FC2ブログ
2020/11/26

腰椎の捻れの矯正

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



写真① L操法



写真② L'操法



腰椎捻転の検査は、仰臥になり、両手を水平に挙げ、両膝を立てて、膝を左右に倒してみます。
その時、右に倒れにくければ、左の腰部の筋腱が過緊張にあると考えます。
(その他の原因の場合もあるのですが、とりあえずここでは、そのようにします)

そして、矯正ですが、矯正にも幾つかあります。
簡単なのは、仰臥になったまま、捻じり難いほうに捻じって、さらにグッと捻じり、5秒ぐらいしたら瞬間脱力します。
これを5回ぐらいやってみてください。
先ほどまでなじり難かった腰が捻じりやすくなっています。

次は、少しレベルが上がりますが、一般的に使う矯正法です。
写真①は、伏臥になり、捻じり難いほうに膝を挙げ、5秒ぐらいしたら膝を床に落とします。
それを3回ほどすればいいです。

次の写真②は、強烈な矯正法で、下になった膝を持ち上げます。
結構きついのですが、矯正力は抜群です。
但し、やり過ぎたら、反対に捻れてしますので、注意が必要です。

いずれの場合も、新正体法の矯正原理を知っていれば、理解できるのではないでしょうか。
つまり、「動かしにくいほうに動かして、緊張を与えて瞬間脱力する」という方法です。

そして、鍼灸師なら、私が開発した「骨格矯正鍼」を使ってください。
笑ってしまうほど簡単に、瞬きをするぐらいの時間で矯正ができます。(^o^)
関連記事