FC2ブログ
2019/08/31

息を大きく吸うと耳が詰まる感じで、首の付け根が凝って辛い!

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



写真① 鎖骨下筋への刺鍼 




写真② 鎖骨下筋の構造 



以下のように訴えて来た方がいました。

① 息を大きく吸うと耳が詰まるような感じがする(高い所に登った時やトンネルの中のような感じ)
② 特に右足が、朝にこむら返りをする
③ 背中の首の付け根辺りが凝ってシンドイ。

脈を診ると、肺の脈が弱い。
そこで、七星論で云う「六臓診」をしたら、やはり肺がおかしい。
※ 六臓診とは、異変のある臓腑の反応を、体表から確認する診断法です

肺や大腸の異変は鎖骨下筋に出るので、そこが治療点にもなります。
ですから、写真①のように鎖骨下筋に刺鍼しました。
画像ではわかり難いのですが、写真①で黄色い円で囲んだところですが、写真②で記した「鎖骨下筋」への刺鍼です。

鎖骨下筋は胸骨から起り、鎖骨の下側に停止する深層筋です。
大胸筋に覆われているのでわかり難いのですが、慣れると簡単に触れるようになります。
この筋肉は、鎖骨と胸骨をつないで安定させる働きを持っていますが、それ以外にも重要な働きがあります。

それは、鎖骨下筋を支配する鎖骨下筋神経に横隔神経が吻合していることです。
横隔膜は呼吸をするときに活躍する膜なので、呼吸器疾患などがあると影響を受けると考えられます。
そして、肺や心臓や横隔膜にストレスがかかると、過度に筋スパズム(持続的な筋緊張の亢進状態を起こすこと)で線維化していくことがあります。

そうなると、脈管系や靭帯系に影響を及ぼす可能性が出てくるわけです。
鎖骨下筋の関連臓器とされる肝臓は、横隔膜との接点に横隔神経があるので、そこでの影響を受けることも十分可能性があると考えられています。
参考:東洋医学では「肝は筋膜を主る」と云います。また、七星論では、肝と肺は対応経絡として診断や治療に使います。

そして、鎖骨先端で「肩鎖関節」を作り、肩甲骨ともつながるので、上部脊椎にも影響を与えます。
つまり、鎖骨下筋の異変で、脊椎まで異変を起こすことがあるということです。
その結果として、首の付け根が凝ってくるわけです。

首の凝りは、顎関節にも影響を与えて耳管を圧迫して狭窄を起こす場合もあります。
風邪を引いたときやエレベータに乗った時に、そのような症状になる人もいます。
それを「耳管狭窄症」というのですが、「強い首の凝り」でもそのようになる場合があるのです。

となると、この方の症状の根本的な原因を探ろうとすると、多かれ少なかれ「肺」と「肝」に関係していることがわかります。
「大きな呼吸で耳閉感」
「こむら返り」
「首の付け根の凝り」

ですから、鎖骨下筋に刺鍼して、鎖骨下筋の過緊張を取ってあげがわけです。
刺鍼後は、大きな呼吸をして、楽になった表情を見せていまして、首の付け根も楽になった様子でした。
ただ、こむら返りは、こむら返りが起こらないわからないので、それは後日に聞くことにしましたが、「肝は筋膜を主る」で、こむら返りの根本的な原因「肝」と考えますので、肝の治療も加えておきました。

治療は、足関三穴、陰査穴、肝臓部への刺鍼を主に行い、特に「耳への治療」はしませんでした。
2019/08/30

首を後ろに倒すと首の右側が痛い。左膝も痛い:回旋鍼と足関三穴

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。

 

これで首がメチャ痛いです      あー、首が倒れました


 

左の膝も痛いですよ         あはは、痛くないですね



「首を後ろに倒すと右首が痛い」という方が来られました。
「どれぐらい倒れるの?」と聞くと、首を後ろに倒し、
「これ、これでメチャ首が痛いです」と言う。

「はいはいはい。面白い治療法を考えたので、それでやってみましょう」と言うと、
「先生のところに来るときは、いつも違うことをしてくれるので、何をしてくれるか楽しみです」と言う。
「えっ? そりゃその時の症状によってやり方は多少違いますよ」と言いながら、回旋鍼の準備をして。

「あ、写真撮らせてくれない? ブログの記事に使いたいので……」
「いいですよ」
「では、後ろから撮りますね」

「横からでもいいですよ」
「顔がわかりますよ、いいんですかァー」
「いいですよ」

「そう。ありがとう。横からだと角度が分かり易いのでありがたいです」と言いながら写真を撮り、回旋鍼をしました。
回旋鍼をするのは、1分もかかりませんので、鍼をした後、

「はい。首を後ろに倒してみて」と言うと、首を後ろに倒し、
「あ、倒れやすいです。でもまだ少し突っ張ります」と言うので、
「ああ、この鍼はジワーッと効いてくる鍼で、ちょっとだけ時間がかかるんです」と言いながら、背中や腰などを触りながら症状の話をしました。

それから再び頭を後ろに倒してもらうと、
「あー、痛くないです」と言う。

次は左膝です。
「膝はずっと痛いいんですか?」と聞くと、
「歩いても痛いので、ここまでくるのも痛かったです。特に屈伸すると痛みます」と言う。

脚長差を見ると、右足のほうが長いので、
「膝が痛いのは左でも、原因は右にあるようですねー」と言いながら、右骨盤の調整をしてから、足関三穴をしました。

「はい。ベッドから降りて屈伸運動をしてみてください」と言うと、ベッドから降りて、ゆっくり膝を曲げて、

「あはは、痛くないです(^o^)」と言う。

そのようなことをしてから、再び首の状態を聞くと、
「やっぱり、まだ少し違和感があります」というので、頚椎を探ってみたら、頚椎2番が右側にスライドしていたので、そのまま手技で頚椎を矯正。
手技での頚椎調整は、1~2分で終わるので、頚椎を調整してから、

「どう?」と聞くと、頭を後ろに倒して、

「はい。突っ張ってるのもなくなりました」と言いながら、首を左右にクイクイっと倒し、症状が消えたことを見せてくれました。

この方は「回旋鍼と足関三穴」のために来てくれたような患者さんでした。(^_^;)
2019/08/29

急性胃腸炎後 :骨盤が滑らかになった :足関三穴と回旋鍼

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。

足関三穴と回旋鍼

24秒の動画です:画像クリックで再生



先日、友達と一緒に来られた患者さんですが、友達の「足関三穴と回旋鍼」の治療法を見て、
「私は? 私は? 私も~~!」と言うので、足関三穴と回旋鍼をしたら、動画のような変化が出て、友達も喜んで手を叩いていました。

そして、動画にもありますが、「骨盤が柔らかくなった。ギシギシしない」と喜んでいました。
この方は、最近「急性胃腸炎」を患った方で、闘病中は「何も食べられなかった」と話していました。
そして、左腸骨稜の上あたり(下降結腸と関係する)に痛みを訴えていましたので、下降結腸への治療も加えておきました。

先日の臨床実践塾でも解説したのですが、足関三穴や回旋鍼にプラスする治療点というのがあり、その「プラスの治療点」を加えることは、治療効果の確率を高くします。
主な「プラス治療点」には、肝査穴や腎査穴がありますが、二陰交を加えることもあります。

よく使うのが「肝査穴」で、「肝からの症状」と思われたときに使います。
次によく使うのが「腎査穴」で、これも時々使います。
そして、「二陰交」を使う場合もあります。

二陰交とは何かというと、肝経と脾経が交わると考えられる七星鍼法独自の経穴です。
この二陰交というのは、使い勝手のいいもので、肝経と脾経の異変に使います。
人体惑星試論(七星論)では、エネルギーの流れが、木(肝・胆)から土(脾・胃)に流れるので、肝経だけでもいいのですが、脾虚が強く出ている場合には、肝と脾を同時に「補」した方がいいので、そのような場合に「二陰交」を使うわけです。

この方の「急性胃腸炎」は、肝と関係しているようでしたので、肝査穴を使いましたが、二陰交でも「有効」だったと思われます。

足関三穴と回旋鍼だけでも症状は治められるのですが、なぜ肝査穴や腎査穴、あるいは二陰交を加えるかというと、再発を防ぐためです。
そこが鍼灸の面白いところで、一穴(一点)で臓腑の治療をすることができるので、それを使えば、早く回復させることが出来ると考えているのです。
2019/08/28

美脚:回旋鍼と足関三穴の実技では驚きました \(◎o◎)/!

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



この先生はバレリーナではないのに…… 




内転筋群のイラスト 



相撲で「股割り」というのがありますが、「股割りをすることでケガが少なくなる」と、元・力士から聞いたことがあります。
詳しくは知らないのですが、内転筋が柔らかくなることで、足の動きが良くなるのは想像できるので、その観点で考えると、「ケガが少なくなる」というのは納得できます。

また最近では、スクワットで「美脚に効果的」とか「ダイエット効果」や「太もも筋トレ」としても内転筋を鍛えるのが流行っているようです。
それは治療の立場から考えても、十分納得できることです。

ただ、若い人ならいいのですが、ある程度年齢を重ねた方々にとっては、「スクワット」そのものが辛いものです。
私は、一か所に居て体を動かすスクワットが辛いと考えるので、時々、早歩きの散歩に出かけています。(^_^;)

さて、美容目的での「股割り」なら、筋肉を締めることで「脚はキレイになる」はずですが、健康目的ではどのようになるのでしょうか。
内転筋群とは、足を内転させるための、いくつかの筋肉のことです。
大内転筋、短内転筋、長内転筋、恥骨筋、薄筋などがそれに当たります。

それらの筋肉は、

① 股関節を内転させたり屈曲したりする

② 骨盤の横への移動を安定させる

③ 大腿骨を内転させたり外旋したり屈曲させたりする

④ 下腿を屈曲させたり内旋させたりする

という働きがありますが、主には下肢の内転にありますので、歩行時や立位時の下肢の安定、下腿を使う動作をスムーズにするなどに役立っています。

つまり、それらの筋肉に異変が起こると、歩行時に足の運びが上手くいかないということです。
そうなると、少しの段差で捻挫したり、畳の間で転んだり、腰痛が出たりするわけです。
そして、もっと大切なことは、そこに凝りができると、内臓に異変が起こることです。

内臓の異変とは何かと言いますと、上の「内転筋群のイラスト」を見るとわかると思いますが、そこには重要な経絡が流れているのです。
「脾経、肝経、腎経」になるのですが、この三つの経絡は、七星論ではかなり重視していまして、「七星一穴鍼法」でも、この「足関三穴」の補助穴としても、なくてはならない経絡なのです。

ですから、「その人の内臓に問題がないかどうか」を診るのにも、内転筋群を利用する場合があり、長い間「一気に内転筋群を整える方法はないものか」と考えていました。
そして生まれてきたのが、「足関三穴」だったのです。

しかし、足関三穴では捻れまで上手く取れません。
そこで考え出したのが「回旋鍼」になったわけです。

いわゆる、この二つの操法は、私が考えてきた鍼灸治療の総括とも言えるテクニックになるわけです。
2019/08/27

回旋鍼と足関三穴を使い開脚の実験

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




自分で自分に鍼をして回旋鍼や足関三穴の効果を確認 



先日の臨床実践塾は、実技をメインに行いました。
実験では捻れの角度を確認する方法も行ったのですが、 こちらのビデオ を見ると、どれだけ効果があるかがわかると思います。

このモデルになっている方は、第一部の≪なざツボは効くの?≫に参加された一般の方で、鍼灸師でもなければ、治療関係の仕事をしている方ではありません、
もちろん、私が雇った「治療モデル」でもありません。
主婦の方です。

それから、全身の筋肉や腱の治療法に入っていったのですが、下半身では腰を前後に曲げる動作や、股を大きく広げる開脚で確認するようにしました。
すると、ビフォーでは硬くて曲がらなかった腰が曲がるようになったり、開脚がスムーズになったりしていました。

これは、単にパフォーマンスでやったのではなく、下半身の動きが悪いと、股関節や膝の痛み、あるいは転倒しやすいことが起こってくるので、その予防として役立てるためです。
たとえば、前屈が難しいと、太ももの後ろ(ハムストリングス)が張ってきますので、歩くとき歩幅が小さくなってきます。
その結果、歩くのが遅くなったり、急な動作が出来ずに転んだりするのです。

ですから、テレビの健康番組でも、太ももの内側や裏側の筋肉を伸ばすことが重要であるとして、ストレッチなどを紹介しています。
しかし、実際にストレッチをやっている人は何%ぐらいでしょうか。
おそらく、テレビを見た瞬間はやるかも知れませんが、2日も経ったら忘れているのではないでしょうか。

だから、我々治療師は、股関節の硬い人がいると、股関節や内転筋群を調整してあげるのです。
膝痛や足首の異変などは、臨床で多く診る症状ですが、そこだけ診てはダメなんです。
そこだけ治しても、すぐに元に戻るからです。

根本的に治すのなら、骨盤周囲の調整と臓腑の異変を整える必要があるのです。
「えっ? 臓腑?」と思った方も多いと思いますが、そうなんです。
多くの症状は臓腑の異変から来ているのです。
と言っても、臓腑の異変は、すぐには病院の検査や体の症状としては出てこないのです。

ですから、患者さんには臓腑の話はしなくてもいいのですが、臓腑を整えてあげることが大切だと考えているのです。
何故なら、臓腑を整えることで再発防止ができるからです。
逆に言うと、症状のある部位だけを治療するのは、根本的な治療がなされてないので、再発しやすいのです。

膝が痛いからといって、膝だけを触っても、その場では楽になりますが、すぐに再発してしまいます。
中医学でもそうですが、私が考える「再発しない治療」とは、臓腑の治療を含めた治療法だと考えているのです。

それが「回旋鍼と足関三穴」と考えているわけです。
回旋鍼と足関三穴を使うことで、脈診のできない人でも、診断が得意でない人でも、いろんな部位の調整と、臓腑の調整ができるからです。
2019/08/26

回旋鍼と足関三穴をYouTubeにアップしました(昨日の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。

 回旋鍼と足関三穴

画像クリックで動画を再生



臨床実践塾第一部の後半で行なった「回旋鍼と足関三穴の動画」を公開しました。
モデルになってくれた方は、第一部に参加された方で、前にも当院で「回旋鍼と足関三穴」で治療をしたことがある方です。

しかし、一切「やらせ」や「打ち合わせ」はしていませんし、治療動画の「モデル」でもありません。
職業は、主婦です。

この方は、椎間板ヘルニアがあり、MRI画像で見ると、驚くほどヘルニアが出ており、大病院でも、「今手術しなければ歩けなくなる」と言われた方です。
しかし、鍼を怖がるので、巨鍼を使ったことはありません。

そんな方ですが、回旋鍼や足関三穴を使うことで、瞬間的に体の動きが良くなるのです。
今度の臨床実践塾に参加された方々も、回旋鍼と足関三穴の効果を実感していました。

ほんとに「回旋鍼と足関三穴」は凄いと思います。
2019/08/26

子宮を温める方法 (昨日の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



左が小林先生。右が大山先生 




子宮が温まる方法の解説 



昨日の臨床実践塾第一部は、『なぜツボは効くの?』の著者である、小林里佳先生と大山翔子先生のお話でした。
内容は、電子出版の方法や苦労した作業などのお話で、電子出版を考えている方々にとっては、多くのヒントがあったと思います。

出版方法は、「Kindleでの出版方法」ですので、専門用語や画像処理に使うソフト話なども出てきましたので、正直言って、私はわからなところもありました。(^_^;)
最終的には「紙出版」になりましたが、小林先生はKindleでの出版方法を把握しているようですので、電子出版を希望される方々がいましたら、再度小林先生に来阪してもらい、具体的な作業方法を詳しく説明してもらおうかと考えています。

話は変わりまして、この本の使い方ですが、この本に七星の流れと臓腑の関係をイラストで描いたところがあり、そのページを開いて、患者さんに見せながら説明すると、東洋医学の知識のない患者さんでも納得してくれるとのことでした。
そのことは、私も実感していまして、この本のイラストで「紙芝居」を作って、解説するのもいいかも知れないと考えていたのです。

そして、治療師の方々が興味を持ったのは多分、小林先生秘伝の「子宮を温める方法のお話」ではなかったかと思いました。
治療師だけでなく、一般の方々参加して頂きましたが、後ろから見ていると、「うん、うん」と頷きながら聞いていましたので、納得したのだと思います。

その方法は、当院でも今後試してみるつもりですが、他の方も「やってみます」と言っていたので、そのうち「流行る」かも知れません。
方法は、間接灸(肌とお灸の間に何かを挟む)ですので、火傷の心配もなく、「気持ちいい」で終わってしまう方法ですので、女性に人気が出るのではないでしょうか。

子宮が温まると言うことは、不妊症はもちろんですが、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、甲状腺疾患、更年期障害、瘦せる、肥満、尿漏れ、冷え性等々の予防にも役立つと考えられているからです。
※ がんは体温の低い人に発生しやすい

女性は思春期になるとエストロゲンの分泌が増えて大人に成長しますが、性機能が成熟するとエストロゲンの分泌が安定し、妊娠や出産のための準備が整います。
そのエストロゲンとは、女性ホルモンの一種で、排卵や生理のサイクルを整えてくれるだけでなく、自律神経やコレステロールの調整、それに認知機能や骨量を保つなどの働きがあります。

そしてエストロゲンは、別名「美人ホルモン」とも呼ばれていて、全身を綺麗にして健康を保ってくれるホルモンとも言われているのです。
子宮を温めるだけで、このような恩恵があるのですから、やってみたほうがよさそうです。
昨日の臨床実践塾は、そんな「ためになるお話」がありました。


小林先生は、長野で治療院を営んでいますので、講演が済んでから帰られたのですが、なんと、

「夜行バスで帰る」と言うのです。

「しんどいでしょう」と聞くと、

「電車で帰るとしても、乗り換えがあるので、バスで寝ている方が楽です」と笑いながら応えていました。

大山先生にもお話するように促したのですが、昔から「奥手」ですので、手を振って「いえいえ」と返事をして、結局なにも話さずに帰って行きました。(^_^;)

両先生、ありがとうございました。
2019/08/24

明日の臨床実践塾第一部「出版記念講演」が楽しみです (8/25臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



売れてます。(^o^) 



新城針灸治療院の患者さんは第一部だけですが無料招待です。
もう少し残席がございます。
実践塾第一部の講師は、小林里佳先生で、長野から来られます。

小林先生から講演資料が送られてきました。
内容を読んでみると、電子出版についてまとめられていました。
Kindle出版について、その手続きや画像編集の仕方なども解説するようで、詳しいことは言えませんが、自費出版を考えている方々にとってはかなり勉強になると思います。

私も早く聴きたい内容なので、待ち遠しいです。

小林先生は、関西での生活も長いので、その間に巫女さんのアルバイトなどで、お正月は巫女さんになったりしていました。
がしかし、その頃はお酒もよく飲んでいました。(^o^)
※ その頃の新城針灸治療院は、皆お酒が強い人ばかりでした

今回は、どんな話になるか、ほんとに楽しみです。
英語も堪能なので、英語の講演になるかも、、、、、、。それはないです。
2019/08/23

回旋鍼の治療効果を見てもらうための方法 (8/25臨床実践塾準備)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。

 

写真① 僧帽筋          写真② 両手を前で合わせて捻じる


 

写真③ 腰に手を当てて捻じる    写真④ 頭の後ろで指を組んで



今度の臨床実践塾のテキストは「レジメ」だけになります。


回旋鍼は、どちらかと言うと、「氣の流れ」(エネルギーの流れ)を調整するようなものですのでので、足関三穴のようなアクションは少ないのですが、ジワーッと効いているのがわかります。
頭からゆっくり首、肩、上肢、体幹、下肢と伝わって行ってるように感じるのです。

頭や頭に近い部位では即効性があるのですが、頭から離れるほどに、「時間差攻撃」のように効果が出てくるからです。
この「時間差攻撃的な方法」は、治療師にとって有利なテクニックになります。
その効果の出方は鍼灸治療の特徴でもあると思いますが……。

ゴルフを教えている先生が来られるのですが、
昨日は、その先生が紹介した方の付き添いで来られました。
そして、帰りの玄関で、
「回旋鍼の効果が長持ちする方法を考えてくださいよ」と言っていました。

こちらの先生に回旋鍼をした覚えはなかったので、一瞬「ん?」と思ったのですが、もしかしたら回旋鍼をしたかも知れないと思い直し、
「今のままでも1日ぐらいは持つと思いますけどねぇ。でも、もっと長持ちするように考えておきます」と返事をしておきました。

それで、回旋鍼で捻れが矯正できることは、これまでの臨床でわかっていますので、今回は、
「回旋鍼の効果を分かり易く見せるためには、どのような検出方法を使えばいいのか」を課題にして、患者さんにも協力してもらいながら行いました。

当院の患者さんは協力的な方が多いので助かります。m(__)m

頭だけを左右に捻じってもいいのですが、胸椎の捻れも調べないと、ゴルフやテニス、バドミントンなど、上半身を捻るスポーツに役立ちません。
ですから、胸椎を捻る評価法を検討してみたのです。

胸椎の場合は、腕を挙げると、写真①の「僧帽筋」に力が入り、胸椎が緊張して、胸椎が少し固定された状態になります。
ですから、状態を捻ると写真②のように捻じりにくくなりますので、その状態と、腕に力を入れずに捻じった状態で、どれだけ変化があるかを調べてみました。

写真③は、手を腰に当てて捻じってもらいましたが、胸椎の捻れを診るのは、これが一番いい方法だと思います。
しかし、これは「見てもらう」という点においては、ちょっとわかり難いと思います。

写真④は、頭の後ろで指を組んでいますので、しっかり胸椎が固定されてしまいますので、潜伏した歪みが矯正されたかどうかを診るのに適していると思います。
これらの写真②③④は、いずれもこれまでやってきた方法で、このブログでもちょくちょく書いてきたものです。

その中で、「治療効果の持続性を調べる」ための方法は、どれがいいのかをこれからスタッフに協力してもらいながらテストをしていこうかと考えています。
2019/08/22

肩関節内側の前面が痛い:回旋鍼 ・足関三穴 (8/25臨床実践塾準備)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。

 

写真①ここが痛い           写真②三角筋


「肩関節の前面が痛い」という方がいましたので、痛みのあるところを確認すると、大胸筋か三角筋前面の痛みのようでした。
写真①は患者さんが痛むと言うころで、写真②は大胸筋です。

大胸筋も、4つに分けて、それぞれ名称が違います。
上から言いますと、

① 鎖骨部
② 胸骨部
③ 肋骨部
④ 腹部線維

となりますが、この方の場合は鎖骨部になります。
つまり、鎖骨の異変も絡んでいると考えるわけです。
解剖を見るとわかるのですが、大胸筋の前には三角筋が被さっています。
つまり、三角筋の前部と重なっているわけです。

しかし、腕の動きに問題はなかったので、三角筋ではなく大胸筋と判断したわけです。
大胸筋と判断したもう一つの理由は、心包経(心筋)にも異変があったからです。
(心包の異変は壇中への押圧で痛みがあります)

心臓や心包に異変があると、左上半身に異変が出やすいものです。
ですから、壇中に千年灸をしても痛みを消すことはできます。
ほんとは「直灸」のほうがいいのですが、若い女性にはできません。

痛みの部位を確認するためと写真を撮るために、痛む部位をスタッフに指で差してもらい、本人に確認してもらい、写真を撮らせていただきました。(写真①)
それで、その部をちょっと抑えてもらうと、
「そこそこそこ」と言っていました。(笑)

治し方はいろいろあるのですが、痛みのある部位は触りません。
つまり、患部には何もしないのです。
患部に鍼をしたり、手指で筋肉を解したりすると、治ったかどうかの確認ができないし、そこに原因があるとは考えないからです。

なので、当院で今流行っている「回旋鍼と足関三穴」を使うことにしました。
回旋鍼の対象かどうかを検査する方法もあるのですが、寝た状態でしたので、検査ができませんでした。
だから軽く押さえてもらったわけです。
回旋鍼の対象を診るためには、体を捻るように押して確認しますが、これは  8月25日の臨床実践塾 で公開します。

で、治療結果はというと、もちろん痛みは消えていましたが、治療がほとんど終わるころに思い出し、

「あ、肩の前の痛みは?」と聞くと、

「ん~ん、痛くないですよ」と答えていました。

「これで治る」と思い込んでいるものですから、治療後の確認を忘れていたのです。(笑)
回旋鍼は体の捻れを整えてくれるからだと思いますが、鎖骨に関するヒズミが取れたということは、脊椎の捻れも取れたと考えていいので、「回旋鍼」の応用範囲もかなり広くなりそうです。