FC2ブログ
2021/07/20

腰痛(脊柱管狭窄症の前兆)・動悸・耳鳴り:「腎」「心」の関係

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




七星論での相生相剋



西中島に26年ほど住んでいました。
もちろん治療院も西中島でした。
ですから、西中島にはずいぶんお世話になった方々がいます。

先日来られた方も、お世話になった方で、この方には特にお世話になりました。
治療院が手狭になったので、広い所に移転する予定で、銀行に相談したら、
「新しく移転するところの契約書を添付してください」と言う。

「えっ? お金が足りないので契約できないのですが‥‥」と言ったのですが、聞き入れてくれません。
そこで、近所にビルを持っていたこの方に相談しました。

「ちょっと困っているので、ビルを私に貸すということで契約書を書いてくれませんか。しかし、ビルは借りませんよ(^o^)」

事情を聴いた彼は、

「いいですよ」と簡単に返事をしてくれた。

「ほんまにいいのかいな」と思いながら、契約書を書いてもらった。
そのおかげで、64坪のビルに入居することができました。

そんな関係のある方が、先日腰痛で来られたのです。
「どんなん?」と聞くと、

「普段歩くのは何ともないんですが、荷物を持つと腰が痛いんです」と言う。

診ると「腎虚」が出ていましたので、毫鍼、巨鍼、せんかん鍼などを使って治療をしてから、家庭療法や食事療法も指導しておいた。
すると3日ほどしてから、朝の6時ごろ電話が入った。

「まだ痛いねん。なんでやろなー。前までは一発で治っていたのに‥‥」

「ま、老化も考えないといけない歳になって来たということですね。ちょっと脊柱管狭窄症の可能性もあるので、とりあえずMRIでも撮ってきたらどうですか」と言った。
というのは、この方はどちらかと言うと「病院嫌い」なのです。

それでも、病院でMRIを撮ってもらったらしいのですが、
「軟骨が出てきている(脊柱管狭窄症やヘルニアの前兆)」と言われたらしい。
ということでしたので、再度来院してもらった。
症状からしても、「脊柱管狭窄症」の前兆(大腿部の痛みや痺れ)があったので、脊柱管強瀬苦笑の治療法を教えておいた。

それから一週間ほど経っただろうか、再び電話が入った。
「もうほとんど良くなったのですが、先生、腰と耳鳴りも関係あるのですか?」と言う。

「ありますよ。東洋医学では、腎は耳に開竅する、と言うんです」と説明しておいた。
それが上のイラストで、水(腎・膀胱)と火(心・小腸)は対応関係になっていて、腎がおかしくなれば心もおかしくなるし、心がおかしくなれば腎もおかしくなるのです。

「で、何で耳のことを聞くんですか?」と聞いたら、

「実は言ってなかったのですが、3ヶ月ほど前から耳鳴りがしていたんですが、それがほとんど治ったんです」と言う。
遠慮深い人なので、「あっちもこっちも」と言い辛かったのでしょう。
2021/07/19

肝臓が腫れる原因:腰痛や足の痛み・シビレ

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



肝臓(右側腹)が腫れたのがわかるでしょうか



コロナになってから、肝臓に異変のある人が多くなってきました。
その原因は、どうも「食べ過ぎの人」が増えてきたからのようです。(^_^;)
「ヒマだから食べる」という方もいますが、それだけではないように思われます。

例えば、先日来られた方は、写真のように、どちらかと言うと「細身」の方でしたが、肝臓部だけ腫れているのです。
上の写真では左横腹がクビレて見えます。
そこで聞いてみました。
「サプリを使っているんですか?」と。

すると、

「何か問題でも?」というような顔をして、

「はい」と言います。

そこでちょっと説明しました。
「その足の異常は、肝臓が原因のようですよ。とりあえず痛みだけはすぐ取れると思いますけど‥‥」

と、「せんかん鍼」としたら、腰の痛みはすぐに取れたので、

「え、何? うそ!」と言いながら、起き上がって腰を回し、ちょっとしてから再び腰を回し、

「治っているわー。ええー!!! なんでーー!」と驚いていました。

しちせい特殊鍼法は、こういうのが得意なんです。(^_^;)
しかし、そのままでは再発させてしまいます。
何故なら、根本的な原因を取り去ってないからです。

で、根本的な原因とは?

時々いるのですが、
「健康のために」とか、
「元気になるために!」とサプリを使いすぎる人がいるのです。

ビタミン剤を摂っている人に多いのですが、ビタミン剤を摂り過ぎると、栄養過剰になって肝臓が腫れるのです。
肝臓が腫れたら、肝臓からの「経筋腱収縮牽引」というのが起こります。
その「経筋腱収縮牽引」で、腰痛や足の痺れや痛みが出て来るのです。

ですから、そのようなことを説明して、しばらくだけでも、サプリを控えるようにお願いしておきました。
2021/07/18

『病気治し入門・中編その2・ミネラル』がキンドルで出版されました

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



『病気治し入門・中編その2・ミネラル』



早々に出版されました。
ちょっと嬉しいです。(^_^;)
2021/07/17

早々に出版されそうです:『病気治し入門・中編その2・ミネラル』

この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



キンドル本の出版




こちらの本が加わります。


出版まで時間がかからなくなってきました。
昨日の夕方にアップしたのですが、もう「出版されました」と案内がきました。
早々に出版できるようになったのは、自分でコーディングもやっているからです。

となると、これからは、キンドル本を出版するのに「お金は要らない」ことになります。
気分的に心が軽くなります。(^o^) あははは
もう6冊ほど出版したので、あとひと踏ん張りです。

この『病気治し入門・治療おもしろ珍道中』は、校正しながら何度も笑ってしまいます。
それは私が体験したことを書いてあるからかも知れませんが、スタッフや他の方が読んでも「おもしろいし、勉強になる」と言ってもらえます。

あ、何度も言いますが、販売の為に出版するのではありません。
ですから、当院に来て頂ければ、当院で読むことができます。
時間のある方は当院まで足を運んでいただけたらありがたいです。
もちろんただです。(^_^;)

次に出版するのも校正迄住んでいますので、次の本も早々に出版すると思います。
こんな感じの本です。


『病気治し入門・中編その3・美容と食』

2021/07/16

『病気治し入門・中編その2・ミネラル』が2~3日うちに出版されます

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



『病気治し入門・中編その2・ミネラル』



本書は、1990年1月22日に発刊した『病気治し入門』を『前編』『中編』『中編2』『中編3』『中編4』『後編』に分けたもので、この本は「病気治し入門・中編その2」になります。
電子書籍では、「15.000字程度がいい」と言われますが、15.000字には収まりませんので、どれも20.000字余りになってしまいました。(^_^;)

本書では、主に「ミネラル成分」について述べてありますが、「なかなか治らない病気」をお持ちの方の参考になると考えております。
いわゆる「五大栄養素」の中で云われる「無機質」というものですが、ミネラル成分は近年になってよく言われるようになってきました。

そのミネラル成分の働きを知ることで、「治らない病気」や「治せない病気」を治すヒントになるものと考えていますし、微量ではありますが、ミネラルに過不足が起こると、どのようなことが起こるのかを説明してあります。

また、新幹線の車両と車両の間(通路)で、お灸をした話などもあり、読みながら「プッ!」と笑ってしまう場面が何度かあると思います。
これは、私のスタンスである「楽しいことは記憶に残りやすい」ということから、おもしろおかしく書いたのですが、実際にあったことを書いてあるので、人によってはお腹を抱えて笑う人もいます。

昨日、2人のスタッフにも校正をしてもらいましたので多分、これでいけると思いますが、きょうの空き時間に、もう一度だけ校正をしたらキンドルで出版の手続きをしようと考えています。
多分、2~3日うちには出版できます。

キンドルでいくつか出版しているのは、ある目的があり、

「これを売って儲けよう」なんて考えていませんからね。(^_^;)

だから、「あっ、また出版したのか」程度に考えて頂ければ、それだけでいいです。

キンドル本の出版は、まだまだ続きますので、「何してるんやアイツ」と思うかも知れませんが、そのうちわかると思いますので、よろしくお願い致します。。
2021/07/15

ワクチン接種後の肩の痛みや体のだるさへの無料施術をします

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



きょうのカミナリ



今朝は4時ごろから雷がうるさいぐらい鳴りました。
きのうは早く寝たので、3時ごろ目が覚めたのですが、4時ごろ(だったと思う)には、すごくうるさい雷が何度も鳴っていました。

寝てられへんかった (^o^)

さて、本題に入ります。
ワクチン接種後に「腕の痛み」や「だるさ」などを訴える方々がいますので、3日間だけですが、ワクチン接種後の痛みやだるさのある方々のみ、無料で治療させて頂きます。
ただし、「腕の痛み」や「だるさ」の症状がある方々だけの治療です。

これは、たまたま活性鍼をしながら、脳に関することを調べていたらわかったことで、何人かに試したら、一晩でそれらの症状が消える事がわかったからです。
鍼を使うのですが、治療としては5~15分程度あれば十分です。

ただし、木、金、土だけで、予約も必要です。
お金は要りませんが、接取証明書を持って来てください。接種後3日までが対象です


接取証明がない方は、残念ながら治療できません。
理由は、ワクチン接種後の痛みと関係ない「五十肩やリウマチ」の方などが来られたら、こちらの時間配分が狂って、通常診療での予約をした方々にご迷惑をおかけする可能性があるからです。
2021/07/13

七星論の発想は電子の構図から始まりました。

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



電子のイメージイラスト



治療と起業について、

このところ「起業塾」ばかりに参加しています。
きょうも午後1時から夕方5時までのセミナーに参加します。
それは企業塾の集客力を「東洋医学」に活かすことはできないかと考えているからです。

まるで結びつかないように思うかも知れませんが、「芹沢栄一」は『論語と算盤』という名著で、「道徳は大事だが、企業は利益を追求しなければならない」というような内容を語っていました。
つまり、道徳があるから営利もあるのだと説いたのです。

※ 芹沢栄一 実業家・子爵。埼玉県生。幼名は栄二郎、のち栄一、号を青淵。一橋家に仕え、のち幕臣となる。新政府においては大蔵大丞を務める。欧州を巡遊後、実業界の指導的役割を果たし、第一国立銀行をはじめ、我国初の私鉄日本鉄道会社、王子製紙等五百余の会社を設立。昭和6年(1931)歿、92才。

これは頭の固い人には理解しかねるかも知れません。
私も『論語と算盤』という本のタイトルを見た時、「誰や! こいつ!」と思ったものです。(^_^;)
しかし、SBI大学院で起業の勉強をしていたら、「経営って、人間学なんや」と思うようになりました。
そして、大学の講義でも『論語と算盤』の科目も必死になって学びました。

繋がらないように考えていたのが、繋がる。

きょうのタイトルもそうです。
「電子の構図から七星論が始まった」というタイトルに違和感を持った方も多いのではないでしょうか。
でも、このブログで何回も書いてきましたように、電子や分子から考えないと「抽象論」になってしまうと考えたのです。

私は、「古典鍼灸」も好きですが、科学的な理論でのエビデンスも好きなのです。

つまり、「易で理論付け、科学で説明していく」というスタンスです。
「科学は科学、易は易」ではなく、両立なのだと考えているのです。
たとえば、東洋医学の基礎が「易」になるのですが、多くの鍼灸師が話しているのは「現代医学での解剖生理」で、現代医学がなければ証拠そ示すことが出来ません。

ですから私は現代医学も好きだし、大切にします。
「都合のいいところだけ取り入れる」ということは、基本的にしたくないのです。
つまり、
「易で理論立て、科学で解説・立証する」
ことを考えているのです。
2021/07/12

食養学への科学的見解:「食事の量が減れば寿命が延びる」

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




ぬか漬けは腸を整える作用がある


生物学者の小林武彦さんがこんな記事を書いています。


この記事によると、
生物学者の小林武彦さんは著書『生物はなぜ死ぬのか』において、そのような生命の根幹にかかわる疑問に対して科学的視点で切り込んでいます。
※ 小林武彦先生は内外でも経歴がすごいので簡略化します。(東京大学定量生命科学研究所教授(生命動態研究センター ゲノム再生研究分野)。前日本遺伝学会会長。)

死ななければいけない2つの理由
生き物が死ななければいけないのは、主に2つの理由が考えられます。
その一つは、すぐに思いつくことですが、食料や生活空間などの不足です。
天敵が少ない、つまり「食われない」環境で生きている生物でも、逆に数が殖えすぎて「食えなくなる」ことはあるでしょう。

具体的には遺伝情報(ゲノム)を変化させ、多様な「試作品」を作る戦略です。変わりゆく環境下で生きられる個体や種が必ずいて、それらのおかげで「生命の連続性」が途絶えることなく繫がってきたのです。
そして、「長生きしたければ食べる量を減らすべし」と話しています。
その理由は、多くの生物では、栄養の摂取量が少し減ると寿命が延びます。
これは「食餌制限効果」または「カロリー制限効果」と呼ばれています。

食餌を減らすと寿命が延びる理由の一つとして、代謝の低下が考えられています。
生物は呼吸によって栄養を燃やして、エネルギーを得ています。
エネルギーは、細胞の活動や、哺乳動物の場合には体温を維持するのにも使われます。

当然、栄養が多ければそれだけ燃やす量も多くなります(「代謝が活発になる」と言います)が、副産物も多く出ます。
その一つが活性酸素という物質で、DNAやタンパク質を酸化、つまり錆びさせて、それらの働きを低下させます。
この活性酸素の量が食餌制限によって減少し、寿命延長に貢献していると考えられています。

また、新薬のメトホルミン(糖尿病の治療薬)や、ラパマイシン(臓器移植後の拒絶反応の軽減に用いられる免疫抑制剤で、がんの治療薬としても使われている)も寿命を延ばす期待があるようです。
しかし、それは「ハエ」での実験です。
シニアのマウス(ヒトで60歳相当)の餌にラパマイシンを混ぜて与えたところ、オスで9%、メスで14%の寿命延長効果が見られました。
ただ、ラパマイシンは免疫抑制効果があるため、健康なヒトには副作用が現れる可能性があります。

この記事を読んで、「やっぱりな」と思わずにはいられませんでした。
2021/07/11

肝臓のおかしい人が増えてきました。何で?

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




これだけだと食べ過ぎではありませんが‥‥。



最近肝臓に異変のある人が増えてきました。
それで、何人かの患者さんは言います。

「私、お酒飲まないんですけど?」

その気持ちはわかりますが、肝臓がおかしくなるのはお酒だけじゃないんです。
一番こたえていると思うのが、「砂糖が含まれたモノ」。
つまり、お菓子や飲み物、料理、、、、、、

治療日には、毎日のように、このようなことを話しています。
先日、腰痛で来られたご婦人に、

「肝臓がちょっと」と言うと、

「私、お酒飲まないんですよ」と言います。

それで話を打ち切って、治療が済んでから、

「サプリを使っているんじゃないですか?」と聞くと、

「サプリは飲んでいますけど‥‥」と言います。


栄養学では、「不足」を強調します。
「ビタミンが足りない」
「ミネラルが足りない」
「タンパク質がたりない」

だから、栄養学者には肥満が多かったのです。
栄養学を勉強すると、「不足ばかり」言われるので、そうなってしまうのです。
コロナの感染予防でも、「あれが足りない」「これが足りない」と言ってるサイトもありますが、サプリも摂り過ぎると「栄養過剰」になります。

免疫力をあげるのは、腸を元気にすることです。
腸を休ませてあげるのがいいのです。
食べ過ぎは腸の負担んになります。

食べ過ぎると免疫力が落ちます。
わかり易いのは、
「食べ過ぎる人は風邪を引きやすい」ことです。

ここで言いたいのは、食事だけの問題ではなく、サプリも含めての話だということです。
「サプリは負担にならない」と考える人も多いのですが、食べた食物というのは、腸で分解された後、ほとんどが肝臓に送られるのです。
そして、送られてきた食物を肝臓は、体が使いやすいように分解するのです。

だから、寝る前にたくさん食べると、寝ても寝ても眠たくなるのです。
いわゆる、食物を分解するために肝臓は働かされるので、肝臓は休めないのです。
2021/07/09

腕が挙がらない(足骨鍼の即効性」

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



こうして寝たまま腕を挙げると腕が挙がらない

顔が映るので、スタッフをモデルに撮影した



先日のことですが、上記のような事を訴えて来た方がいました。

「どんなん?」と聞くと、

写真のように腕を挙げて見せてくれた。

「ワクチンの注射ですか?」と聞いたら、
「ワクチンはまだです」と答えていました。(失礼しました)(^o^)

それで、腕などは一切触らずに、足だけに鍼をしました。(足骨鍼です)
ものの1~2分です。

「どう?」と聞くと、(あまりに短時間だったからだと思いますが)ちょっと不満そうな顔をしてから、腕を挙げていました。
腕を挙げながら、、、、

「あっ!」と声を出したので、変化があったなと分かった。

「痛み取れたやろー」と聞くと、

「はい。うふふ」と喜んでいました。

去年か一昨年開発した足骨鍼は、いろいろな関節の痛みに効果があるのですが、テクニックがちょっと難しい。
足関節付近に刺鍼んするのですが、靭帯にぶつかりやすいので、痛みが出やすいのです。
ですから、足骨鍼を使う場合は、私も緊張しています。(^o^)

そして、関節だけを調整する鍼なので、根本的な部位までは治療できていません。
ですから、必ずその症状の原因となる部位を治療する必要があります。
とりわけ、この方の場合は、「心包経」がすこし弱かったので、経絡で心包経を整えておきました。