FC2ブログ
2021/04/30

七星鍼法の魅力(Part 28) 鼻アレルギーで鼻骨肥厚

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。




黄色い円で囲んだところがぷくっと腫れています



ラグビーをやっているスポーツ少年(14歳)です。
鼻アレルギーがあり、病院で治療を受けているそうですが、常に鼻づまりがあり、点鼻薬や飲み薬などを使っても、症状の好転がないので、手術を勧められているようです。

そして、「足関節の靭帯の問題」や「反り腰の問題」なども訴えていました。

当院に来られている方で、鼻骨の手術をして、鼻が曲がってしまった人がいます。
ですので、できれば手術を避けたほうがいいということを話しながら、六臓診(肝、心、心包、脾、肺、腎を直接押したり叩いたりして診断する方法)をしました。
この診断法は、患者さんに自分の弱点を知ってもらうのに役立ちます。

この方の特徴的なところは、上の写真にあるように、土踏まずの内側(照海穴の下辺り)がプクッと腫れていました。
これは、腎実を表わす症状で、普段気になることはないのですが、この方の「反り腰が痛い」ということと照らし合わせると、腎臓が膨れていることがわかります。

「鍼はしたことがある」と言うので、テストで活性鍼をしてみました。
すると、鍼は全く平気な感じでしたので、そのまま経絡調整の鍼に移りました。
そして、鍼はまだ途中だったのですが、
「どう? 鼻の通りが良くなってきた?」と聞くと、

「はい。軽い感じがします」と頷いていました。

そこで、頭部への「置帰」(鍼をしたまま帰る)の話をして、置帰をすることにしました。
そして、腎の代謝を上げるためと、脊椎の歪みを整えるために、巨鍼の話をしたら、それもOKと言うので、巨鍼もしました。

治療が済んでから、
「どう? 鼻はだいぶいいやろー?」と聞くと、鼻で大きく息をしながら、

「うん。だいぶいいです」と言っていました。

それで、置帰した鍼は晩に抜いてもらうようにお願いして帰っていただきました。

七星鍼法の技術の中で、一番大切であり大きな力となっているのは「診断」です。
「しちせい特殊鍼法」には、たくさんの特殊技術があるのですが、それらも「診断」があって成り立っています。
ですから、「治療テクニックだけ」を学びたがる人も多いのですが、それではいつまでも「治療テクニック」を学び続ける結果になりかねません。

七星鍼法の魅力は診断です。
2021/04/29

七星鍼法の魅力(Part27) ヘルニアには巨鍼が抜群の効果を発揮する

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



私の背中で巨鍼の抜き方の練習です (^^;)





巨鍼療法は、七星鍼法の中でも「特殊鍼法」に入れてありますが、それは最も訓練が必要だからです。
そして巨鍼を教えるときは、抜鍼のしかたから教えます。
鍼灸師なら、刺鍼は毫鍼で訓練しているので、ちょっと教えれば誰でもできますが、抜鍼は毫鍼のようにはいきません。

それは、巨鍼は、長いし、太いので、切皮面での摩擦が生じやすいからです。
最初は誰でも力を入れて抜こうとするので、それが摩擦力を増すことになります。
ですから私は、私の背中で「巨鍼の抜鍼」の訓練をさせます。

上の写真がそうですが、刺鍼は慣れたスタッフにしてもらい、抜鍼は最近入ったスタッフに抜いてもらうのです。
なかなか良かったです。

この巨鍼の特徴は、瞬時に筋肉を緩め、骨格や臓腑を整える事ができるところです。
たとえば、腰椎椎間板ヘルニアの患者さんへの巨鍼は見事なもので、多くの患者さんが感動してくれます。

先日も、腰椎椎間板ヘルニアの患者さんが来られたのですが、よっぽど嬉しかったようで、帰りの玄関で当院のスタッフに、「ほら、こんなに良くなりましたよ」と、その場でしゃがんダリ立ったりして、腰の痛みが治ったいうのを見せていました。

巨鍼を使うと、とにかく治るのが早いのです。
筋骨系だけではありません。
臓腑系にも著効を現してくれます。

20数年前になりますが、
「病院の検査で肝臓が悪いと言われました。先生何とかしてください」と訴えて来た方がいて、巨鍼療法をしました。
そしたら、その方、翌日、再び検査を受けた病院へ行き、血液検査をしてもらったらしいのです。

すると医師は、
「あれ? 何か間違ったのかな、こんなにいいはずがない」と言っていたそうです。
前の検査数値と、その時の検査数値があまりに違っていたからです。

そして、もう一人、同じように肝臓の検査数値が良くなった方がいたのです。
その後私は、京都の病院へ「共同研究」の名目で、週一回、半年間通いました。
京都の病院では、検査結果を見せてもらえませんでしたが、上記の症例から、「結果が良すぎた」ので、それを公表されると病院としてのメンツが保てない、と考えたのではないかと思います。

その頃は、「肝臓専門の鍼灸院にしようかな」と考えることもあったぐらいです。(^_^;)

巨鍼療法では、いろいろな出来事があります。
中でもビックリしたのは、不妊治療をしている方の卵子が、キレイになったことです。
これは、このブログにも写真を掲載したのですが、素人の我々が見てもほんとに綺麗でした。

そして、これには医師も、
「サンプルにしたい」と言っていたそうです。
巨鍼療法の臨床例を書けば、いくらでも書けるのですが、ここでは「七星鍼法の魅力」を書くのが目的ですので、巨鍼については機会があればまた書きます。
2021/04/28

七星鍼法の魅力(Part26) 腸が原因の腰痛

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



下降結腸を押圧してみます



腰痛の治し方はいろいろあります。
但し、治療の前に「何が原因なのか」を調べる必要があります。
ですから、「腰痛なら、ここに鍼をすればいい」なんてのはないわけです。

腰椎椎間板ヘルニアや一般的な腰痛に関しては、「巨鍼」が最も効果があると考えています。
しかし、上の写真のように、下降結腸が原因の場合もありますので、その時は、下降結腸押圧でも治すことができます。

上の写真の方は25歳の方ですが、問診と脈診だけで「大腸の問題」と診断しました。
そこで、
「ちょっとお腹を押してもいいですか?」と聞いて、許可をもらってから下降結腸を押圧しました。

このような場合は、下降結腸辺りにしこりができていますので、押されると痛いです。
この方も、そんなに強くは押してないのに、
「う~っ!」と唸り声を出していました。

このようにするのは治療ではなく、「大腸が原因だ」ということを認識してもらうためです。
で、大腸が原因と言うことを認識してもらったのですが、腰痛は軽くなっているはずですので、そのまま立ち上がってもらって、腰痛の痛みを確認してもらいました。

「どう?」と聞くと、

「??」という顔をしながら、

「軽くなりましたね」と言います。

長野から来られた方でしたので、何度も来てもらうわけにはいきません。
そこで、経絡治療で全身を整えてから、
「あのさー、できれば巨鍼をした方がいいのですが、どうでしょうか」と聞いて、巨鍼の説明をすると、

「やってください」と言うので、巨鍼をしました。
巨鍼をした後は、ほとんどの人がそうなのですが、この方も、腰を曲げ伸ばしして、腰を回し、
「大丈夫です」と言っていました。

これでOKです。
でも、遠いところから来ていますので、家庭療法も教えておきました。(^_^;)

問題は診断ですが、診断はそう簡単ではありませんので、多くの場合、
「もし、何かあったら電話をください。たいていの症状は電話指導での家庭療法で治せますから‥‥」と話しておいた。
電話で様子を聞かせてもらうと、電話で指示して治療をすることができるからです。

但し、当院に来院したことのある方のみです。
というのは、その方の体格や体質や嗜好品、臓腑の弱点などを知らないと指導ができないからです。
2021/04/26

七星鍼法の魅力(Part25) きのうの臨床実践塾で活性鍼の効果を証明しました

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



前後左右から押して安定性を調べます



昨日の臨床実践塾は、リアルとリモートでハイブリッドセミナーをやりました。
機材(パソコン)と私の知識不足で、モタモタしてスタートが10分ほど遅れましたが、何とか始める事が出来ました。

内容は、人体のエネルギーの流れの確認や、活性鍼で前後左右の安定性への効果などを調べました。
良かったです。
モデルになった方は、スポーツマンで、二の腕の筋肉はモリモリという感じjでした。

最初に、写真のように前後左右から押して、立位でどれぐらい安定しているかを調べます。
そして、活性鍼をしてから再び同じように前後左右から押して、どれぐらい安定したかを調べます。
最初は、スポーツをやってただけあって、あまり動きませんでした。

しかし、活性鍼をした後は、まるで「石の柱」でも押しているかのように、ぜ~んぜん動きません。
私の力が弱かったのか、押しても動きません。
それでは私がカッコ悪いので、笑って胡麻化しました。(^_^;)

このテストは、
① 「ぐらつきがないか」
② 「足がしっかり地についているか」等を観ることができか。
どれぐらい活性鍼が効いているのかを皆さんに見て欲しかったのです。

同時に、左右の足の力を観るために、
① 仰臥になってもらい
② 写真のように片足ずつ挙げてもらい
③ 上から押してみました

明らかに、右足の力が弱かったので、左右のバランスが悪いことがわかります。
そして活性鍼をした後にも、再び同じことをやってみたら、足の力が同じぐらいになったのです。
※ 療法のテストの前に検査をしました



片足ずつ挙げてもらい上から押します


成功です。\(^o^)/

前後左右の安定性が出てくることは、歩行時の安定性に関係があります。
活性鍼を考えたきっかけは、「よろめく患者さん」を見たときでした。
「平坦な床で何故ふらつくのか、それはどこに異常があるのか」というのがきっかけでした。

そして活性鍼で治療をしていたら、その方が「揺れなくなった」のです。
ふらつきは、高齢者にとって危ない症状ですので、この活性鍼が普及されれば、助かる高齢者も出てくるはずです。
そんなことを考えながら、「活性鍼」を開発したのです。
2021/04/25

七星鍼法の魅力(Part24) 目の治療(太陽穴への変則取穴)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



目の治療で時々使う「太陽穴への変則取穴」



目の治療で、時々使う刺鍼法です。
「太陽穴」は、こみかみにあるのですが、私は顔に5番鍼を刺すのは好きではないので、髪の毛が生えたところから刺鍼します。
と言っても、顔面麻痺の治療の時は、中国鍼でバンバン顔に刺鍼していますけど‥‥。

このように、特殊鍼法では伝統的な取穴法とは違う部位に刺鍼することもあります。
しかし手足の経絡を使う時などは、七星鍼法での経絡を使います。
何が違うのかと言うと、七星鍼法でのツボの方が治療効果が高いと考えているのです。

きょうの臨床実践塾でも、七星鍼法での取穴法をお話しますが、これは楽しいです。
楽しくなければ頭に入り難いので、
「如何にしたら楽しく勉強してくれるか」と言うことをずっと考え続けています。

論語では、
「古きを温ねて新しきを知る」と言います。
つまり、「伝統的なことを知り、さらに発展させていく」と読み込むことができます。
ですから、七星鍼法は、伝統鍼灸だけに頼らすどんどん新しい手法を生み出しているのです。(^_^;)

きょうの臨床実践塾も、七星鍼法の中にある「しちせい特殊鍼法」を使いますが、これは最近嵌っている治療法です。
おそらく、
① せんかん鍼
② 足骨鍼
③ 回旋鍼
④ そして活性鍼

などは、後世に残る鍼法になると思います。
そのような画期的な鍼灸法を「しちせい特殊鍼法研究会」でお伝えしています。
それらの手法は、患者さんも喜ぶ人が多いので、私も調子に乗ってドンドン進めてきたのです。

※ 何故かリンクが崩れているときがありますので、そのときは、以下のURLで検索してください。
  https://peraichi.com/landing_pages/view/o8xhk?_ga=2.56683881.236549684.1616280255-862766204.1608442443 

ですから、セミナーに入ってきても、最初はチンプンカンプンではないかと思います。(笑)
しかし、原理や理論は難しくないで、すぐに追いつくことが出来ます。
2021/04/24

七星鍼法の魅力(Part23) 肘痛と活性鍼

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。




円で囲んだところが歪んでいます



「重たいものを持ったらひだりの肘が痛くなりました」と言う方が来られました。
脊椎診をしたら、写真のように上部胸椎に歪みがありました。
そこで、スタッフに向かって、

「面白いから見ててね」と言い、頭部への活性鍼だけをしました。
そして、「はい。肩をぐるっとまわしてみて」と言い、肩をまわしてもらいました。

それから、
「はい。肘の痛みをみてください」と言うと、肘を動かし、肩を動かし、

「キャー! あれ~~~~!!! なんで~?」と大声を出していました。

それを聞いた私は、

「OK,OK、写真撮らせてください。ブログに使いますね」と写真を撮らせてもらった。(^o^)

さて、「活性鍼」だけで、なぜ肘の痛みまで治るかと言うことですが、活性鍼にはそのような働きもあるのです。
つまり、「脊椎矯正作用」です。

何故なら、活性鍼で脊椎が強制されまたら、それに連なる肘関節の歪みまで取れるからです。
ですから、肘は全く触らなくても痛みが取れてしまうのです。

活性鍼はほんとに便利な鍼法です。
明日の実践塾でも歪みのある人がいたら、パッパッとマジックのような矯正をして見せることが出来るのですが‥‥。
2021/04/23

七星鍼法の魅力(Part22) 活性鍼と自律神経失調症

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



自律神経失調症も臓腑との関係



≪健康倶楽部≫というサイトに「自律神経失調症」の症状がわかりやすい記事がありました。
一応リンクさせてありますが、当院に来る患者さんにも同様な症状があります。
その方々の中には活性鍼で治まった症例がありますので、文章を転載させて頂き、ちょっと解説してみたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自律神経失調症になると、特に原因が思い当たらないのに様々な症状が現れます。

・慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、 下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感

・精神的な症状としては
イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しい、あせりを感じる
など症状はいろいろあります。

あなたは大丈夫?自律神経失調症チェック
該当する項目がいくつあるか、数えてみましょう。

以下に当院の考察を赤字で書いていきますが、病院での検査結果と違う場合もあります

・めまいや耳鳴りのするときが多い。
 頚椎や心臓が原因の場合もあります
・または立ちくらみをよく起こす。
 心臓、肝臓、血圧と絡んでいる場合が多いです
・胸が締め付けられる感じがする。
 心(心臓)や心包(心筋)が殆どです
・または胸がザワザワする感じが時々ある。
 これも心臓が原因と考えたほうがいいです
・心臓がいきなり早くなったり、脈拍が飛ぶようなことがある。
 これは現代医学的に診ても「心臓」と考えていいと思います

・息苦しくなるときがある。
 これも心臓の問題と考えます
・夏でも手足か冷えるときがある。
 心臓からの血液排出力の問題と考えていいと思います
・胃の調子が悪いときが多い。(お腹がすかない・胸やけなど)
 みぞおち辺りに「太陽神経叢」というのがあり、そこに硬結ができるとそのような症状がでます。心臓の関係です
・よく下痢や便秘をする。または便秘と下痢を繰り返す。
 水下痢なら心臓の不調、軟便の下痢なら大腸、便秘と下痢を繰り返すのは腎の症状
・肩こりや腰痛がなかなか治らない。
 臓腑の新陳代謝低下が原因です

・手足がダルイ時が多い。
 多くは心臓の問題の場合が多い
・顔だけ汗をかく。または手足だけ汗をかく。
 これも心臓の問題です
・朝、起きる時に疲労を感じる。
 心・腎の問題と考えてください
・気候の変化に弱い。
 これも心・心包にもんだいがあります
・やけにまぶしく感じる時がある。
 白内障の可能性があるので、眼科で診てもらったほうがいいです
・寝ても寝ても寝たりない。
 血液循環と関係してきます
・怖い夢をよく見る、または金縛りにあう
 これも心・心包の弱い人に多く見られます
・風邪でもないのに咳がよく出る。
 喉に異常がなければ、大腸、腎、心・心包に問題があります
・食べ物を飲み込みつらい時かある、喉に違和感がある。呂律が回らない時がある。
 典型的な心・心包の症状です
 
そのサイトでは、いかのように指導しています。

※ 0-1個 自律神経に狂いはなさそうです。
※ 2-3個 自律神経に負担が掛かっているかもしれません。
※ 4-6個 自律神経失調症になりかけているかもしれません。
※ 7個以上 すぐに休養を取り、できるだけ早く専門家に相談しましょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こうして診ると、
【めまい。立ちくらみ。胸が苦しい。胸がザワザワする。心臓がいきなり早くなったり、脈拍が飛ぶ。息苦しくなる。手足か冷える。胃の調子が悪い。便秘と下痢を繰り返す。肩こりや腰痛がなかなか治らない。手足がダルイ。顔だけ汗をかく。手足だけ汗をかく。朝、起きる時に疲労を感じる。気候の変化に弱い。寝ても寝ても寝たりない。咳がよく出る。食べ物を飲み込みつらい、喉に違和感がある。呂律が回らない】

などは、多くが「心・心包」の関係です。
しかし、活性鍼でそれらが治まってきます。
今朝も、上記のような症状のある方が来られましたが、

「頭スッキリ、目もぱっちり」と言いながら帰って行きました。(^o^)
もちろん、「活性鍼」を使いましたが、
足裏へのお灸で、右は3壮、左はなんと20壮でやっと熱くなりました。\(◎o◎)/!

「活性鍼」は、我ながら「素晴らしい鍼だ!」と感心しています。
今度の臨床実践塾でもちょっとやります。
2021/04/22

七星鍼法の魅力(Part21) 活性鍼はもしかして自律神経の調整も

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。




後頸部への刺鍼



活性鍼での治療範囲を考えながらセミナーの準備をしているのですが、活性鍼は、もしかして自律神経の調整に使えるのではないかと考えるようになってきました。
というのは、C-7とTh1のズレが治ったり、心身が安定した状態なったりする場合があるからです。

「そんなアホな」と思うかも知れませんが、私も同感です。
しかし、身体は脳からの指令で動いています。
内臓も骨格も、思考も‥‥‥‥。

「自律神経」とは、脊椎動物の末梢神経の一つで、意志とは無関係に作用する神経で、消化器・血管系・内分泌腺・生殖器などの不随意器官の機能を促進または抑制し調節します。
交感神経と副交感神経とからなり、別名を植物性神経とも言います。

この神経が乱れると、疾病や症状はもちろん、不条理なことを言ったりします。
所謂、「植物が土から栄養を吸い上げて、枝葉を育てる」という活動が止まることになるので、これが人間に起こると、消化吸収や運動機能の低下につながるわけです。

そこに活性鍼をすると、運動機能が上がり、関節の動きも良くなり、食欲もコントロールしやすくなるわけです。
私は、この何か月か、自分に活性鍼をしているのですが、食欲も抑えられてきた感じがします。
それまでは、おなかの脂肪を見ながら、「何でこうなっちゃったの?」なんて考える時もありましたが、ようやく解決の糸口を見つけたよういな気がします。

多分ですが、それは昨日書きました「側坐核」も関係しているのではないかと考えています。
2021/04/21

七星鍼法の魅力(Part20) 笑うと免疫力が上がるって、ほんと?

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




頭皮鍼の実験です



免疫力を上げる一つの方法として「笑う」ということが挙げられています。
その他、
① 体温を上げる
② 座り過ぎない(動く)
③ 大声で歌う

などが言われています。

そこにプラスして、鍼灸という角度から考えて、
④ 気血の運行を良くする
⑤ 臓腑を活発にする(特に腸)

というのを加えたらどうかと考えています。
最近開発した「活性鍼」というのは、そのようなことを考えながら命名しました。
それで結果はどうかと言うと、私の話になるので、「手前味噌」と言われても構いません。

活性鍼の実験を始めてから、「アホみたいに元気」なのです。
それはスタッフにも話していますが、「走り出したくなるほど」元気なのです。
だから、睡眠時間も短くなりました。

その基礎は、七星鍼法にある「プライマリーライン」と「頭部七星」です。
と言ってもわかり難いですね。
簡単に言うと、上記に書いた「免疫力を上げる方法」の鍼灸版になると考えてください。

笑うと、表情筋や側頭筋が動きます。
動くということは代謝が上がるということです。
代謝が良くなれば、体温も上がります。
そして、「側坐核」にも刺激がいく方法だと思うのです。


「側坐核」は、「やる気ホルモン」が出ると言われますが、そのメカニズムは、

1. 行動をする(歌を歌うとか本を読むなど単純なことでいいそうです)
2. 側坐核にスイッチが入りドーパミン分泌される
3. やる気が出てくる
4. さらに行動する
5. どんどんドーパミンが出てくる

となるそうです。
そこで、「活性鍼」の作用を考えますと、活性鍼をすると、側頭筋にも影響が出ているようで、側坐核を刺激しているのではないかと考えてしますのです。

4月25日の臨床実践塾でやる「活性鍼」は、「進化系の活性鍼」ですので、従来の活性鍼と同じではありません。 
2021/04/20

七星鍼法の魅力(Part19) 潜伏したアレルギーの治療

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



赤丸で囲んだところの赤い斑点が「潜伏したアレルギー」を示す



つい先日までは「肝臓の疲労」が目立ったのですが、それを追いかけるように皮膚アレルギーが増えてきました。
きょうも2人の方にアレルギーの治し方をLINEで説明していました。

当院では、巨鍼をしながら、
「潜伏したアレルギーがあるようですね」なんて言うことがあります。
上の写真がそうですが、この方もアレルギーがあったようです。

さて、アレルギーの治療はどのようにするかと言いますと、
アレルギーは「体質的な疾患」に入れますので、体質を変えるようなことをしなければならないと思います。
しかし、基本的には「腎」の問題になるので、私のところでは上の写真のように巨鍼を使います。
巨鍼を使わなくてもいいのですが、このほうが早いのです。

アレルギーになる人は、食養で言う「陰性食が多い」です。

① 砂糖
② 果物
③ 酢の物
④ キノコ類
⑤ ナス科の野菜(ナス、トマト、ジャガイモ)
⑥ 油物(揚げ物、ナマの油を使う料理、マヨネーズなど)

あまり書くと嫌われそうですので、ここらで止めておきますが、それらを中和させるために、「塩とか味噌」を使います。
塩はそのまま使うと害もあるので、「梅醤番茶」と言う飲み物にして使います。

味噌は、味噌汁だけでもいいのですが、味噌漬けにした魚や肉、そして味噌で味付けした野菜炒めなどを多く摂るようにします。
アレルギーの出る人は、排便が良くない人が多いので、普段から便秘には気をつける必要があります。
どのように気を付けるかと言うと、穀物(米、粟、稗、麦、蕎麦)などを多く摂るようにするのです。
つまり、「ご飯多く、おかずを少なく」するのです。

すでに小麦アレルギーなどが発症している人は、米とか蕎麦にします。
それと、粉もの(小麦粉)は、腸の代謝が悪くなりやすいので、摂らないほうがいいです。
パン、うどんなど、小麦をすり潰したものがそうですね。

食事療法に関しては、私のホームページにマクロビオティックのことが書いてありますので、良かったら読んでみてください。

コロナの時代です。
医療崩壊が起こっていますので、できるだけ病院へはいかずに、自宅で治してみてください。
大丈夫です。
治せます。