FC2ブログ
2021/01/23

七星論で考える三焦経は面白い:しちせい特殊鍼法臨床研究会

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




下腿三焦経(青線:胃経。赤線:三焦経。緑線:胆経)



経絡としての三焦経



人体惑星試論(通称七星論)では、人体各部に「七星配置」をしてあります。
それらは、経絡ともつながります。
中でも面白いのは、「三焦経」です。

伝統鍼灸での三焦経は、2番目のイラストのように頭と手に三焦経が流れています。
しかし、足の中趾(第三趾)に流れる経絡がないのに疑問を感じ、いろいろ調べているうちに、第三趾は非常に大切な趾であることが判明し、ピンと閃いたのが「下腿三焦経」だったのです。

そこに三焦経を当てはめて臨床を行なうと、胃経でもなく、胆経でもない凝りや痛みが解決できるようになったのです。
もう10数年前の話です。

さらに、頭部、顔面、眼球、背部、腹部、等々にも三焦を配置してあります。
三焦を配置してあるのは、その部の異変を診断に使ったり、経絡の三焦経で異変を整えたりできるということです。
そして、面白いのは、手根骨や足根骨の関節にも「三焦」があり、そこを「月」として代名してあります。

今回は、その月を使った臨床への応用です。
手の「月」となる部位に軽く鍼をすることで、肩関節が軽くなったり、足の「月」と鳴る部位に軽く刺鍼することで、前後左右にぶらついていた重心が安定するのです。

重心を安定させるにもいろいろな方法がありますが、今回考えた方法は、瞬間的に安定させることが出来るのです。
しかも、「鍼を使わずとも」です。

今度の臨床実践塾では、そのようなことをやろうと考えていたのですが、「緊急事態宣言」が発出され、人の流れを止める要望がありますので、臨床実践塾は「研究会」として行うことにしました。
そのため(リモートでは少人数でないと難しいので)、一般募集は致しません。

研究会会員だけのリモートでの「研究会」になります。
ご了承ください。
2021/01/21

膝裏に物が挟まったようで曲げると痛い:鍼によるガングリオン治療

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。




膝裏への鍼



ガングリオンの「鍼による治療」は、このブログで10年以上前にも書きましたが、ガングリオンの人が多いのか、ガングリオンの記事は人気があります。(^_^;)
でも、検索されるのは「お灸による治療法」ですので、再度「鍼による治療法」を書くことにしました。

先日、
「膝を曲げると、物が挟まっているようです」と言う若い女性の方がいました。
膝裏を探ると、ゴリンとした塊がありました。
ガングリオンです。

ガングリオンは、お灸の方が早く治せるのですが、「若い女性」となると、短期間であってもお灸の痕は残したくありません。
「年配の方ならいい」ということではなく、スカートが短いと目立つからです。

ですから、このような時には鍼を使います。
巨鍼で袋を突き破るのもいいのですが、写真のように多くの鍼を使えば、巨鍼は使わなくても袋を潰すことができます。

ガングリオンは、袋状になったのがあるので、病院では、患部を開いて「袋」を取り出すようです。
「袋を取り出す」と言っても手術ですので、その傷痕は残ります。

ですから、整形外科の医師も、傷を残すのは嫌なはずで、「できれば傷を残したくない」と考えているはずです。
しかし、手術だと1回でガングリオンは消えるので、手術を選ぶ方もいます。
鍼だと1回では治らない場合もあるので、そこは勘弁してもらわないといけませんが‥‥。
2021/01/18

ぐらつく:どうすればぐらつきが止まるのか(1/24の臨床実践塾の準備)

この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。




この忍者のように重心安定していることが大切です



70代80代になると、ぐらつく人が多い。
それは、ラクナ梗塞も考えられるのですが、どうもそれだけではないようです。
と言うのは、先日スタッフと二人で、立位で、前後左右の安定力をテストして、1点を刺激すると、重心が安定することがわかったからです。

七星論での「頭七」を使うと、ある程度安定することはわかっていたのですが、他人に前後左右から押してもらって、それでも安定していられるか、ということ考えたのです。
スタッフと実験した時は、7割程度の安定力を確認して、「残りは宿題」にしました。

「宿題」と聞くと、いや~な気分になる方もいると思います。(^_^;)
しかし、仕事じゃなくて、研究と考えると、楽しいいものです。

スタッフと実験をした翌日、アスリートの方が患者さんを連れてきましたので、
「スポーツには重心安定が大切だと思いますが、面白い実験があるんですよ。やってみます?」と訊ねると、

「やりたいですね。いいんですか? 今ですか?」と、かなり乗り気でしたので、

「ええ、今ですよ。3~5分でできる実験ですから」と実験をすることにしました。

まず前後から体を押し、次に左右から押してみます。
こちらの方は、アスリートと言うより、スポーツを教えている方ですので、前後左右から押してもあまりぐらつかないのです。

しかし、さすがに前から押すと、少し安定力に欠けていました。
そこで、私の指で足に刺激を入れ、再度押してみると、先ほどより安定していました。
若い方なので、大きな変化は見られませんでしたが、

「これはいける!」と思いました。

もう一つ面白いのに、七星論で手根にある関節に配置した「三焦」です。
これもスタッフとテストをしました。

「腕を耳に付けるように挙げてみて!」と言うと、左右の腕を交互に挙げて

「こうですか?」と言います。

「あれ? 右腕が少し挙がり難い?」と聞くと、

「そうですね」と答えます。

「じゃ~、手の甲を貸してみて」と、手の甲を指で押しました。

「はい。もう一回腕が耳に着くように挙げてみて」と言うと、腕を挙げて

「おおー! 軽いです。さっきまで少しひっ掛かる感じがあったのですが、スムーズになりました」と言っていました。

「ふっ、ふっ、ふ。面白いやろー。これはすぐに使えるので、使うことにしようか」

と、臨床でもこのツボ「三焦」を使うことにしました。
さらに面白いことには、手根関節三焦への刺激で、下肢も安定してくることがわかったのです。

「ほんと?」と思う方は、いろいろ考えながら実験してみてください。

七星論での手根骨の関節にある「三焦」です。
2021/01/17

足裏の小趾側のタコが痛い(第五中足趾節関節部)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。





黄色い円で囲んだところが痛い



「足趾の付け根が痛い」という方がいました。
問診をすると、

① 5日ぐらい前にしもやけになってショウガ湯をしている

② 右足底筋膜が痛むことがある

③ 右足首内側に力を入れて曲げると痛い

④ 踵が荒れてカサカサしている

⑤ 右首、右肩が凝っている

⑥ 左目がアレルギーで開けにくい

足裏を観ると、写真のように小趾の付け根が「タコ」になっている。
アッチャー

足の裏に配置した七星を知ってる人はわかると思いますが、そこは「腎・膀胱・婦人科」と関係するところで、腎・膀胱の異変が治まらないとタコは治りません。
ですから、その部を治療するのではなく、腎・膀胱を治療するのです。

そして、その部は、腎・膀胱以外に「生殖器」とも関係しています。
それで、治療としては、外部から刺激を与える鍼灸や手技だけでなく、内部からの治療も必要になるのです。
私は、食事療法を指導しますが、食事療法のできる人は完全に治ります。

しかし、なかなかできないのが現状です。
そうなるには、その人の「好きなモノ」が関わるからです。
一番多いのが、「甘いモノ」です。
つまり砂糖の入った飲食物です。

この方の治療は、腎・膀胱を狙って治療をしたので、痛みは取れたのですが、「治った」ではありません。
治すには、本人の努力が必要なのです。
こんなことを書くと嫌われてしまいますが、治すためですので仕方ありません。

この症状と似た状態にある方は、「砂糖断ち」をやってみてください。
「努力は嘘をつきません」(^_^;)

その他の症状である、
「右足底筋膜が痛むことがある」というのは、肝と関係するのですが、これも砂糖と関係してきます。
「右足首内側に力を入れて曲げると痛い」と言うのは、足関三穴で治まります。
「踵が荒れてカサカサしている」というのは、大腸が荒れているので、穀物を多く取るようにさせます。
「右首、右肩が凝っている」というのは、肝の疲労と考えますが、この方の場合は砂糖が関係してきます。
「左目がアレルギーで開けにくい」というのも、砂糖の関係です。

2021/01/15

8歳の頭痛:六経弁証

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。




足三里に1番鍼を刺鍼しました



頭痛は、六経弁証を使うと即座に治まりますが、六経弁証は、どちらかと言うと、標治法的なところがありますので、病因をしっかりとらえる必要があります。
六経弁証とは、「陽明経」「太陽経」「小陽経」「厥陰経」「少陰経」「太陰経」の六つのことです。
※ 不特定多数に向けてのブログですので、専門用語はそれぐらいにしておきます。

で、この子は今朝から「頭が痛い」と元気がなかったそうで、お母さんに連れてこられました。
診ると、肝臓が腫れています。\(◎o◎)/!

「肝臓が腫れているけど、食べ過ぎたんですか?」と聞くと、お母さんが、

「正月の間、メチャクチャ食べていました」と言う。

そうか、と言うことで、まずは肝臓の腫れを取るために、肝臓に代謝を起させる手技をしました。
でも、良くなりません。

「ん?」と思い、もう少し肝臓の代謝を促すような手技をスタッフにやってもらいました。

でも、
「まだ痛い」と言います。

痛い部位は前頭です。
これを六経で診ると、「陽明経」になるので、「胃経」か「大腸経」になります。

肝臓が腫れている⇒陽明経の異変

ということを七星論で考えると、
① 肝が過実して「土=脾・胃」を虚させた
② 肝が実して対応経絡の「金=肺・大腸」を虚させた

と考える事ができます。
それで、少し熱感もありましたので、「陽明病」と判断しました。
そこで、
「これは鍼を使うと早いんですが‥‥」と言うと、お母さんが、

「やってください。この子は大丈夫です」と言うので、鍼をすることにしました。
鍼をしたら、ちょっとだけ顔をしかめていましたが、使った鍼が「1番鍼」だったからか、「痛い」とも何とも言いません。

上の写真が、「足三里」に鍼をしたところです。
置鍼は5分しました。

抜鍼する前に、何やらお母さんと話をしていましたが、ブースに入り、

「どう?」と聞くと、首を横に振り、お母さんが、

「治ったみたいです」と言う。

そして笑顔も出てきて、お母さんと何やら話していました。

「良くなったみたいですね」と言うと、お母さんが、

「完全復活ですわ・笑」と言っていました。

帰りには、玄関先で、この子も丁寧にお辞儀をしてお礼を言っていました。
2021/01/14

コロナ感染予防に効くかどうかわかりませんが‥‥

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。




アロマ入りに加湿器



朝から晩まで「コロナ」「コロナ」「コロナ」「コロナ」「コロナ」「コロナ」と煽り立てられます。
なので、ウイルスに対抗するために、アロマ入りの加湿器で加湿しています。
コロナが騒ぎだした最初の頃には、「次亜塩素酸」を使っていましたが、次亜塩素酸の評判が良くなかったので、アロマに変えました。

単に加湿だけでなく、抗菌作用や抗炎症作用のあるアロマを使ったほうがいいと考えたのです。
そこで選んだのが「ラベンダー」です。
ラベンダーは万能薬として知られており、抗菌、殺菌の作用を持ち合わせているからです。

ラベンダーは150種類以上の効能が認められており、様々な効能があります。
特に、緊張をほぐす作用もあるので、患者さんの多い治療院などには理想的かも知れません。
ラベンダーには、冷やす効果もあり、炎症や傷みを抑えてくれます。

また神経性の緊張、不眠、高血圧、動機、頭痛、イライラなども緩和すると言われています。
そして、抗感染作用にも優れているところがありがたいです。
つまり、呼吸器系の感染症にも効果的なわけです。

また、ラベンダーは火傷の治癒にも有名な精油で、肌の再生効果や、炎症の改善効果があります。
皮膚炎や乾癬、湿疹など、あらゆる皮膚の悩みに有効とされています。
昔、5年ほど栄養学を勉強している頃、このブログにも書いたと思いますが、アロマは体に優しく、治療使える植物の精油です。

以下は、サイトで検索したものですが、ラベンダーの効能や作用がまとめられていますので、参考にされたらいかがでしょうか。

• 抗菌作用
• 抗真菌作用
• 抗感染作用
• 抗炎症作用
• 抗リウマチ作用
• 鎮經作用
• 安眠作用
• 抗ウイルス作用
• 鎮静作用
• 心臓強壮作用
• 胆汁分泌促進作用
• 血圧降下作用
• 呼吸器系の不調改善
• 駆寄生虫作用
• 神経バランス作用
• 抗微生物活性作用
2021/01/13

液体窒素やイボコロリで取れない魚の目やイボの治し方 8才(小2)のお子さんです

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




魚の目を線香で焼きます



取れたそうです



カラーではわかり難いので白黒で(お母さん撮影)



この子は、病院へ行って、「液体窒素」で焼かれたそうですが治らず、
「歩くのも痛い」とお母さんに連れて来られました。
液体窒素の治療がかなり痛かったようで、不機嫌になり、
「もう行かない」と言ってたそうです。

それでイボコロリも貼ってみたのですが、
「イボコロリでも取れない」と、イボコロリを張り付けたままでした。

凹んでいるので、難しいパターンです。
8才(小2)ですので、お灸は使えません。
なので、上の写真のように、線香を使うことにしました。

線香を近づけて、熱くなったら離す、熱くなったら離す、を繰り返します。
(不器用な人はやらないほうがいいです)

この場合に注意しないといけないのは、線香を近づける時間が長いと周囲の皮膚をヤケドさせてしまいます。
かと言って、時間が短いと魚の目が取れないのです。

この子は、3回来られ、1ヶ月半かかって取れました。
線香を近づける時間やタイミングについては、ここに書くと失敗してヤケドをさせる可能性があるので、「しちせい特殊鍼法研究会」の専用サイトに詳細を書いておきます。
2021/01/12

小学5年生が作ったアレルギー対応のおせち

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




小学5年生が作ったとは思えないおせち料理です \(◎o◎)/!



当院に来られる方のお嬢さんですが、小学5年生だというのに、非常に落ち着いていて、学校の先生も個人懇談のときに、
「どのような教育をされているんですか」と聞いてくるぐらいだそうです。
この子は本が好きで、本があれば一日中でも本を読んでいるそうです。

それで、普段の会話でも、冷静な対話をするのです。
たとえば、お母さんが何か言うと、
「それは違いますよ。あれはこうこうこういうことですよ」
と親をたしなめるたりします。

試しに、ネットで「アレルギー おせち」と検索したら、何やら難しいことが書かれていました。
多分、アレルギーの子を持つ親でも、手間だかかるので、嫌がるのではないでしょうか。

素晴らしい~~~!

この頃は、20歳を過ぎても「即席ラーメンしか作れない」という人もいるのですから、正に表彰ものだと思います。
論語に「学べば則ち固ならず」(学ぶことが頑固にならないことだ)というのがありますが、この子は多分多くの人を従える人物になるに違いない。(と私は思う)
2021/01/11

心臓が重たい、首が引っ張る、顎がズレる、聞こえにくい

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




左膈兪から大杼への巨鍼




寒さのせいもあると思いますが、正月の「お酒やご馳走」も関係していると思われる症状に、心臓からの症状があります。
この方も、心臓からの症状を訴えて来られた方です。
症状は、

① 心臓が重たい

② 左側を向くときに首が引っ掛かる

③ 左顎の噛み合わせがスレた感じがする

④ 背中の左側に凝ったような違和感がある

⑤ 左肩も凝りが強い

⑥ 耳が聞こえ辛い

⑦ 仙骨が痛いときがある

⑧ 左のふくらはぎが吊る

どれを見ても「心臓からの症状」と考えてしまいます。
でも、仙骨やふくらはぎは「関係あるのかな?」と考える人もいると思いますが、七星論で考えると、すぐに答えが出て来ます。

七星論での対応経絡で考えるのです。
つまり、
火(心・小腸)≒水(腎・膀胱)の関係です。

火の異変は水にも出て来ます。
ですから、心の異変が膀胱経にも出て来て、膀胱経が走る「ふくらはぎ」が吊るのです。
そのせいで、仙骨にも痛みが出たりすることもあるのですが、仙骨は顎関節とも深い関係があるので、「心⇒顎関節⇒仙腸関節」と考える事もできるわけです。

この方は、年に1回か2回ほど来られる方ですが、巨鍼を使ったこともありますので、巨鍼を使うことにしました。
「心」からの異変となると、上部胸椎が左に歪んでいるのが一般的です。

この方も、上部胸椎は左に歪んでいました。
しかし、座位ではわかり難かったです。
座位でわかり難い場合でも、伏臥になって力を抜いてもらうと、「牽引された側」に脊椎は歪みますので、伏臥で確認しました。

すると、予想通りに上部胸椎が左に歪んでいました。
なので、写真のように、左膈兪から大杼まで巨鍼をしました。

で、バッチリです。(^_^;)

特殊鍼法を勉強された先生方には「簡単過ぎてつまらない」ことかも知れません。
でも、特殊鍼法を使うと、ほんとに簡単に終わる場合が多いのです。

特殊鍼法の勉強したい方々のために、準備はできているのですが、先日、テスト的にLP(ホームページみたいなもの)を3日だけアップしましたら、
「安すぎる!」
という意見もありましたので、現在再検討中です。
2021/01/10

この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




白く塗ったところは症状の出た部位で、黄色く塗ったところが原因部位



年明けに多い症状ですが、以下のようなことを訴えて来た方がいました。

① 4日に目が覚めた時、肩こりがひどく、車の揺れでも頭に響く(右側)。
② 頚椎をしっかり調整してほしい。
  (頚椎の矯正は殆ど必要ない)

なぜ年明けに多いかというと、クリスマスや正月で、余計なモノを食べ過ぎたのです。(^_^;)
つまり、クリスマスケーキなどに含まれる砂糖
おせち料理で、「主食を食べずにおせちだけ食べる」
お酒を飲む方なら、お酒の量が多かった

等々が原因と思われますが、正月は体を動かすことも少ないので、運動不足も含まれてきます。
特に今年はコロナで「家籠り」をした人が多かったと思うので、このような症状を訴えて来た方は多かったです。
同時に、「心臓の異変」を訴える方も多かったです。

これは食養理論で考えるとわかります。
食べる(入力のエネルギー)と
代謝(出力のエネルギ―)のバランスが悪いのです。

そんなことわかっているわ、早く治し方を言え


と聞こえて来そうですので、治し方をお話します。
巨鍼の使える人なら、右膈兪から大腸兪へ刺鍼すれば、それだけで治まります。
巨鍼の使えない人は、肝経と、肝臓部への刺鍼。

あるいは肝臓部へのお灸をします。
後は手技で軽く調整をします。
それだけでいいです。

家庭療法なら、太もも踏みをします。
そして、食事量、特に栄養素の多いものを食べないことです。(^o^)
つまり、粗食にすることです。

この方は、巨鍼を使いました。
巨鍼療法を受けるのは初めてでしたので、
「大丈夫ですか?」と言っていました。

しかし、巨鍼は見ていると痛いのですが、刺されるほうは痛くないのです。
痛くないと言っても、切皮の時はちょっと痛いのですが、誰でも「あまり痛くないですね」と言います。
そして、巨鍼の後、起き上がって症状を確認してもらったら、首を曲げたり回したりした後、

「あれ? 完璧ですね~」と笑いながら言っておりました。