FC2ブログ
2020/04/24

しちせい特殊鍼法研究会のセミナー(臨床実践塾)準備

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。


 肩が痛い


画像クリックで動画



テレビでは、朝から晩までコロンの話ばかりなので、皆さんも疲れていると思いますが、疲れは「免疫力を落とします」ので、適度な運動が必要かと思います。
私は、先日の夜、「散歩に行こうか」と考えたのですが、多くの方々がイライラしていつと思うので、夜の外出はしない方がいいだろうと、翌日の昼に散歩に行きました。

社会がこういう状況になると、心が落ち着きません。
そして、何もしてなくても疲れを感じます。
ですから、家の中で50回ぐらいジャンプでもしてみてください。
意外に体が楽に「なりますよ。

さて、「しちせい特殊鍼法研究会」は、文字通り「特殊鍼法の研究」をしているのですが、今度の研究会では、足関節で、肩関節や上部胸椎を整える研究方法をお話しようと考えています。
その為に、きょう、スタッフと一緒に動画を撮影ました。

ただ、ウエブ講習ですので、動画を観てもらいながら、動画で説明するのですが、リアルセミナーとはわけが違います。
ですから、コロナが落ち着いてから再度セミナーをやるつもりです。

きょうは、とりあえず、どのような状態からどのようになったかを説明しておきます。
2020/04/23

かる~~~い、かる~~~い手技療法

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



 肩が痛い


画像クリックで動画



お子さんを連れて来た方がいました。

「ね、ね、肩凝ってない?」

「う~ん、ちょっと!」(無理矢理「肩凝り」と言わせてしまった)(^o^)

「よっしゃー! ちょっとモデルになってよ。面白い治療法があるんだ」

「いいですよ」

「OK、ではそこに座ってください」

「はい、片方ずつ腕を挙げてみてくれませんか」

と、肩挙げテストをしてから、頸、足関節。手関節を触りました。

すると、肩が楽に上がるのです。

その後、エネルギー療法を少しだけしたら、本人が、

「ふにゃふにゃやわ」と言っていました。

この治療法は、こんどの日曜日の「特殊鍼法研究会」でやる予定にしています。
2020/04/22

経絡の表裏の実験:下降結腸の痛みを背景の経穴で取る?

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。





写真① 下降結腸を押圧して痛みを調べる



写真② 肺経に刺鍼をするところ



写真①は、下降結腸を押圧しているところです。
写真②は、肺経に刺鍼しているところです。

経絡には表裏というのがあります。
大腸経が表の陽経とすると、肺経が大腸経の裏で陰経になるというものです。
同じように、肝経:胆経、腎経:膀胱経、脾経:胃経、心経:小腸会、心包経:三焦経、というように、表裏で一対になっています。

そこからが面白いです。
大腸の治療をするには、大腸経を使うと教えられましたが、実は、肺経を使っても治療ができるのです。
それが写真の実験ですが、下降結腸部を押して痛みがある時に、本来は大腸経を使いますが、肺経を使ったのです。

どうなったと思います?

下降結腸の痛みが取れたのです。
これは、七星論での経穴は、腕を輪切りにして、表裏が同じ高さになるようにしたからだと思いますが、表にも裏にも同じようにエネルギーが流れていると考えることもできます。
つまり、それが東洋医学で云う「表裏一体」ということです。

この実験は、何年も前にもやったし、時々臨床実践塾でもやっていますので、知ってる人は知っていると思います。
信じられない方は、自分で実験をすることをお勧め致します。
そして、この実験の後に、エネルギー療法の実験もしました。

① モデルになった人に横座りをさせて、座り難い方を確認します

② 私は一切モデルに触ることなく見ているだけです

③ で、一度立ち上がってもらい、再び横座りをしてもらいます

④ もう座りにくいことがないので、「えっ?何で?」と言います(^o^)

このエネルギー療法の実験は、動画でやった方がいいと思うので、明日か明後日に再び実験をして動画に収めて、このブログで公開しようと思いますので、お楽しみください。
2020/04/19

エネルギー療法:何で? 何で?何で?何で?

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




写真① 普通の顔です



写真② 笑ってしまいました



昨日は時間が余ったので、スタッフにエネルギー療法の話をしました。
と言っても、エネルギー療法は目で見せたほうがいいので、実験をして見せました。

写真①は、何もせずに、肺経の筋力テストをしているところです。

写真②は、私が5~10秒ぐらい彼を見つめてからのテストです。

写真①では、普通の筋力ですので、それを指標にして次のテストに移るわけです。
いわゆる、肺経が流れる経絡に沿って、腕を横に伸ばし、斜め後ろ下に、術者が引き下げるわけです。
それは、肺経の走行での筋力を調べるためです。

筋力を調べたら、私が彼の肩から肺経の走行に沿って見つめていきます。
(これがエネルギー療法)

その後に、先ほどと同じように(写真②)、同じ方向に引っ張っていきます。
すると、筋力が上がっているので、術者も被験者も笑ってしまいます。

人が笑う時は、「予想外のことが目の前で起こったとき」や、「自分が失敗した時に謝る気持ちがあるとき」等が含まれますので、この場合は、「予想外のことが起こったとき」に入ると思います。

エネルギー療法は、「FAT」という呼び名で、臨床実践塾でも何度か実技講習をしたのですが、気の流れ(エネルギー)を活用するので、筋骨系の簡単な治療には使えても、根本的な治療には使えないと考えたほうがいいかも知れません。

例えば、発熱や炎症は鍼灸で治められますが、エネルギー療法では難しいと思われますし、臓腑疾患に関しても同じことが言えると思います。
ですから、多くの「エネルギー療法家」は、最終的には「心の問題」(本人の考え方)に結び付けていく場合が多いようです。

しかしそれは、一歩間違うと「宗教」のようになってしまします。

宗教が悪いとは言いませんが、宗教と医学を一緒にはしたくないのです。
たとえば宗教が「心を扱う」とした場合、治療は「体を扱う」と分けて考えたほうがいいように思うからです。
もっとも、「心と体は一つ」ですので、明確に分けることは難しいかも知れませんが、「心で体は治ります」とすると、問題が出てきます。

たとえば、今話題になっている「新型コロナウイルス」

エネルギー療法家の中には、「ウイルス性の疾患も治せる」と話している人もいますが、実際にはどうなんでしょうか。
コロナウイルスに感染したら、私なら周囲に迷惑を掛けたくないので病院へ行きますが、皆さんならどうされるのでしょうか。
2020/04/18

肩が痛くて腕が挙がらない:更年期障害の思わぬメリット

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



 肩が痛い


画像クリックで動画



「ちょっと肩を挙げてみてくれませんか」

「更年期障害で肩が痛くて挙げられないんです」

「いやいや、挙げられるだけでいいですから……」

「いたた、これぐらいですけど‥‥」

「ほんまやなー。ぷっ! OK,OK、じゃー、指先から治しますね」と言い、やり方をスタッフに教えて筋膜リリースをやってもらった。

続きは動画でどうぞ!
2020/04/17

頸が痛いときの治し方

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。


 頸の痛み


画像クリックで動画



赤い線は、肩幅と頸の中心を表すために引いた線です。

初めて来た患者さんで、20代の若い娘さんです。
カルテを見て「ぷっ!」と吹き出してしまいました。

職業欄に「正社員」と書いてあったからです。
普通は「会社員」とか、仕事の内容が書かれるものですが、どうなんでしょう。
最近はそういうように書くんですんでしょうか。

それはさておき、この方の主訴は、
① 頸、肩の凝りがシンドイ
頸が痛くて1回だけ鍼をしてもらったことがある。
酷くなると頭痛になることもある
② 腰痛があり、ヘルニアになりかけ
2~3年前から腰痛はあったが、昨年「反り腰」と言われた

ということでした。

後は、動画でどうぞ!
2020/04/16

背中で手が組めない(回旋鍼での治療法)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



 

 



このように、腕を後ろに回して手を組もうとしても、組めない人が時々います。
この方も急に、
「これができないんです」と言って、腕を背中で組もうとした。

若い方なので、
「えっ? どんなー?」と言いながら後ろに回ったら、なるほど全然組める様子がない。

そこで、
「頭にちょっと鍼を刺せてくれない? 多分動きやすくなると思うので」と、回旋鍼をしました。

そして、
「はい。先ほど見たいに手を後ろで組んでみて!」と言うと、

「ああ、ああ、届きそうです」と言うので、

「ちょっと手伝ってあげれば届きますね」と、スタッフに、右腕を軽く上げてもらったら、

「届きました。届いている」と叫んでいました。
2020/04/15

歩いていたら足の親趾が痛くなってきた(対応経絡の使い方)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。


 足の親趾


画像クリックで動画



「街を歩いていたら、左足の親趾が痛くなってきた」と電話が入った。

「きょうは休みなので、状況だけ聞かせてくれませんか?」

「歩いていたら、左足の親趾の詰めの付け根が痛くなってきたんです」

「歩くだけで痛いのですか?」

「はい。歩けなくなりそうです」

「そうですか、それでは~~~」

続きは動画でどうぞ!
2020/04/14

新型コロンウイルス感染を乗り越えるための説明書

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



 ニューヨークの現状



画像クリックでマンガ




新型コロナで国内外で多くの方々が大変な思いをしています。
そんな折、画像クリックで示すような漫画が描いた方がいます。

分かり易いので、是非、是非、読まれてください。

2020/04/13

コロナはいつまで?:京大・中山教授の答え(日本経済新聞)

 タイトル



日本経済新聞より転載



大学でお世話になった森本先生がFacebookに投稿した記事に、日本経済新聞電子版で、「コロナ禍はいつ収まるのか 京大・山中氏が出した答え」というのがありました。
(画像でリンクしてあります)

その記事で、中山教授は「1年は続く」と指摘しています。

また、経済学専門のお知り合いからのメールでは、政治の在り方を指摘していました。
「政治の在り方でコロナと闘う姿勢も違う」ということですが、大阪府の元・橋下知事、現・吉村知事、現・松井市長の意見に賛同していました。

皆さんも多分、テレビで視聴されていると思うので、詳細は書きませんが、橋本氏、吉村氏、松井氏の指摘は、

・現場を知らない役人がマニュアルを作る
・自分の給料の減らない役人が「保証の問題」を検討する
・保証で守られた役人が「移動制限の策」を練る

でした。

説得力のない役人の意見に国民は不安だらけです。