FC2ブログ
2022/02/28

きのうは脊柱管狭窄症治療秘伝をお話しました

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。


ブログのシステムが変わったみたいで画像が添付できませんので、前の画像を添付してあります。m(__)m



この方は脊柱管狭窄症の患者さんではありません





きのうの実践塾は、脊柱管狭窄症の秘伝治療をお話しました。




最近は、斯界でも集客合戦が激しく、ちょっと見苦しいところも出てきました。

なので、ブログを書くのも気が進みません。

それは、コロナで経済が崩れてきたのが原因かと思いますが、寂しいですねー。




これでは鍼灸も埋もれてしまうと思われるので、個人でできる限りの対策を考えています。




① これから鍼灸を学ぼうとする方々に役立ちたい




② 鍼灸師が必要とされていることを知ってほしい




④ 治療師が楽しく暮らせる世の中になってほしい




切ない願いかも知れませんが、イノベーションは小さな事から起りますので、それに期待しながら頑張ってみます。(^o^)


2022/02/26

炎症跡がきれいになった

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。






まるでアトピーの跡のようでしたがきれいになりました



これは、普通は腎経の弱い人が出る反応で、血液がきれいになると治っていきます。
ちなみに、この方は腎と言うより、肝に異変がありました。

肝臓には巨鍼療法が効果的です。(^o^)
2022/02/25

腸の異変

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。


 

ビフォー     →      アフター



ちょうど北川先生が私のFacebookに「スクレオロジー」のことを掲載していたので、非常にタイムリーな方が来られました。(^o^)

30分程度の治療ですので、そんなに変化は出てないのですが、でも変化したのはわかるはずです。

下降結腸を軽く押さえて痛みを確認してから、

「お米食べてますか?」と聞くと、

「食べてるけど少ないですかねー」と言います。

「もうちょっとお米は摂った方がいいですよ。そうすれば、このようになりませんので」と言うと、

顔を前に突き出し、

「食べまーす」と大きな声で言うので、私たちは大笑いしてしまいました。
2022/02/24

北川先生のスクレオロジー

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




北川先生のスクレオロジー



こちらをクリック!

2022/02/23

あ~あ、可哀想に! 目薬をさした後にパチパチはNG

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




泣いてるんじゃないわよ



YAHOOニュースに、こんなことが書かれていました。

・花粉症は北海道・沖縄ではほとんどない

・目薬の時の目パチパチはNG

・花粉症の対策はなるべく早く

・目薬は眼科・耳鼻科に行って診断・処方を受ける


花粉症の方には厳しい季節になってきました。
今はいいくすりもたくさんあるようですので、苦労は少ないかも知れませんが、辛いですよね。
でも、それって、そんなに苦労しなくても大丈夫ですよ。

何年か前に当院に来ていたお嬢さんは、毎週「花粉症のためだけ」に来ていました。
2~3分で済む治療で下ので、多分「無料」でやっていたと思います。
何回か来ましたが、花粉症は完全に治りました。


2月27日に無料セミナーを行ないますので、そこで治し方を教えます。

定員7名(先着順)

テーマ:治療原理から実技まで
    例として骨折、足のツッパリ、巨鍼療法、膝痛、湿疹、肝の治療、脚長差、
    頚椎椎間板ヘルニア、膻中の使い方、花粉症などなど、その場で治める方法
    から根本的な治療法までを解説します)

時 間:13:00~

Zoomライブ、あるいはfacebookライブ:
    希望者は、こちらに「shinjo36アットマークsunny.ocn.ne.jp」お知らせください。
    電話でお知らせ頂いても結構です。(06-6765-7622)
    ご連絡を戴きましたら前日までに、ZoomのURLか、FBのURLを送らせていただきます。

2022/02/22

その場の症状を治める方法と根本的に治す方法

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



花粉症は「コロナ」と間違えられないかと気になります



治療法には、それぞれに理論があり、それぞれに治療法があります。
新薬、手術、鍼、急、手技、食養、サプリ‥‥。
それを患者さんに理解してもらうと、治るのが早くなります。

何故ですか?

それは、
① その場だけ症状を治める方法なのか

② 根本から治す方法なのか

③ 本質から治す方法なのか

と考え方が違い治し方が違うからです。
たとえば、筋肉や関節の痛みは表面上では比較的治しやすいものです。
そして、これからの季節に多い花粉症も表面上は治しやすいものです。
しかし、根本的に治すには、多少時間がかかりますが、本人の努力によって大きく違ってきます。。

治療法の説明をするのに「花粉症」の話をすると分かり易いので、それらを例にお話しします。

① 易で診る

② 経絡で診る

② 解剖学で診る

④ 栄養学で診る

ということで、
2月27日は無料セミナーを行ないます。


定員7名(先着順)

テーマ:治療原理から実技まで
    例として骨折、足のツッパリ、巨鍼療法、膝痛、湿疹、肝の治療、脚長差、
    頚椎椎間板ヘルニア、膻中の使い方、花粉症などなど、その場で治める方法
    から根本的な治療法までを解説します)

時 間:13:00~

Zoomライブ、あるいはfacebookライブ:
    希望者は、こちらに「shinjo36アットマークsunny.ocn.ne.jp」お知らせください。
    電話でお知らせ頂いても結構です。
    ご連絡を戴きましたら前日までに、ZoomのURLか、FBのURLを送らせていただきます。
    
2022/02/21

膻中(だんちゅう)は、心包経の募穴ですが‥‥

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




左右の乳頭と乳頭の間にあるのが「膻中」です



この膻中は凄く使う範囲が広いです。
心筋に異常がある時、背中に凝りがある時、お腹が痛い時、手首が痛い時、足首が痛い時、脾臓部が痛い時と、いろいろな時に使います。

もっとありますが、このツボを使う時に、どのように説明するか、です。
七星論を学んだ方には分かると思いますが、心包経を七星論では「地」(地球の地)と代名します。

つまり、心包と宇宙の中にある「地球」はつながりが深いと考えるわけです。
ですから、地球に生まれた人間は、「地」が弱ると、衰弱してきます。
分かり易いのが、糖尿等などで足の第三趾から壊死していくことです。

私は、それを知ってから、より「心包経」を注視するようになりました。
※ 心包・三焦で一対になっていますので、三焦の弱化も同様に考えます

で、上の写真は何をしているかというと、「お灸」です。
心包経は、経絡では「厥陰心包経」と言い、「陰経」に属します。
ですから、「陽性はお灸」で高い効果を上げる事ができるのです。

ここでの能書きはこれぐらいにしておきますが、「地=心包・三焦経」というのは、そのような作用があるということだけ覚えていてください。
そうすれば、足の捻挫に手の三焦経の「陽池」が何故効くのかもわかるはずです。
2022/02/19

臨床来客:椎間板ヘルニア(?) 丁寧な人

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



ご本人の写真ではありませんが‥‥



先日、首から肩のシビレで来院された方がいました。
関西では有名な企業の社長さんです。

「頚椎椎間板ヘルニアについて」いろいろ調べたようで、

「手術は絶対したくないので何とかしてください」と言います。

昔ですが、当院にも頚椎椎間板ヘルニアの手術後歩かなくなった方がいましたので、
「そうですネ。取り返しがつかない事もありますからね」と言いながら治療を進めた。

それで、この方が前に来られた時には、
「大きな鍼は勘弁して!」と言っていたものですから、毫鍼だけで治療をしたのですが、
「これは巨鍼を使うと、かなり好転させることができる」と確信したものですから、

「これは巨鍼を使うと、かなり良くなりますよ」と言ってみた。
すると、

「やってください」と言うので巨鍼を使った。

巨鍼は即刺即抜でやりましたので、
「はい。起きてみてください」と言うと、

「えっ? もう抜いたんですか。全然わからなかったわ」と言い、起き上がって、首を回し、肩を動かし、

「いや、全然楽ですよ。先生、こんなのだったら言ってくれたらよかったのに‥‥」と言います。

「いやいや、〇〇さんは前に大きな鍼は嫌だ、と言ってたじゃないですか」と言うと、笑っていました。

そして、帰ってからメールまで送ってきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
先生ありがとうございました。完璧です。楽になりました。来週も宜しくお願い致します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さすが有名な経営者です。
このような丁寧さが仕事にも出ていると思います。
2022/02/18

臨床来客:足の長さが極端に違う

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



誰が見ても足の長さが違うのはわかります



先日来られた患者さんですが、主訴は「目の問題」でしたが、仰向けに寝てもらうと、写真のように極端に足の長さが違うんです。

これぐらい違うと、普通なら、

① 腰が痛い

② 膝が痛い

③ 足首が痛い

なんて事を言うのですが、この方は、その辺りには異常がありませんでした。
「目の問題と関係あるのかなー?」と思いながら治療をしたのですが、

せっかくだから写真を撮らせてもらおうと思い、

「かなり足の長さがちがいますねー」と言うと、キョトンとした顔をしていました。

そこで、
「写真で撮って見せてあげますね」tっパチリ!

「ほら、こんなに差がありますよ」と言うと、

「えっ? どこ?」と言います。

「えっ!」と言って笑ってしまった。(^o^)

脚長差は簡単に治せるので、治しておきましたが、
自分では分からないものなんですねー。
ちょっと驚きましたが、患者さんへの説明が如何に大事かを再認識させられました。
2022/02/17

臨床来客:肝の診察

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



肝の診察をしているところ



肝の異変からきた症状を訴える方がいました。

「ちょっと肝臓がおかしいみたいですね」と言うと、

「肝臓ですか?」と言いながら納得した様子でした。

で、まー肝臓の治療をしました。
そこで大切なのが、患者さんにも「肝の異変がある」ということを納得してもらうことです。
だから、うちでは「〇〇の異変があります」と言って、そのままするのではない。

「たとえば、ここを押すと痛みがありますよね」とか、

「ここを擦ると痛いでしょう?」と、患者さんにも確認させるようにしています。

そうすることが治療をスムーズに進めることになるし、患者さんも「肝臓に悪いもの」を摂らなくなるので、治りが早いのです。