FC2ブログ
2020/12/08

腕を挙げると、三角筋の前と後ろが痛い

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




こうすると、三角筋の前と後ろが痛い



タイトルのようなことを訴える方が来られました。
この方は、前にも同じようなことを訴えて来たことがあります。
その二次的な原因は、C-7とTh-1のズレです。

しかし、そのズレを治しても、すぐに元に戻ってしまいます。
理由は、そこが根本的な原因ではないからです。
では、根本的な原因はどこにあるのでしょうか。

七星論を勉強された方ならわかると思いますが、根本的な原因は肝臓からの「経筋腱収縮牽引」になるからです。
つまり、肝臓の異変が、関連部位の筋肉や腱に収縮現象を起こし、それが肩関節に関係する筋腱を牽引して症状が出ているのです。

わかりますかね。

ですから、そのような症状が出ている方は、仙骨にも歪みが出ていることが多いのです。
つまり、肝臓からの経筋腱収縮牽引は、上にも下にも働きますので、肩にも仙骨にも影響を与えてしまうということです。

ただ、このような場合は「脈診」をしてもわからないものです。
ですから、七星鍼法での「六臓診」や「脊椎診」で確認したほうがいいです。

治療方法は、各自が特異とするのがあると思いますので、得意な治療法を使えばいいと考えています。
しかし、C-7とTh-1のズレが取れなければ治りませんので、鍼でもいいし手技でもいので「骨格矯正」をするのが大切です。
そんな時の私は、鍼と手技の両方を使って矯正しています。

この方も、矯正の後は、肩をグルグル回して、

「あ、大丈夫です。はい。はい」と言っていましたので、

「ちょ、ちょ、ちょっと待って。ブログ用に写真を撮らせてくれませんか」と頼み、

痛みの出る角度に肩を動かしてもらい、さらに片方の手で痛んでいた部位を触ってもらいました。

バッチリです。(^_^;)
関連記事