FC2ブログ
2021/01/21

膝裏に物が挟まったようで曲げると痛い:鍼によるガングリオン治療

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。




膝裏への鍼



ガングリオンの「鍼による治療」は、このブログで10年以上前にも書きましたが、ガングリオンの人が多いのか、ガングリオンの記事は人気があります。(^_^;)
でも、検索されるのは「お灸による治療法」ですので、再度「鍼による治療法」を書くことにしました。

先日、
「膝を曲げると、物が挟まっているようです」と言う若い女性の方がいました。
膝裏を探ると、ゴリンとした塊がありました。
ガングリオンです。

ガングリオンは、お灸の方が早く治せるのですが、「若い女性」となると、短期間であってもお灸の痕は残したくありません。
「年配の方ならいい」ということではなく、スカートが短いと目立つからです。

ですから、このような時には鍼を使います。
巨鍼で袋を突き破るのもいいのですが、写真のように多くの鍼を使えば、巨鍼は使わなくても袋を潰すことができます。

ガングリオンは、袋状になったのがあるので、病院では、患部を開いて「袋」を取り出すようです。
「袋を取り出す」と言っても手術ですので、その傷痕は残ります。

ですから、整形外科の医師も、傷を残すのは嫌なはずで、「できれば傷を残したくない」と考えているはずです。
しかし、手術だと1回でガングリオンは消えるので、手術を選ぶ方もいます。
鍼だと1回では治らない場合もあるので、そこは勘弁してもらわないといけませんが‥‥。
関連記事