FC2ブログ
2018/11/30

左足、左中指、左腕、左耳の珍しい臨床例 

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。


このような感じで引っ張ったらしいです 



治ったみたいですねー。おかしいわー 



昨日来られた患者さんで、以下のようなことを訴える方がいました。
====================================
① 左足が冷たくなってふくらはぎがよく吊る。
② 左薬指を引っ張った時に違和感が出て、その後から200mくらい歩いたら、左腕が重だるくなる
③ 左腰にかゆみが出てきた
④ 左耳をかいたらせき込むようになってしまった(左薬指が原因かと思い気になる)
====================================

この問診表を見て、すぐに「三焦経がおかしい」と思いました。
それから脈診をしたのですが、やはり三焦経がおかしいので、とりあえず自律神経を整えるために、頚椎1番を「新・頚椎矯正法」で調整してから、左足の傍谷穴(ぼうこくけつ)に1個だけお灸をすることにした。
お灸をスタッフに頼んだのですが、お灸が済んで、スタッフが私のところに来たので、

「どう?」と聞くと、

「治ったみたいですよ」と言うので、

「どこが?」と聞くと、

「足が」と言うのでそのブースに行き

「どうですか?」と聞くと、太ももを触りながら、

「治ったみたいですね。おかしいわー」と言う。

そこで、

「ブログのネタにしたいので、写真を撮らせてくれませんか」と聞くと、前にも写真を撮らせてもらった方でしたので、

「いいですよ。どうしたらいいですか?」とすぐにOKのサインが出た。

さて、その「傍谷穴ですが、当院では、「足の三焦経」としてよく使います。
このツボは、消化器系の異変や胆経の異変で使うのが多いのですが、胆経の場合は、臨泣と圧痛の強さを観て、傍谷に強い痛みが出た場合に使います。

この方は、左傍谷穴を押したら、我慢できないような痛みがありましたので、そこに1壮だけお灸をしたのです。
足も手の指も耳も、全てが三焦経の関連だと判断したので、傍谷穴を押してみたのですが、「こんなにもはっきりと三焦経に現れる」とは、非常に珍しい症例です。

それで、治療が済んでから、待合のイスに座っていましたので、何かを話しかけようとしたら、

「でも、おかしいねー。足で、手も耳も治るんですねー。私もっと長生きしそうやわー」と笑いながら話していました。
2018/11/29

頸椎矯正のリピートがありました

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



頚椎の歪みの診方から練習していきます



先日の臨床実践塾で公開した「頸椎矯正法」は、やっぱり効果が良かったようです。
何故なら、今朝来られた方が、

「この間の首は調子良かったので、きょうもしてくれませんか」とリピートを要求してきたからです。

~♪^ ♪~ ♬ (^^♪


患者さんには「受けがいい!」というのは、それまでの臨床でもわかっていましたので、
「そうやろー、そうやろー!」という感じで聞いていました。

問題は受講された先生方です。
時間が短かったせいもあり、十分理解できてない方もいて、メールで質問してきた方もいました。
一応メールで説明はしておいたのですが、実技を文章で説明すると勘違いが出たりするので、ちょっと気になります。
あ、でも、その先生はベテランの方ですので、その先生に限って勘違いはないと思います。

さらに、ある方のメールで分かったのですが、上部胸椎を矯正してから頸椎を矯正したほうがいいということです。
それは、頸椎だけ矯正しても、上部胸椎に歪みがあると、首に違和感が残るからです。
そして、上部胸椎に異変を起こした「真犯人」まで見つけないと、完全とは言えないのです。

明後日まで様子を見てから、12月23日に再講習をするかどうかを決めようと思っているのですが、多分再講習をすることになると思います。
再講習では、上部胸椎の矯正や日にちの経過した頸椎異常を整えるための鍼灸も含めて説明していきます。

そして、来年からは、臨床実践塾のやり方を変えようと考えています。
これまでは、当日に、私が考えてきたテクニック(開発したテクニック)を公開していましたが、来年からは、DVDでの受講者を募り、DVDで解説したテクニックを、無料スクーリング方式で解説していこうと考えています。

そうなると、多くの人数ではできませんので、少人数で行うことになります。
少人数になると、学びが深くなるので、「技術修得」を目指す方にとっては、有益になるところがたくさんあるはずです。

これは、「近道」(臨床家への近道)というコンセプトでやっていきますので、これから臨床に入る学生さんや先生方、治療で行き詰った先生方にはとっておきの講習になると思います。

ご期待ください。
2018/11/28

先日の臨床実践塾 仰臥で行う骨盤矯正

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。


第二部での実技 



第二部の後半で、「伏臥での骨盤矯正」として、手技での骨盤矯正法を解説したのですが、時間に追われて、サーッと見てもらうだけになりました。

骨盤矯正法もいろいろありますので、自分が使いやすい方法を使えばいいと考えているのですが、患者さんにとって、座位、伏臥、仰臥を繰り返されるのは、きっとしんどいことだと思います。
そこで、骨盤の構造から考え出したのが、この矯正法です。

伏臥のままで行なえる、この骨盤矯正法は、伏臥になったままで行う操法です。
骨盤は、仙骨と寛骨(腸骨・恥骨・坐骨)から構成されているのですが、「骨盤が歪む」というのは、言い替えると、それらの骨を結んでいる靭帯の歪みということになります。

つまり、靭帯が何らかの原因で縮んだり、緩んだり、左右差が出たりしたときに、骨盤が歪み、仙腸関節や股関節に障害を起こすわけです。
ですから、伏臥のままで、靭帯を整え、骨格を動かすことができれば、骨盤は矯正されることになります。

具体的には、仮に腸骨(腰の横の骨)が捻じれたとしますと、伏臥になってもそれを診ることができますので、伏臥の状態で、飛び出ていると思わる腸骨があれば、それは腸骨が内側に捻じれていますので、飛び出た部位を押えて、腸骨の捻じれを取ればいいわけです。

と言っても、腸骨は前傾や後傾も起こすので、ただ押し込むだけでは治まりません。
ですから先に、腸骨の前傾や後傾を整えてから、捻じれを矯正したほうがいいのです。

これは当院で、腸骨の前傾矯正の時に使うテクニックを展開させたものですが、前傾矯正をすると、仙腸関節が動きますので、そのついでに骨盤の歪みも取れるのではないかと考えたのが始まりです。

ただ、骨盤の軽い捻じれならこれで取れますが、骨盤の捻じれが起こって時間が経ったものや、捻じれが強かったりした場合の矯正には適していません。
つまり、軽い捻じれと言いますか、体幹や下腿に何らかの障害が出たせいで、骨盤が捻じれているという時などに用います。

この治療法の便利なところは、他の治療をしながら、「骨盤をもうちょっと動かしたい」と言う時に、体位を変えずにそのまま矯正できることです。

先日の実践塾では、この矯正法の解説も時間がなかったので、早口で解説し、モデルになった方を、ササーッと動かしてデモンストレーションをしたので、わかり難くかったと思います。
ですから、12月23日は、「頚椎矯正法」と一緒に、この矯正法もやった方がいいように考えています。
あ、その場合は、11月25日に参加した方々は無料にさせて頂きます。

※ 12月23日の実践塾参加募集の追加は5名ですので、ご了承ください。
2018/11/27

臨床実践塾 第二部 ≪めまいと特殊な症状の診断と治療≫

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。


頚椎でかなり苦しんだ方のレントゲンで歪みの説明をしました 



タイトルは、≪めまいと特殊な症状の診断と治療≫としましたが、私の持ち時間が短かったので、メインとなる「頚椎の矯正」に重点を置いて解説と実技をしました。
と言っても、先ずはめまいについても、私の治療法を解説する必要があるので、めまいの解説から行ないました。

「めまいの原因」はネットで検索すれば、現代医学での原因がたくさん出てきますし、治療法も出てきます。
治療法と言っても、お薬がメインですので、これは病院に行かなければなりません。

ただ、その中で、当院に来られためまいの患者さんも効果があったという「エプリー法」というのがあります。
これは、耳の中の「浮遊耳石」を動かす方法で、頭を下げた状態で寝て、①頭を左に向き、②右に向き、③体も右に向け、④起きて座る、というユニークなものですので、簡単に説明しておきました。

それからすぐに「頚椎の新しい矯正法」の解説に入りました。
私もいろいろな頚椎矯正法を学びながら、それぞれのテクニックを臨床にも取り入れてきましたが、今回の矯正法は私が考えたもので、すごい効果のある矯正法です。
デモンストレーションで、モデルになった方は、矯正をしてから、

「これでだいぶ首が軽くなったはずです」と言うと、

「はい。腕にシビレがありましたが、やってもらっている途中からシビレが取れてきていました」と言っておりました。
また、実技の解説をしながらモデルになってもらった方は、しばらくしてから、私のところに寄って来て

「これって、時間とともに効果が出てくるんですか? 矯正してもらったさっきよりだいぶ楽になってきました」と話していました。

とりあえず、治療効果のことはそれぐらいにしますが、テクニックとしては簡単な方法ですので、おそらく参加された方々は、実践塾の翌日から臨床に使い、その効果に驚いているはずです。

「とにかくすごい」と思います。
非常にソフトな矯正法なのに、頚椎が上手く矯正できるのです。
そして、時間もかかりません。
準備に1分。
矯正に1~2分。
というところです。

今度の実践塾では時間が短かったので、「説明不十分だっただろうなー」と心配していましたが、昨日入った質問のメールには、頚椎の手技に関しての質問ありませんでした。
ただ、お一人だけ(昔?)顎関節症をした方がいましたので、その方だけ足に鍼をしたものですから、
「その鍼はどのような時に使うのでしょか?」という質問はありました。

ひょんなことから考え出した治療法ですが、使えば使うほど「教えたくない!」と思うほどのテクニックなのです。(^_^;)
私は今後、多分、これまで学んで来た「頚椎矯正法」は、ほとんど使うことはないと思います。
このテクニックがあれば、これまでの「頚椎矯正法」が必要ないと思えるからです。

これから50人、100人と臨床をしていくと、さらにはっきりしてきますが、こんなに論理的で、こんなに効果があり、こんなにソフトで、こんなに即効性のある矯正法は、(私の中では)、今後しばらく見つけることができないだろうと考えています。
そして、この方法なら、手技療法の苦手な鍼灸師でも取り入れることができるという利点もあります。

どこまで発展させられるかは課題ですが、おそらく先日の実践塾に参加された先生方からも「いい報告」があるものと期待しております。

先日の臨床実践塾は、「日本伝統鍼灸学会」や「大阪マラソン大会」などと重なり、実践塾に参加できなかった方々がいましたので、この「頚椎矯正法は、もう一度講習したほうがいい」のではないかと考えているところです。
これは絶対勉強していたほうがいいと強く思うからです。

ですから、今週の木、金、土(11/29~12/1)の治療日で検討して、「もう一度やる」となれば、来週にはこのブログでご報告したいと思います。
開催日は12月23日です。

興味のある方は、新城針灸治療院:06-6765-7622の留守番電話に留守録をしていただければ、折り返し電話させて頂きます。
※ 追加募集人数は5名ですので、先着順の受け付けにさせて頂きます。
2018/11/26

この人は君子なり

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。


パソコンに打ち込む様子



アントレプレナーの勉強をするのに、「人間学」を学ばせてもらいました。
人間学とは、簡単に言うと「人間の本質を哲学的に研究する学問」と辞書には書かれていますが、「人間の精神や身体のあり方などの行為に関する学問」という解説もします。

人間学では、『論語』も勉強しましたが、この論語がまた面白い。
「なるほど、なるほど……」と読み進めてしまいます。
そして、何よりも面白いと思ったのは、読むときの「自分の心境」で、読み方が違うことです。
ですから、きょう読んだ内容を1か月後に読んで見ると、違う意味に解釈されるのです。

でも、違わないのがあります。
それは、「君子」のあり方です。
論語には、頻繁に「君子」という言葉が出てきますが、論語でいう「君子」とは、儒教でいうところの「仁・義・礼・智・信」を備えた人であり、「常に人のことを考えて行動する人」のことです。

固いことのように聞こえるかも知れませんが、固いことはありません。
たとえば、『論語』に
【君子は徳を懐い(おもい)、小人は土(ど)を懐う】(君子は政治のための道徳を考えるが、小人は自己の利益につながる郷土のことを考える)という内容の一説があります。

つまり、相手や皆さんのことを考えるのか、自分のことだけを考えるのかということです。
自分のことだけ考えていては「つまらない人」になってしまいます。
その「つまらない人」のことを論語では「小人」という言葉で表現しています。
「小さい人間」という意味ですね。

上の写真は、1990年(28年前)に私がワープロで書いて出版した本ですが、在庫などはありません。
1冊だけ当院の本棚に並べてあるので、それを読んだ方々から、「再販しないの?」と聞かれました。
しかし、昔のワープロ原稿なので、フロッピーもないし、打ち込むとなると大変な作業になるので、そのままになっています。

今年から当院で勤め始めたスタッフが、

「先生、これ面白いし、わかりやすいので、再販しないんですか?」と言ってきました。

「あ、これねー。この本は駆け出しの時に書いた本だけど、意外に人気があって、何人もの方から再販を言われるのですが、打ち込む時間がないんです」と言うと、

「私が打ち込みましょうか」と言う。

「ほんとー? 大変ですよー」

「打ち込んでいいですか? これは患者さんにも役立つと思うので……」

「いいんですか? やってくれれば助かるけど……」

「はい。わかりました」

と、この本を打ち込み始めたのです。

起業するときに最初に考えるべきことは、販売する商品や事業のコンセプトなどですが、並行して、「顧客は何を求めているのか」ということも考えます。
それを考えるときに、「自分はどう思うのか」というのを基本にします。
つまり、「自分が考える商品はこのような商品」というのを基本にするわけです。

そのように考えながら起業したなら、それなりに伸びていくと言われます。
そして、そこに「君子の心」があれば、尚よしというわけです。
「こういうものがあったら、皆さんが助かるだろうなー」と考えることができるかどうかになるわけです。

「国民のことを考えて仕事をする」のは、政治家だけの問題ではありません。
我々も、人のことを考えながら仕事をすることが求められているのです。
それが「君子への道」だと考えるわけです。
スタッフがそれを行動で示してくれました。

治療の合間に打ち込んでいるので、時間はかかると思いますが、すでに行動に起こしていますので、出来上がるのは時間の問題です。
出来上がりましたら、またこのブログで紹介するつもりです。
そのときは、私ではなく、うちのスタッフを褒めてあげてください。
2018/11/26

昨日の臨床実践塾 第一部≪ドライヘッドスパ≫

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。


やさしく引いていきます



わっ! こんなになっちゃいました



昨日は臨床実践塾でした。
第一部は、第一部は鍼灸学校教員であり、公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)認定のアロマインストラクター・アロマセラピストでもある先生が、≪ドライヘッドスパ≫とテーマして実技中心のセミナーが行なわれました。

こちらの先生は、話が上手く、流暢な流れとリズムで講義をしますので、講義を聴いていても楽しいのですが、きのうは実技が中心でしたので、流暢な手さばきも見せてもらいました。

「さすがです」と掛け声を掛けたくなるような流れで実技を披露してくれました。
そして、参加者全員が交互に実技の練習をしました。
私は頭を触られて、寝てしまいました。(^_^;)
ヘッドスパのテクニックを学ぶのは初めての先生もいましたので、慣れるのにちょっと苦労したかも知れません。

このテクニックで、「なるほど!」と思われたのは、お客さんの頭にタッチするときの指の当て方です。
すぐに指先を当てるのではなく、手のひらや指の腹で優しく、そっと指を当て、その後にテクニックに入るのですが、そのタッチだけで勝負は決まっているような気がしました。

指を当てられた瞬間に、お客さんが「どう感じるか」が研究されていて、
「こうするとドキッとするけど、こうすると、安心感がありますよね。頭を倒すときもこのようにすると首に負担がかかりませんよね」等々と、詳しく説明しながらテクニックを解説していました。

多分、おそらく、ポイントになったのは、
① 頭皮へのタッチ
② 頭皮の筋肉へのタッチ
③ 頭皮の筋肉の動かし方

という辺りではなかったかと思いました。
というのは、美容マッサージと治療マッサージの「境はない」と考えるからで、治療マッサージのテクニックをそのまま美容マッサージに活かせるからです。

ですから、先生からの案内をブログに載せたとき、
「ごっつい手をしてらっしゃる男性の先生、その大きな手と分厚い指がとても気持ちのいい安心感のある施術に繋がります」と書いたのですが、それはこのことだったのです。
つまり、ごっつい手のほうが「気持ちいい」と感じるわけです。

そして、「ドライ」ですので、水は使いません。
水の代わりに、べとつかない、さっと落とせるジェルを使っていました。
それでもジェルですので、マッサージの直後は、2番目の写真のように髪の毛が逆立ちしていました。

それを見つけたので、急いで近寄り、

「な、な、この写真ブログに載せていい?」と聞きましたら、

「いいですよ」と言うので、パチリ

でも、拭き取ったら、「逆立ち」はなくなっていました。
残念!
髪の毛を逆立ちさせたまま道を歩いたら、「見た人がビックリするだろうなー」と思っていたからです。(^_^;)

でもないか、
この頃いろんなヘアースタイルの人がいるので、驚く人も少ないかも知れない。
ただ、それをやる人は勇気がいる。
2018/11/25

手があがらない、後ろに回らない:五十肩の手技療法での治し方 (11/25の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。

 

服が透けていたので加工させてもらいました (^o^)



きょうの実践塾では、中心(脊椎)から波及する歪みと、末端(手足)から波及する歪みの治し方の説明をします。
たまたま昨日来られた方が、「腕が後ろに回らない」と言う、タイムリーな方でした。
正に、  きょうの臨床実践塾  のために来てくれたようなものです。

そこで、
「どんな感じですか。動かしてみてください」と言うと、左の写真のようにしか動きません。
「五十肩みたいですね」と言うと、

「おほほほ、そうなんです。50肩ですよね。70過ぎても五十肩なんですよね、おほほ」と言いながら笑っていました。
そこで、
「写真を撮らせてくれませんか。ブログのネタにしたいので……」と言うと、

「はいはい。いいですよ」と答えてくれました。

それから、
「これは肩の問題ではなくて、肘の問題のようですので、手と肘から治しますね」と言い、手骨の関節と橈尺関節を調整して、

「はい。先ほどのように曲げてみてください」と言うと、腕を後ろに回して、

「あらま! 曲がりましたよ」と言います。

「そうなんです。この場合は、手と肘に問題があったのです」と言い、さらに続けて手関節や肘関節の調整をしましたら、スムーズに動くようになりました。
そこで注意してほしいのは、この写真を撮るまでは、一切肩を触っていません。
理由は、きょうの実践塾で、その話をしようという下心があったのと、肩が痛くなってから時間が経ってなかったからです。
(発症して日にちが経過したのを1回で治すのは無理です)

その後に他の治療にかかりました。
ただ、運動器障害の問題でも、事故などは別にして、自然発生の障害の場合は、必ず臓腑の問題がありますので、他の治療と同時に、問題と思われる臓腑の治療もしておきます。

五十肩の治療で悩んでいる治療師なら、「手首と肘関節だけで治すなんで、そんなの嘘だー!」と言うかも知れませんが、スタッフも見ている前でやっているし、嘘を書いたら信用がなくなるので、嘘は書きません。
2018/11/24

頸椎の椎間板が狭くなった方の治療 (11/25の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



頚椎の左右の歪みがわかります




C-5とC-6が癒合しているのがわかります



「頸椎癒合」と診断された患者さんですが、昨日X線写真を持ってきてくれました。
このX線画像で見てもわかるように、C-5とC-6の椎間がかなり狭くなっています。
「癒合」となると、治療がかなり難しく、症状も激しいものでした。
しかし、24個ほどあった症状も半分以下になったのですが、まだ症状は残っています。

そして、最近開発した「頸椎調整」の方法で頸椎を動かしてみました。
手に伝わってくる感触が、わずかではありましたが、頸椎が動いた感じがしました。
頸椎の調整が終わった後、

「ちょっと首をみてくれませんか?」と言うと、首を動かして、

「あ、楽ですね。楽です」

と言っていました。

手前味噌になりますが、この「頸椎調整法」はすごい感じがします。
今朝も、
「枕の高さが合わないのか、いつも首がおかしいんです」という方がいましたので、sの頸椎調整法で矯正したら、
「あ、肩が軽くなりました。首も楽ですね」と言っていました。

そして、当院スタッフのエステティシャン(鍼灸師)は、先日頸椎矯正を教えるときに、モデルになったのですが、昨日は患者さんに、

「この首の調整は、顔までよくなるようですよ。私は、左の顔が腫れたように膨らんでいる感じがあったのですが、それをやってもらった翌朝、左の腫れがなくなり、右の顔と同じぐらいになっていたのです」と話していました。

これは、エステをやられている方はわかると思いますが、顔の筋肉というのは、首からのつながりですので、頸椎が整うと顔の筋肉も整うわけです。
つまり、顔の筋肉は、顔だけの問題じゃないということです。

明日の臨床実践塾  が楽しみです。

また、ご報告しますね。
2018/11/23

連鎖・連動の実験 (11/25の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。

 



連鎖と連動の実験で、患者さんに協力をお願いして参加してもらった。
これは、足の骨を動かして、股関節や仙腸関節まで調整しようとしたもので、結果的には成功したのではないかと思います。

流れとしては、最初に患者さんへのお願いから始めました。

「あのー、ちょっと股関節や仙腸関節の調整で、足骨を動かしてテストしたのですが、モデルになっていただけますか。あ、ぜんぜん痛くない方法ですので。で、写真も撮らせていただきたいのですが……」

「ええ、いいですよ」

「ありがとう。では最初にテストから行いますねー。はい。足を挙げてみてください」と足上げのテストをしました。
左の写真です。

それから
「ではちょっと足を触らせていただきますね」と足の骨を矯正して、次にTSTという、脊椎を揺らす操法をやって、

「はい。もう一度足上げのテストをしてみますねー」と足を上げたら、

「ええーっ、めっちゃ楽!」と言い、そばで見ていたスタッフも、

「あ!」とか

「ええー!」とかと声を出していました。

これは、  明後日の臨床実践塾  の課題にした「連鎖・連動」を証明するためのものでしたが、治療法としても使える方法です。

ご期待ください。(^o^)
2018/11/22

この頸椎調整は難しくない (11月25日の臨床実践塾)  

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



頸椎調整の実験



私のところは、時間があればなにかの実験をするようにしている。
きょうは、実験の前に(非常に安全な方法なので)、3名の患者さんに使ってみました。

① 耳鳴りがしていた

② 頭がふらふらする

③ 肩がこる

いずれの方も重症ではなかったので、すぐに楽になったので、私としては非常に満足することができました。
頸椎を調整した後、
「どうですか?」と聞くと、一様に
「首がものすごく楽です」と言います。

そして、いよいよスタッフを引きずり込んで実験です。
と言っても、スタッフの方から、
「先生、さっきやってた頸椎調整はどのようにするんですか」と聞いてきたのです。

「絶対内緒にするなら教えますよ (^o^) 」
と言いながら、説明をして、教えるついでに頸椎の矯正までしてあげた。
矯正にかかった時間は、せいぜい2~3分です。

すると、一人は、
「やってもらっているときは、そんなに感じなかったのですが、今起きたら、頭の前がスーッとしてきました」と言い、もう一人は、
「首コリだと思っていたのですが、柔らかくなったみたいで、肩こりが楽になりました。軽いです」
と言っていました。

このテクニックは、  今度の臨床実践塾  で公開しますので、今まで頸椎の矯正に自信のなかった先生方でも、自信を持って、頸椎の矯正ができるようになると思います。