治療ができるはずだ!」と強く思うようになり、最初に「骨格矯正鍼」という治療法を考え出し、鍼灸学校の1年生なのに「校内学術発表会」で論文発表しました。
その時は賞をもらいましたが、上級生は気に入らなかったようです。(^_^;)

それは、「即効的な鍼!」、なんて言うと「眉唾モノ」という扱いを受けた時代だったからだと思います。
しかし、近年の筋骨系の治療では、即効性のない治療法は見捨てられます。

この「LP」では、『人体惑星試論』(通称・七星論)の理論・実技を中心に展開されています。
「人体惑星試論は日本発の東洋医学」とも云われたもので、その理論で組み立てた「七星鍼法」は、実験に裏付けされた実技であり、非常に「簡便で即効性のある実用的な理論と実技」です。

それを裏付けするのが、「難しい」と言われる脈診でも、一週間で教えることができることです。
実際に、鍼灸学校で教えた脈診の方法も、その理論と実技で教えて、翌週には脈診のできる鍼灸学生になっていました。

何故そのようなことができたかというと、鍼灸古典に書かれた矛盾を解き明かすために、実験を繰り返しながら検証を繰り返した中からだと思います。
だから、「検証のできない理論や技術は消えていく」と考えるようになったのです。

この理論と実技を使って臨床をすれば、治療技術上達の「近道」になると考え、3年前から「伝承のためのDVD制作」にかかりました。
そのDVD制作のときにセミナーを受けた方々が、短期間に技術を習得し、売上を伸ばしているのを見ればわかります。
それが、「七星鍼法」と呼ばれるテクニックです。

「七星鍼法」とは、人体惑星試論を基本にした「治療法」です。
「七星鍼法」は、鍼灸学校の教員養成学科で教えたり、医学部や内外で講演したり、当院のセミナーで教えてきたりしたものですが、ほんとに短期間に技術が上達してきます。

そのような活動の甲斐あって、七星論も少しずつ認められてきましたが、もっと多くの鍼灸師に、もっと多くの患者さんに知ってもらうことで、もっと明るい社会にすることができるのではないかと考えています。

特に、今回のような新型コロナウイルスの「疫病」などの際には、
① 感染しない体
② 感染しても重症化しない体
③ 他の病気も短期間で回復させる

ということが大切ではないかと考えています。

そして、
・ 病気を早く治して本来の自分に戻りたいのは誰しも一緒です
・ 来院した患者さんを早く治してあげたいと思うのは誰しも一緒です
・ 臨床現場に立つ人なら即戦力になりたいと考えるのは誰しも一緒です

このLPに書いたセミナーは、そんな想いを持った方々のために企画したものです。

この「LP」、そして「しちせい特殊鍼法研究会」が、その道標になれば幸いと考えております。
関連記事