FC2ブログ
2020/12/31

大動脈解離:松田篤人先生 Part2

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。





松田篤人先生



手術の後が痛いので、薬を使うのですが、薬が効く状態を作り続けないといけないのです。
これは手術をした方に伝えていた方がいいと思う。
それで私は、その状況を乗り越えたいために、電機治療器を使っていました。

その治療器は、「病院の検査には低い数値しか出ないが炎症がある」と思われる、所謂慢性的な炎症に効果があるものです。
※ 治療器のことを書くと宣伝になるので省略します

やばいのは、大動脈弓が大動脈瘤になって、大動脈破裂が起こることです。
だから、そこは何とかしたかったので、その治療器を積極的に使ったわけです。

私は(松田)は、漢方もわかるので、漢方薬も使っていましたが、漢方薬の目的は以下の2つです。
① 清熱(身体の内部の熱を冷ますこと)
② 活血(血の流れを良くすること)

清熱と活血を備えている漢方薬は、「地竜」(じりゅう:ミミズ)です。
これは脳梗塞でも同じです。
私(松田)は、脳専門に治療しているので、それを持っていて、結構多めに飲んでいました。

地竜を飲みだして3日目で、目に出ていたのは消えました。
ただ、残念ながら、この手の漢方薬は相性があるので、誰でも同じように効くという分けにはいかない。

しかし、同じようなモノに、水蛭(すいてつ:ヒル)とか、百足(ムカデ)、サソリ、ゴキブリなどがあり、それらは活血作用として使えるので、相性の問題はあるが、使っていくと「いい可能性」が期待できるので、特に急性期は使った方がいいです。
※ 私(松田)は、3週間経ってない時期に使いました。

そして、心臓に関わるトラブルなので、「清心」作用のあるのがいいことになります。
これは日本に有名なのがあり、牛黄清心丸(ごおうせいしんがん)というものです。
そういう状況で、牛黄清心丸を飲むと調子が良くなります。

牛黄清心丸は値段が高いのですが(1粒2~4千円ぐらい)、ずっと飲むというわけではなく、急性期だけです。

ただ、体力が戻った人には効かなくなってくるので、極度の虚証で芯熱が強い人にはとても効果がある。
手術後、出血もしているし、ダメージも大きいという状態には合うので、救急の場合に役立つはずですから、傍に置いていてもいいんじゃないかと思う。
※ 芯熱:中医学では、体が熱く感じて、のどが渇いて水を飲みたくなる等の状態

私(松田)の場合は、牛黄清心丸よりちょっと弱い「丹参滴丸」(たんじんてきがん)という、「救心の清熱バージョンと考えてください」を飲んでいました。
ただ、これも日本では手に入らないので、ありとあらゆる手を使って、人脈を駆使すれば手に入れることが出来るはずです。
※ 疲れがひどい場合は、牛黄清心丸を使います。

現代医学的な言い方をすると、そういうふうにして、芯熱を上げないで、心臓とか腎臓に、なるべく負担をかけないで、状態を安定化させることが大事だということです。
しかしそれを新薬でやるのは結構難しいので、漢方の方が早いというわけです。
関連記事