FC2ブログ
2019/11/16

腰痛と腎査穴・肝査穴・脾査穴

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。

 膀胱査穴ツボ

画像をクリックすると動画が始まります



腰痛の原因も多いので、治療法もたくさんあります。
ただ、診断ができるようになると、筋骨が原因なのか、臓腑が原因なのかがわかるようになります。
そして仮に、臓腑が原因と診た場合、どの臓腑なのかを特定する必要があります。

腰痛と関係しやすい臓腑は、肝、腎、大腸、生殖器などが多いものです。
そして、臓腑の特定ができたら、どのように治すかを考えます。

私は、臓腑の特定ができたら、短時間で結果を証明できる「査穴」をよく使います。
それは、「この臓腑が原因ですよ」と認識してもらい、養生法の指導につなげるためです。
仮に、肝が原因と思われた場合、その人が何を摂り過ぎているかを診て、摂り過ぎないように指導するのです。

非常に単純なように聞こえるかも知れませんが、これは経験がなければできません。
鍼灸師は、「鍼で治すんだ」と頑張る人も多いのですが、それでは患者さんが可哀そうです。
鍼だけで治そうとすると、時間がかかる場合があるからです。

何度も何度も治療院に来てもらわなければならない状況は、患者さんの時間とお金を無駄に使うことになるからです。
治療は、原因となっているのを取り除くのが先決です。

さてしかし、その原因となるのを患者さんに知ってもらうにはどうすればいいか、という問題が出てきます。
その場合に、患者さんに理解してもらいやすいのは、「動き」です。
つまり、どのようにしたら痛みが出るのかを聞いて、その動きと、原因となっている臓腑と、臓腑が弱った原因を解説していきます。
そして、その動作でも痛みが出ないようにすれば患者さんも納得してくれます。(協力してくれます)

その時に私がよく使うのが、上のビデオにある査穴です。
査穴を使うと、痛くて動かせなかったのが、瞬間的に(1分程度)動かせるようになるので、患者さんは笑います。
笑ってもらうと、半分以上は解決されたと考えていいです。
2019/11/15

首筋が痛く、腰も痛い:膀胱査穴 (11/24の臨床実践塾準備)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。


 膀胱査穴ツボ

画像をクリックすると動画が始まります



七星鍼法には「査穴」というツボがあります。
「査穴」は12経絡全てにあり、それぞれ経絡の名前をかぶせて、肝査穴とか腎査穴とかと呼んでいるのですが、この査穴というのは、七星鍼法を考えるときに命名したもので、非常に便利なツボです。

何故かと言うと、郄穴(急性症状に使う経穴)のようなツボでもあり、原穴(その経絡の基本となるツボ)のようでもあるのです。
つまり、急性にも慢性にも使える優れものなのです。
ですから、このブログにもたくさん書いてきました。

さて、タイトルのような方が来られましたので、脈診をすると「膀胱経」に虚を感じました。
そこで、膀胱査穴を使ってみる事にしたのです。
※ 膀胱査穴はめったに使うことがなく、年に1~2回使うかどうかです。

それで、上の動画を見てもらうとわかるのですが、膝裏に鍼をしているのに、首筋の痛みも取れ、腰の痛みも取れたのです。
それは、膀胱経というのは、背部を走る経絡で、頭から足先まで走っているからです。

と言っても、現代医学系の方には分かり難いかも知れませんので、順序よく説明しますと、背中には、「脊柱起立筋」という筋肉があります。
それは、大きく分けて、「棘筋」「最長筋」「腸肋筋」の3つに分けられます。

脊柱起立筋が収縮すると、背を伸ばす事ができますが、片側だけが収縮させると体幹を側屈させたり回旋させたりすることができます。
そして、常に姿勢の維持に関与していますので、立ったり、座ったり、歩いたりできるのは、この筋肉のおかげと言えるわけです。

ですから、この筋肉に異変が起こると、時に、タイトルのような症状が出てくる場合もあるわけです。
さて、ここからが東洋医学のおもしろいところで、この筋肉に深く関与しているのが「膀胱経」になります。

つまり、膀胱経に異変が起こっても、脊柱起立筋には何らかの変調が出て来るわけです。
逆から言いますと、脊柱起立筋の異変は、(全てではありませんが)膀胱経で治療する事もできるというわけです。

また、「腎・膀胱」と「心・小腸」は対応経絡ですので、膀胱査穴を使わずに、腎経と心経を使っても治療はできます。
ただ、この場合は、脈に「膀胱虚」の反応があったので、膀胱経を使ったわけです。

で、膀胱査穴に刺鍼して、すぐに抜鍼したのですが、

「どうですか首筋は?」と聞くと、首を左右に曲げて、

「あ、楽です」と言い、

「腰はどうですか」と聞くと、

「あ、楽です」と答えていました。
2019/11/13

大腸からくる腰痛、股関節痛、大腿部痛・便秘・下痢・血圧等々

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。


 第四生泉水穴

画像クリックでビデオ



腰痛で見逃されがちなのは、大腸からくる腰痛です。
診断ができなければ、この腰痛の原因を見つけることはできませんので、下降結腸辺りを押して、「ゴリン」とする異変を見つける診断や、脊椎診での大腸の異変の見つけ方をしっかり学んでください。

大腸の異変は腹痛や腰痛以外に、肺経(胸痛・肩痛・胸椎上部痛・頸部痛等)などにも出てきますので、その時も、この施灸は効果があります。
ただ、かなり熱いので、そのことは患者さんに伝えておく必要があります。

また、肝臓の異常も「風邪の症状」に似ていますので、症状が肝臓からなのか大腸からなのかの分別診断も必要になってきます。

なぜ、「風邪の症状」が肝臓の異常と関係するかと言うと、鍼灸古典にも書かれていますが、七星論(人体惑星試論)で解説した方がわかりやすいので、七星論で説明します。
それは、木と金は対応経絡になっていて、どちらかに異変が起こると、どちらにも変調が出てくるからです。

いずれにしても、大腸の異変は多くの臓腑に異変を起こさせますので、大腸のケアは常に行なうのがいいです。
「たかが便秘」と侮らないことです。
大腸のケアは食事療法が一番簡単で、一番効果的です。
2019/11/11

肛門の痛みの治し方・・・今まで秘伝にしていました(^_^;)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。


 肛門の痛み

画像クリックでビデオ



時々、「肛門が痛い」という方が来られます。
そんな時、肛門を診ることはできませんので、鎖骨下筋を診ます。
「肛門なのに鎖骨下筋?」と思う方も多いと思いますが、肛門と鎖骨下筋は深い関係があるのです。

東洋医学では、肺と大腸は表裏の関係と考えています。
つまり、肺が裏なら大腸が表と考え、「表裏一体」と考えるわけです。
そして肛門は「大腸」に属すると考えますので、肛門と肺が関係してくるのです。

鎖骨下筋を診るというのは、鎖骨の下には、肺経の「雲門」というツボがあるからです。
つまり、肺の異変は雲門や中府穴に出ますので、鎖骨下筋にも異変が出るわけです。

先日来られた方は、
「ここに来る電車で、立っても座ってもお尻が痛くて、どうしようもありませんでした」と話していました。

そして、鎖骨下筋を触ったら、強い過緊張がありましたので、鎖骨下筋の過緊張を鍼で緩め、全経絡を整えましたら、痛みは消えました。
この治療法は、3~4年前に見つけて、何人にも使ってきた治療法です。

現代医学寄りの先生方には理解できないかも知れませんが、やってみればわかります。

ハズレはありません。(^o^)

ただし、鎖骨下筋に刺鍼するのはかなり難しいです。
1~2ミリの幅しかない鎖骨下筋に刺鍼するのですから、相当鍼を使い熟していなければできないと思います。

七星特殊鍼法には「筋腱鍼」という方法があるのですが、この鎖骨下筋への刺鍼法もそれに含まれます。
ほそ~い、筋や腱に刺鍼するので、訓練が必要です。
訓練は、常日頃から触診をするときに筋の状態を、指先で感じ取るように注意深く触る訓練をする事です。

長年、即効性のある治療法を研究してきましたが、この鎖骨下筋刺鍼も即効性のある刺鍼法になります。

2019/11/10

瞬間的に骨盤矯正ができる(座位のままで頭に鍼を2本するだけ)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。


 骨盤矯正

画像クリックで瞬間的な骨盤矯正




骨盤矯正は、鍼灸学校1年生の時にあみ出した「骨格矯正鍼」が一番良かったと考えていたのですが、30何年かぶりにもっといいのを発見しました。
しかも、瞬間的に矯正できる矯正法です。

そしてそして、座ったまま矯正ができるので、骨盤の歪みからくる腰痛なども、楽に治すことができます。
臨床数はまだまだですが、95%以上の確率で矯正できると考えています。

最近では、七星特殊鍼法を展開させるために、いろいろな実験をしていて、昨日これを発見したのです。
理論的なことは前から考えていたのですが、実際にテストをしたのは昨日が初めてです。

私の知る範囲では、座位で骨盤矯正をするという方法はないと考えているのですが、それができるようになったのです。
しかも、骨盤も腰も足も触りません。
頭に鍼をするとき以外は、患者さんの体に触る必要がないのです。
ほんとに頭に鍼を2本するだけなんです。

ビデオのタイトルには、「2分で」と書きましたが、実際には1分もあれば十分です。
手前味噌になりますが、
ほんとにすごいです。

スタッフの皆さんも驚いていましたが、その矯正法を使った患者さんも、みな驚いていました。
ご夫婦で来られた患者さんなどは、ご主人の矯正をしているのを、隣のブースで聞いて、こちらのブースにやってきました。

「えっ? 何? 何? 何?」と言いながら。

ご主人が説明をすると、楽しそうな顔をしながらご主人の顔を見ていました。
しかし、瞬時に終わる治療法なので、奥さんが来るまでには終わっていたのです。(^o^)

しかし、それでは可哀そうだと思い、

「もう一度歪めてからやりましょうか」と言うと、

「ええーっ! 歪めることもできるんですか?」と聞くので、

「多分、大丈夫だと思いますので、やってみましょうか」と、やってみました。

正解でした。

もう一度歪みを作ることもできたし、その歪んだ状態を再び矯正することもできたのです。
で、ご夫婦二人で、

「キャー、すご~い! こんなこともできるんですねー」

「ほんまに歪めることもできるんですねー」なんてはしゃいでいました。
2019/11/09

心・心包の不調の治し方:動悸・息切れ・だるさ・ネガティブ思考・物忘れ……etc

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。


 心臓

心・心包の不調がある時のお灸の方法です


画像クリックでビデオが再生されます
 



このお灸の方法は、従来からのやり方で、現在ではあまり使われませんが、症状がひどいときは、この灸法はかなり効果があります。
軽症の場合は、頭皮鍼や千年灸でも効果があります。

このビデオと同じツボに、毫鍼や千年灸のような温灸で効果が出ない場合にはこのお灸の方法を使ったほうがいいです。
ただし、お灸の痕が残りますので、それは患者さんにも説明しておく必要があります。

鍼灸師なら、このお灸のやり方を知っています。
お灸の壮数は、症状にもよりますが、症状がひどいときは7壮ぐらいします。
軽い時は3壮ぐらいで効果があります。
自宅でもやってもらえるなr、週2~3回をめどに、「調子がいい時はやらない」こととします。

取穴に関しては、当院では「七星論での取穴」を使いますので、「2地、2火」というツボを使います。
「2地、2火」とは、頚椎を「1」とし、胸椎を「2」、腰椎を「3」と位置づけたツボの名前です。

ですから、「2地」と言うと、第3胸椎棘突起下外方1.5寸になり、「2火」と言うと、第4棘突起下外方1.5寸になります。
詳細は、拙著『人体惑星試論奥義書』を参考にしてください。

その効果は、何人もの方がみるみる元気になっていく状況を見てきました。
心・心包が虚すると、
「もう私はダメか!」とか、
「何に対しても自身がない」というような、ネガティブ思考になっています。

そして、最悪は「鬱状態」になり、認知症のような症状が出てきます。
そうならない前に、頭皮鍼やこのお灸で対処しておくことが大切です。
特に精神的な病気は、予兆が出たときに治療をするのが最善の治療になります。

「明日は治るだろう」

「来週には治るだろう」

「気候が変わると治るだろう」

そう考えている間に手遅れになってしまします。
2019/11/08

筋肉に異変があるときに使う「筋会」(きんえ)の実験

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。


 ツボ

画像をクリックすると動画が始まります



『人体惑星試論奥義書』を書くまでには、いろいろな実験をしましたが、この「会穴」(えけつ)に関しては、理論だけで説明してありました。
なので、改めて実験をしてみる事にしました。
結果は、まーまーでした。(^o^)

今回の実験は「筋会」についてです。

各組織の気血の集まるところという意味で、「会穴」(えけつ)というのがあります。
気血の集まるところで八つに分かれています。
それは、それぞれの系統の病に用いれば効果が期待できるツボとして昔から使われています。

分類の詳細は以下のようになっています。
• 腑会(腑の病に使う) - 中脘(任脈)
• 臓会(臓の病に使う) - 章門(肝経)
• 血会(血の病に使う) - 膈兪(膀胱経)
• 脈会(脈の病に使う) - 太淵(肺経)
• 骨会(骨の病に使う) - 大杼(膀胱経)
• 筋会(筋の病に使う) - 陽陵泉(胆経)
• 髄会(髄の病に使う) - 懸鐘(胆経)
• 気会(気の病に使う) - 膻中(任脈)

ちょっと専門的になってきますので、鍼灸師でない方にはわかりにくいかもしれませんが、「〇〇会」というのは、そこに「〇〇」の気血が集まるので、そこを刺激することで、「〇〇」が整うと考えてください。

つまり、「腑会」なら、胃とか腸とか胆嚢といった、「中が空洞になった」器官の「気血」が集まっているというわけです。
ですから、そこを刺激すると、中が空洞になった器官が整うというわけです。

それで今回は、「筋会」になる「陽陵泉」に刺鍼して、筋がしなやかになるかを実験してみました。
「筋会」を刺激して、筋肉にどのような変化が出るかを見て欲しいと考えたのです。

ただ、筋会(陽陵泉)を七星論で観ると、その高さは「水」になるので、「水=腎・膀胱」にも影響していると考えたほうがいいです。
つまり、陽陵泉に刺鍼する事で、陽陵泉は胆経なので、当然胆経にも影響があるのですが、七星論で観ると、「水」の高さなので、「腎経・膀胱経」にも影響が出ると考えたほうがいいというわけです。

ですから、「脊柱鍼」という治療法を考えるときも、脊柱を整えるためには「膀胱経」も整えたほうがいいので、脊柱診の取穴にも陽陵泉が入っているわけです。
上の動画の実験で、腰が曲がりやすくなったのは、筋腱の問題もありますが、「腎」との関係も否めないと考えているわけです。

今後は時間の合間を見て、このような実験をYouTubeで公開していこうと思います。
2019/11/06

野球肘(肘が痛い)の治し方:七星特殊鍼法 (11/24の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。





野球肘と筋骨・臓腑の関係 



スポーツで肘を傷める場合は多い。
野球肘、テニス肘、ゴルフ肘と、肘痛が出やすいスポーツの名前が付けられています。
8月16日にも、 「テニスをしない人のテニス肘」  について、このブログに書いたのですが、付けられた症状名(病名)で治療をするのは問題があります。

何故なら、「野球肘」と症状名が付けられたら、治療法としては「野球をしないこと」となるからです。
実際、現代医学系のHPやブログ等を読んでみますと、そのように書かれています。

昨日は休診日でしたが、あるセラピストの方から、
「野球ができなくなって困っているお子さんがいますので、治療お願いできませんか」と連絡が入り、治療をする事になった。
13歳の少年です。

話を聞くと、
「ボールを投げるときに肘に痛みが出る」ということでした。

そこで、脈診、脊椎診、仙骨診をしましたら、原因がわかりました。
上の画像を見てください。
黄色い円で囲んだ辺りに問題がありました。
左の図に示したように脊椎と仙骨の歪みがあったのです。

これは、持論の「経筋腱収縮牽引」の現象を現していて、右背の筋肉に過緊張があり、それが原因で骨を歪め、上腕骨や肘関節まで歪めているのです。
それに伴い、神経圧迫も起こってきますので、痛みが出て来るわけです。

お母さんも来られていたのですが、お母さんが、
「接骨院に行っているのですが、全然良くなる様子がないんです」と言うので、

「多分、肘だけに注目しているからだと思います」と言い、患者さん(少年)の体の歪みをお母さんにも見てもらいながら説明しました。

そして、治療原理を説明し、実際に治療をした後、「ボールを投げる動作」をしてもらいましたが、痛みは出ませんので、顔を横に振っていました。

「痛くないの?」とお母さんが聞きます。

「んん、ん」と少年は応えました。

で、お母さんが質問してきました。

「野球できるんですか?」

「注意点を守ってくれたら大丈夫だと思いますよ」と答えておきました。

何をしたかというと、全て家庭療法で、鍼は一切使いませんでした。
七星論での特殊鍼法(手技療法も含まれます)を使うと、このような症状は、鍼や器具を使わずとも治療できるのです。
2019/11/05

簡単に肩凝りが楽になる方法

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。


 肩凝り

画像クリックでビデオ再生 




先日の臨床実践塾で行ったものですが、先日はマーケティングの説明と実験を行うために、一つの動画をYouTubeにアップsました。
すると、24時間で110回もの再生があり、ビックリしました。

さてきょうは肩凝りのビデオです。
肩凝りは、内臓の異変で起こるのが主な原因です。
しかし、内臓を整えるとなると、診断ができなければなりませんので、一般の方には難しいと思います。
そこで、ここでは、一般の方でもできる肩凝りの治し方を説明します。

まず肩が凝る時は、上部胸椎にも「しこり」(凝り)ができています。
その上部脊椎のしこりを取り去ることが「肩凝りの改善」になるわけです。

理論的には、内臓に異変が起こると、異変の起こった内臓に関係する筋肉や腱(多くが背部)に凝りができます。
ですから、その凝りをほぐせば、血液循環が良くなり、「肩の凝り」も和らいでくるわけです。

いちいち凝りのある部位を探して凝りを取り除くのは難しいので、大雑把に凝りのある部位を見つけます。
それが、上のビデオでやっているやり方ですが、その他にも方法はあります。

上のビデオでやっている方法だと、上部胸椎の「捻じれ」や「歪み」を検出することもできるのですが、ここでは単に「動きにくさ」を目安にします。

仮に、「右に捻じり難い」となると、脊椎が左に捻じれている可能性があります。
つまり、脊椎が左に捻じれていると、左には捻じりやすいわけです。
脊椎は捻れている方向に捻じりやすいからです。

ですから、「右に捻じり難い」という人でしたら、右に捻じったまま、10~20秒ぐらい維持してもらってから、元に戻すと、多少楽になっています。
ただし、これは簡単な捻じれの場合の話で、内臓からの強い牽引が起こっている場合は、そう簡単にはいきません。

ビデオでは、私が背中に回って、「横突起」と呼ばれる骨を押さえるようにして、モデルになった方に体を捻じってもらっています。
そうすることで、こちら側から押すよりも強い力が入るからです。

ビデオでもモデルになった方が、上部胸椎辺りの
「つかえが取れた」と言っています。

このビデオは、昨晩10時か11時ごろにアップしたものですが、既に25回再生されています。
2019/11/04

うっそー!!! 24時間で再生110回・・・。信じられない

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。


 11/3セミナー

画像クリックで動画が始まります



昨晩9時ごろにYouTubeにアップしたビデオが、今見たら、再生が110回となっていた。
いくらYouTubeのSEO対策をしていると言っても、考えられません。
信じ難い事です。

それを目的にしていたのですが、再生回数があまりに多いので、不思議な気持ちになって来ました。
昨晩9時ごろにYouTubeにアップしたビデオが、今見たら、再生が110回となっていた。
いくらYouTubeのSEO対策をしていると言っても、考えられません。
信じ難い事です。

それを目的にしていたのですが、再生回数があまりに多いので、不思議な気持ちになって来ました。
プロの技ならいざ知らず、こちらは素人ですので、ありえない事です。
何ででしょうかねー。

ですから、明日も動画を投稿してみようかと考えています。
明日は、非常に簡単な「肩凝りの治し方」です。

さて、再生回数がどうなることやら!