FC2ブログ
2020/10/19

しちせい特殊鍼法・巨鍼の威力:目まい、胸部違和感、右足外側の冷え

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



 



「目まいがする。右下腿外側が冷えた感じがする」と言うのが主訴でした。
MRI検査やCT検査も受けたけど、特に問題はないとのことでした。

最初は手技療法で対応したのですが、これだけの歪みですので、なかなか治まりません。
ですから、巨鍼をする許可をもらって、巨鍼をしましたら、きれいに治まりました。

左の写真と、胸部の違和感からすると、
「心・心包からの経筋腱収縮牽引だな」と考えるので、左膈兪から大杼までの巨鍼で矯正できると考えますが、右下腿の冷感からして、「脳血管」が絡んでいることが考えられるので、督脈を使ったわけです。

督脈は「脳髄につながる」と考えるからです。
七星論のエネルギーの流れをみても、百会から脊椎を通り、陰部を巡り、それから上行して脳髄に入り、顖会から宇宙に放出されると考えるので、督脈を整えれば、脳髄の異変も整えられると考える事ができるからです。

実際の臨床でも、脳血管障害を起こした治療で、督脈から尾骨まで透刺するのですが、それだけで、挙がらなかった腕が挙がったり、歪んでいた背骨が伸びたりすることを何度も経験しています。
ですから、この方の治療も「脳にも異変がある」と考えたので督脈を使ったわけです。

そして、写真のように、脊椎に歪みがあると、めまいが起こりやすいのです。
ですから、経筋腱収縮牽引の原理かっら考えて、「心・心包」を整えるわけですが、巨鍼で治療すると、「心・心包」も含めて治療できるので、「一石二鳥」というものです。

鍼の後は、
「スッキリした。すっきりしたー」と言っていましたが、再発が心配です。
関連記事