FC2ブログ
2021/09/23

レーザー治療器を取り入れた理由 (5) レーザー治療器と諸病

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。




頭と顔:目にレーザーが当たらないように普通は顔に布を掛けます




レーザー治療器の説明書に、以下のような事が書かれています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
医学的に認められた治療法

生理痛、便秘、手足の冷え、低血圧、肌の改善、腹部肥満、産後ケア、椎間板、脊柱管狭窄、凍った肩、神経痛、前立腺、失禁、テニス肘、捻挫、中耳感染症、鼻炎、腸炎、アトピー性皮膚炎、慢性痛、慢性炎症による疾病の疾患による80%の治療
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

翻訳されたものですが、書き方からして多分、医療関係者の翻訳ではないと思います。
たとえば、「凍った肩」なんて言いませんもんね。

それはいいとして、これらの疾患を臨床で検証しようと考えているのですが、検証せずとも分かっている事があります。

たとえば、「生理痛」「便秘」というものは、お腹を温めると軽くなります。
それは、当院が開発した「デト温パック」というのを使って、何人も改善があったのでわかります。
これらの症状は、下腹部が冷えて、代謝が落ちているので、その代謝を上げれば治まるのです。

次に「腹部肥満」ですが、これは現在私がテストを行っています。
まだ5回ほどしかしていませんが、バンドが緩くなってきました。
成るか成らないかはやってみないとわかりませんが、感触としては上手く行きそうな気がします。
それは便の量が多くなった気がするからです。(腸内細菌の悪玉が減った?)

さらに、「腰痛」、「膝痛」、「前立腺肥大」が改善された方もいます。
前立腺肥大には以下のような症状があるようです。

・トイレに行く回数が多くなった

・尿の勢いが弱くなった

・トイレに行ってもすぐに行きたくなる

・おしっこをするときに力むようになった

・便器の前に立ってから出るまでに時間がかかる

・おしっこの切れが悪くなった

・おしっこの途中で尿が途切れてしまう

・一回にかかる時間が長くなった(数分)

※ 更に症状が進むと、尿が出なくなるそうです。

その他にも、上に書いた症状で、理論的に理解できることがたくさんありますので、明日からそれを書いていきます。
2021/09/22

レーザー治療器を取り入れた理由 (4) 脳と腸と肝臓

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




座位でのレーザー治療



昨日、「アミロイドβ」について書きましたが、アミロイドβの発生源は意外にも「肝臓ではないか」と言われつつあることに興味を持ったのではないでしょうか。

「ヤクルト中央研究所」のサイトに、以下のようなことが書かれています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
腸は「第二の脳」とも呼ばれる独自の神経ネットワークを持っており、脳からの指令が無くても独立して活動することが出来ます。
脳腸相関とは、生物にとって重要な器官である脳と腸がお互いに密接に影響を及ぼしあうことを示す言葉です。

例えば多くの動物では、ストレスを感じるとお腹が痛くなり、便意をもよおします。
これは脳が自律神経を介して、腸にストレスの刺激を伝えるからです。
逆に、腸に病原菌が感染すると、脳で不安感が増すとの報告があります。

また脳で感じる食欲にも、消化管から放出されるホルモンが関与することが示されています。
これらは、腸の状態が脳の機能にも影響を及ぼすことを意味しています。

このように密接に関連している脳と腸ですが、最近では、病原菌だけでなく腸内に常在する細菌も脳の機能に影響を及ぼす、という研究が注目を集めており、「脳-腸-微生物相関」という言葉も提唱されています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

乳酸菌研究の第一人者であるヤクルトさんが、「腸と脳の関係」に注目していたことがわかりますね。

私も昔から腸内細菌には関心がありましたので、腸に関する治療法をいろいろ勉強してきました。
ヤクルトは飲んでないので、ヤクルトさんには申し訳ないのですが、以下のようなことをやって来ました。

・腹部整体や打鍼
・デト温パック
・第四生泉水穴灸
・虹彩学での腸の汚れの診方
・ホタテ食(ホタテを毎日食べる)
・納豆食(納豆を毎日食べる)

今でも毎日納豆を食べていますが、それは一時期、「肝臓を元気にするには腸からだ」と考える事があったからです。
たとえば、七星鍼法には「対応経絡」といのがあり、それぞれ対応している経絡を整えれば、症状を早く治めることが出来ます。

対応経絡
督脈      ≒ 任脈
水(腎・膀胱) ≒ 火(心・小腸)
金(肺・大腸) ≒ 木(肝・胆)
地(心包・三焦)≒ 土(脾・胃)

これで見ると、金(肺・大腸) ≒ 木(肝・胆)が対応関係にあることがわかります。
つまり、
腸を整えれば肝臓が整う
ということがわかります。

私が科学的なエビデンスを示すことはできないのですが、東洋医学的には理解できます。
すなわち、アミロイドβが肝臓で作られているとすれば、肝臓を正常にすればアミロイドβの発生も少なくなるのではないかと考えているわけです。

そうすると、
① 腸が整う
    ↓
② 肝臓が整う
    ↓
③ アミロイドβの発生が抑えられる
    ↓
④ 認知症の発症を抑えることができる

という構図が考えられるわけです。

医学者の中には、「ほとんどの病気は脳に原因がある」と考えている先生もいるようです。
私も「脳疲労」ということについて、このブログでいくつか書いてきましたし、原因不明の難しい病気の治療に「脳血管の炎症を抑える治療法」を取り入れて成功した例がいくつかあります。

もちろん、このレーザー治療器を取り入れた理由も、
「脳と腸の関係」を考えていたからです。
上の写真は、テレビを見ながら「お腹にレーザー治療器を当てている場面」ですが、あっと言うまに時間が過ぎてしまいます。
2021/09/21

レーザー治療器を取り入れた理由 (3) アルツハイマーと肝臓

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。





最近導入したレーザー治療器は、四肢体幹の変調を整えるのに便利な器械です。
ただ私は、「七星鍼法」という治療法を組み立てながら、いつも気になっていたことがあります。
それは、最終的には「脳」への治療法を考えたいということでした。

しちせい特殊鍼法の「活性鍼」で、少しだけは近づいた気はしたのですが、それはあくまで「易理論」になるので、できれば科学的なエビデンスが欲しいと考えていました。
そこで、腸と脳の関係が浮かんできたのです。

その関係は「レーザー治療器の作用にある」と考えたのです。


そして、
アルツハイマー病の原因「アミロイドβ」の発生源は肝臓の可能性がある。
というタイトルを見たとき、胸が躍りました。

第3回 「認知症・アルツハイマー病を予防する生活習慣」というタイトルで中日新聞に掲載された内容によると、
「アルツハイマー病の原因は脳ではなくは肝臓かもしれません」ということだったのです。

記事は、アルツハイマー病の原因として知られる「アミロイドβ」の生産地が脳細胞ではなく肝臓の可能性があるとのことでした。
現在まで、アミロイドβは脳内で作られるものだと思っていましたが、そうではないというのです。

もしそうであるならば、肝臓でのアミロイドβ生産を遮断することで、アルツハイマー病の予防となるはずだ、というわけです。
それは既に、人間を対象にした臨床試験が進められているようです。

脳にはアミロイドβというたんぱく質が蓄積しますが、健康な脳では自然に代謝されます。
しかし、アルツハイマー病ではこれが蓄積することで異常な構造物を形成するというのです。
さらに、正常な神経細胞内のタウたんぱく質という物質がこの変化を受けることで、脳の細胞を死滅に導くそうです。

そのイメージが上のイラストですが、意外にもアミロイドβの発生地が謎だったそうです。
アルツハイマー病は脳内に「アミロイドβ」と呼ばれるネバネバしたタンパク質が溜まってしまうことで発症します。

アミロイドβは脳細胞の生命活動を妨げ、脳細胞の死と脳の萎縮を引き起こすことが知られています。
しかし意外なことに、アミロイドβがどうやって脳に入り込むかは不明のままだったというのです。

そして、侵入方法として考えられたのが、
① 脳細胞そのもの
② 意外にも「肝臓」

それは、アミロイドβの90%は血液中で、他のタンパク質と結合した複合体の形で存在していて、このアミロイドβを含む複合体の有力な生産地として、肝臓が示唆されていたと言います。

この謎を解くためオーストラリアのカーティン大学の研究者たちは、マウスの遺伝子を操作して、肝臓でヒト型のアミロイドβを作る個体を作成し、アミロイドβの流れを追跡したそうです。
結果、マウスの肝臓で作られたアミロイドβがマウスの脳で血管から染み出していると判明したそうです。

その他にも、アルツハイマー病の研究は、脳細胞でアミロイドβを作るように遺伝子を操作したり、様々な薬を投与する形で治療薬の探索が行われたりしたようです。
しかし発生源の主流が脳ではなく肝臓である場合、いままでの研究の多くが「的外れ」である可能性が出てきたのです。

今回の研究で、肝臓を発生源としたアミロイドβがマウスの脳にアルツハイマー病そのものと言えるような症状を引き起こしていることが示されました。
同じことが人間にも当てはまるとすれば、肝臓でのアミロイドβの生産を遮断することで、アルツハイマー病を予防できるようになると考えているわけです。

そして研究者たちは、高コレステロール患者の為に使用される薬が、肝臓でのアミロイドβの生産を抑制できることが示されているので、肝臓でのアミロイドβの生産を遮断するとともに血中に存在するアミロイドβの漏れを防止する新薬を開発し、既に人間での臨床試験を進めているようです。

そこで再び東洋医学の登場です。
つまり、アミロイドβの生産を抑制する一つの方法として、腸を元気にして、腸内細菌叢の善玉を増やすことはできないかと考えたわけです。

もっと書きたいのですが、東西医学が混ざるとわかり難いので、きょうはここらで止めておきます。
2021/09/20

レーザー治療器を取り入れた理由 (2) 退行性関節炎

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



前腕の手首側が痛い(写真は内側を撮影)



レーザー治療器の治療範囲に、「退行性関節炎」があります。
「あります」と言うより、むしろそちらの方が多いかも知れません。
所謂、「老化による膝痛や肘痛、肩痛など」と考えていただければいいかと思います。

上の写真の方は、20代の方で退行性疾患ではなく、免疫系疾患の方ですが、先日、
「右の手首辺りが痛い」とやって来られました。

「ブログに使いたいので、写真を撮らせてくれませんか」と言うと、

「外側は日焼けして恥ずかしいので内側でいいですか」と言う。

できれば痛みの出ている外側の写真を撮りたかったのですが、若い女性が恥ずかしがっているので、その通りに内側を写しました。(^_^;)

さて、それからが面白い。
レーザー治療器を当ててから、
「どうですか痛みは?」と聞いたら、

「まだ痛いです」と言うので、
「よしよし、ちょっと待ってね」と、下腿三焦査穴に軽く鍼をした。
すると、驚いた顔をして、
「取れました」と言います。

手が痛そうでしたので、七星論での「一穴鍼法」を使ったのですが、その前にレーザー治療器を当ててあったので、再発はしないだろうと治療を終りました。
何故なら、今使っているレーザー治療器は、退行性関節炎に効果があるからです。

つまり、退行性関節炎にも治療効果があるというのは、「炎症性疾患」にも効果があると考えられるからです。
実際に、70代の方で、「膝が痛い」と訴えて来た方でも、レーザーを当てると痛みが取れて来るのです。

退行性関節炎とは、骨を覆っている関節表面の軟骨が薄くなって、骨を保護することができなくなり、骨同士が摩擦を起こして関節に炎症が起こる症状のことです。

加齢による場合が多いのですが、肥満体形などで関節に負荷がかかって痛みが出る場合もあります。
夕方になると関節が腫れて熱を持ち、関節周囲に圧痛が出たりする人もいますし、摩擦音が聞こえたりする人もいます。
また、外部からの衝撃による軟骨損傷が原因になることもあります。

膝痛は、膝関節に負荷をかけ過ぎると起こりやすいようですが、先日テレビを見ていたら、
「外国にはウサギ飛びがない」と言っていました。
「ええーっ?」と驚いたのですが、現在は日本でも、「ウサギ飛び」はさせないそうです。

「退行性関節炎」は、膝痛に限らず、肩関節や頚椎にも出てきます。
「肩退行性肩関節炎」は、肩関節のクッションの役割をする軟骨が損傷したり磨耗したりして炎症が起き、変形する退行性疾患です。
特徴は、すべての運動角度で痛みが出ることで、 初期には関節運動の範囲に問題がないが、末期になるほど運動範囲が制限されてきます。

肩を過度に使うスポーツや外部の衝撃や負傷が主要な危険因子として知られています。
そのために、テニスや卓球のような運動をする時には肩のストレッチなどで十分に身体をほぐしてからするべきだ、と言われています。
そして、運動が終わった後にも同じ方法で運動をすることが大切だそうです。

そういう方々に、レーザー治療器が役立つと考えて、当院では現在「無料」で提供しています。
試してみたいと思われる方は、お電話をください。
突然来れれてもレーザー治療器が空いてないとできませんので、必ずお電話をお願いいたします。
専用のベッドも用意してありますので、気兼ねなく使うことができます。

予約は、06-6765-7622

木、金、土のみ
ですが、留守録をしてもらうとこちらからお電話をさせて頂きます。
また、レーザー治療器をお求めになった方々には、効率のいい照射方法を無料で教えています。
2021/09/19

レーザー治療器を取り入れた理由

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




赤い色はレーザーの光です



このところレーザー治療器のことばかり書いていますが、私がレーザー治療器を取り入れた理由についてhあまり書いてなかったですね。
ですからきょうは、「レーザー治療器を取り入れた理由」について話してみたいと思います。

最初は10年以上前の知り合いから、突然電話が入ったことから始まります。
永らく連絡も取ってなくて「疎遠状態」になっていましたので、「何だろう?」と思ったのですが、広島の友達の話が出て、その友達の最近の活動状況を話してくれたのです。

で、いろいろ話しているうちに、レーザー治療器の話が出てきたのです。
そこで、「それは治療に使えるの?」と聞きました。
すると、「青森で脳梗塞になって寝たきり状態だった人が一週間で歩けるようになった」と言うんです。

「えっ? レーザーで?」と聞き直して、さらにいくつかの質問をさせてもらいました。

というのは、今まで同じような話を何回も聞かされ、何回も失望させられたからです。

結構お金も使いました。

しかし、そんな話を聞かされると、追いかけてしまうのです。

それは、慢性的な疾患のある家族がいる人なら、誰でも一緒だと思います。
すると、丁寧にも、当人の奥さんから電話を入れるように段取りしてくれました。
最初は私だけで話を聞き、2~3日後には家内とも直接話してくれました。

それから、「前立腺肥大が5日で治った」と言う方ともお話をしました。

となると、もう疑う余地はありません。
そこで、
「この方々が治っているのだから、全てとは言わなくても、効果はあるはずだ」と考えたのです。

そうしてレーザー治療器を購入する事にしました。
1台は家内のために、
1台は治療に来る患者さん方のためにです。

そして、レーザー治療器を使い始めて5日目に、6年間も握り締めていた指が開いたのです。
ずっと握り締めたままですので、手の平が腐るのではないかと思い、いつもテッシュを挟んでいて、指の関節も反対側に曲がっていたのですから、大きな進歩だったのです。

そして治療院では、時間の許す限りレーザー治療器を使ってみました。
先日来られた奥さんは、帰った後で、わざわざ電話をしてきて、
「膝痛が治りましたから、また行きたいので予約をお願いします」と言ってたそうです。
※ 「鍼をしたのを忘れたんかな?」とも考えましたが‥‥。(^o^)

臨床はたくさんできましたが、薬機法(薬事法)の関係で、
「あれが治った」
「これが治った」
は書けないのです。

臨床の話は、説明会がありますので、そちらで聞いてください。
9月21日(火)の13:30から新大阪で説明会があります。
行きたい方は、私の治療院に留守録をして頂ければ、折り返しお電話させて頂きます。

無料です。
06-6765-7622
2021/09/18

レーザー治療器での検証を始めています

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




赤く映っているのはレーザーのライトです



1日に4~5人程度レーザー治療器を使っています。
じんわりとした治療なので、鍼のようにその場で効果がわかるというのは少ないのですが、使い方で変化を出すことが分かってきました。
たとえば、手足の冷えは、その場で「手が暖かくなってきた」と言います。

昨日は、両腕の痛みを訴える方がいたのですが、この方もその場で、
「痛みがなくなってきました」と言っていました。

それで、その方にお願いしました。
「お金は要りませんので、来れるだけ来てくれませんか。電車賃は自分で出してもらわないといけないのですが‥‥」と。

するとその方は、
「自転車できます。木、金、土なら毎日でも来れます。(^_^;)」と言っていました。
ですから、きょうも来てくれる事になっています。

20代前半の女性です。
治療の理論もあるのですが、難しい病気ですので、何とか早く治す方法を探してあげたいと考えているのです。
鍼灸と食養で治る事は分かっていますが、ワクチンが打てない疾患なので、早く治してあげたいのです。

早く、早く、もっと早く、治ってほしいのです。
2021/09/17

筋肉疲労による痛み:上腕二頭筋への刺鍼

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




二頭筋に刺鍼してもらった




上腕二頭筋の赤丸の辺りに刺鍼



一昨日、炭酸泉を片手で持って歩いたら、晩から上腕が痛くなった。
炭酸泉は、多分20㎏ぐらいはあると思われるのですが、見栄を張って片手で持ったのです。
(後悔してます)

昨日、腕を伸ばすのも痛くなったので、スタッフの練習も兼ねて上腕二頭筋の短頭に刺鍼してもらった。
(スタッフは、ルンルンルンという顔で鍼をしていました・(笑))
これは七星鍼法の「筋腱鍼」というやり方で、筋肉が腱に移行する辺りに刺鍼する方法です。
1番鍼を使いましたが、さすがに凝りが出て痛ので、「ズーン」と来ました。

これで腕を伸ばすのは楽になったが名残は残りました。
時間の経過と共に楽になってきたのですが、名残は残ったままでした。
今朝もまだ凝り痛みは残っています。

この鍼のやり方は、筋肉のスジ状がある時などに使うとバチッと効きます。
スジ状のものがない場合は、筋腱移行部ではなく、筋肉に何か所か刺鍼するといいです。
私は、スポーツ障害の治療によく使います。

覚えておくと便利なテクニックです。

きょうの昼休みにレーザーを当てて仕上げる予定です。(^_^;)
2021/09/16

医学的に認められた治療法:レーザー治療器での「腹部肥満」への効果

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




スポーツ少年:レーザー治療器で腹部へ照射





説明書に書かている「医学的に認められた治療法」



お学的に認められた治療法の中に「腹部肥満」というのがある。(^_^;)
それに期待してお腹にレーザーを当てているのですが、お腹が軟らかくなったように感じます。
と言っても信じないと思うので、変化が出たのを写真で見せたいと考えています。(^_^;)

成るかならんかは、やってみないとわからないのですが、多分、多分、多分成ると思う。

現在のところでは、諸病の治療に役立つ期はしています。
レーザー治療器を使って、非常に短い期間ですが、変化の出方から、そう思うのです。
もちろん思っただけではいけませんので、結果をお待ちください。

ただ、今は薬機法(薬事法)が厳しいので、ビフォー・アフターの写真は掲載できないかも知れません。
ビフォー・アフターの写真が必要な場合は、何らかの方法で見せる事ができると思います。
2021/09/15

腰痛が楽になる理由:レーザー治療器

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




座位のままレーザー治療器を当てています



何人かにレーザー治療器を使ってみて、
「腰が軽くkなりました」とか、
「肋骨の痛みが楽になりました」なんて答えを頂いた。

「それは、レーザー治療器で暖まったからだろう」ぐらいに考えて痛のですが、どうもそうではないようです。
というのは、この何日か、私も座位のままレーザー治療器をお腹に当てていたのですが、腰が軽いのです。
そして、軽い浮腫みもありましたが、浮腫みがよくなっているのです。

その代わり「よく寝ました」(^o^)

これらの事から、以下のような事が考えられた。

① 腹部にレーザー治療器を当てる

② 腹部から腰部までレーザーが当たる

③ 腸や腎臓の代謝が上がり機能が良くなる

というメカニズムが考えられたのです。

先日来られた膝痛の方も、膝にはレーザーを当ててないのに、わざわざスタッフに、
「膝が楽になりましたー」と話していました。

その時、
「あれ? 膝には当ててないのに」と思ったのですが、ようやくその意味が分かってきました。
それは、七星論で解けば簡単に解けます。

七星論での対応経絡の関係を考えると答えが出てきます。

「よし、これでレーザー治療器を活躍させることができる」
と思いました。
2021/09/15

55歳以上85%・75歳以上ほぼ全員って、脳梗塞の発症率と似てますね

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




レーザー治療器の説明書からの抜粋です



これは、レーザー治療器のページからの転載になるのですが、「55歳以上85%、75歳以上ほぼ全員」というのは、ラクナ梗塞(隠れ脳梗塞)の発症率と似ている。
でも、それは分かるような気がします。

それらの症状は動脈硬化と関係していると考えるからです。
つまり、動脈硬化が起こると(誰でも起こりますが)、脳梗塞は起り易くなります。
そして、筋肉もしなやかさがなくなり硬くなります。

筋肉が硬くなると、筋肉の伸縮性が失われてきます。
その結果、関節が硬くなり、関節の動きが悪くなるわけです。
そして、腰、首、肘、膝、足関節やその他の関節に痛みが出て来るわけです。

そこにレーザー治療器を当てると、以下のような変化が出るというわけです。
① 血液量が増える
② セル(細胞)の増加
③ 筋肉の強化

血液量が多いとか少ないというのは、検査をしないとわかりませんが、貧血を簡単に見分ける方法として、昔から「瞼の裏を観る」というのがあります。
瞼をひっくり返して、瞼の裏が白ければ「貧血状態」と判断してもいいというわけです。

ですから、血液量が少ないと瞼の裏は白くなり、増えると赤みを帯びてきます。
慣れてくれば、唇の色でも判断できるようになります。
たとえば、先日来院された小学生の女の子は、唇が白かったのですが、レーザー治療器を使ったら、唇がピンク色になったのです。

唇は、腸の反射区でもあるので、これだけで「血液量が増えた」とは言い難いのですが、鍼灸診察としては「血液量が増えた」と言ってもいいと考えています。
だから腰痛も、膝痛も肩の痛みも取れると思うのですが、まだやり始めたところですので、どれぐらいの確率かは未定と言うことにしておきます。