FC2ブログ
2018/10/24

病気や症状を脊柱から考えてみる (10/28の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



脊柱と各部のつながり



脊柱鍼を考えて、臨床に使ってみたら、いろいろな角度に発展していきました。
上のイラストを見てほしいのですが、イラストでは概要だけを書き入れました。
このイラストを見ると、全身の症状と関係することがわかるはずです。

こんなことを言うと、「眉唾もの」と言われるのはわかっているのですが、私が「即効治療・骨格矯正鍼」を校内学術大会で発表したときも、上級生から「眉唾もの」と言われたし、ある鍼灸師会で講演したときも「眉唾もの」のように扱われました。(^_^;)

しかし、現在では「即効的な治療」というのは「当たり前」のようになってきました。
この「脊柱鍼」も、多分ではなく、ほぼ確実に「眉唾もの」と言われるはずです。
大人しく教科書に書かれたことをしゃべっていれば、そんなことは言われないのに、と考えることもあるのですが、教科書に書かれたことでも疑問があれば検証する、追究する、というのが私の「ポリシー」であり、 『人体惑星試論』 のビジョンでもあるからです。

ですから、  今度の臨床実践塾  でも、教科書に書かれてないことを話しますが、臨床家にとっては学ぶことが多いと考えています。
たとえば、

① 首が痛い

② 腰も痛い

③ 膝も痛い

④ 足も痛い

という患者さんが来られたとき、脊柱鍼で即効的に(全てではなくても)痛みが取れたとすると、臨床家としては冥利につきるのではないでしょうか。

これは空想で話しているのではありません。
実は、私もビックリしているのですが、当院に来られた患者さんの治療をしたときの様子を話しているのです。
ですから、スタッフ全員に「他言無用」にしました。

幸い(?)、「10月の臨床実践塾はお休みにするかも知れない」と話してあったので、参加者も少ないと思いますが、時期的に早いので、そのほうがいいと考えています。
何が時期的に早いのかと言うと、理論的なことを急いでまとめている最中だからです。

でもま、上のイラストと実技で説明はできるので、小難しい理論はまとまってなくても実技を覚えるだけで、臨床範囲が大幅に広がるはずです。
「脊柱から病気や症状を考え、脊柱を整えて病気や症状を整えていく」とだけ考え、臨床方法を覚えていただければ、「それでよし」です。

今回は「ケーススタディ」という形にして、臨床写真を見て頂きながら解説していきますので、多分わかりやすいはずです。
2018/10/23

肺・大腸の治療に使う鎖骨下筋 (10/28の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



鎖骨下筋の起始停止



鎖骨下筋の起始は第1肋骨の軟骨境界あたりの前面に付着し、停止は、鎖骨の外側で下面に付着します。
主な働きは、鎖骨を前方や下方に引きます。

この鎖骨下筋は、肺や大腸に異変がある時に過緊張になるので、この過緊張を解いてあげると症状が軽くなります。

肺や大腸に異変がある時に、この筋肉を触るには、患者さんの後方に回り、後ろから鎖骨の下を触るようにすると硬い腱に触れたような感じがします。
この筋に異変がなければ、肺や大腸の異変は深く考えなくてもいいようです。

この筋に過緊張が起こると、鎖骨を通じて肩部の筋にも異変が起こり、脊椎に異変が起こり、肩こりの原因になる場合もあります。
となると、脊椎にも異変が起こりやすくなるので、脊椎の歪みにも関係してくるわけです。
ですから、結論から言いますと、脊椎の歪みを治すには、肺、大腸も整えなければならないということになります。

その場合に、先に脊椎を整えておくと、肺・大腸も整えやすくなるので、脊椎を整えることを考えるのですが、もう一つ問題があります。
それは、仮に大腸の粘膜に異変がある場合、腎臓が関係してきますので、腎臓も整えなければいけないことになります。

そこで出てくるのが「脊柱鍼」です。
脊柱鍼は、腎、胆も同時に調整できますので、腎が整い、大腸の粘膜が整えば、鎖骨下筋も整うわけです。
しかし、臨床では、脊柱鍼⇒腎⇒大腸粘膜という流れがあり、鎖骨下筋が整うまではちょっと時間がかかりますので、鎖骨下筋の異変は鎖骨下筋への治療も加えています。

ただ、鎖骨下筋だけを整えるより、腎、胆も整えていたほうが、治療師としては再発の不安がなくなるので安心できます。
2018/10/21

仙骨が歪んだ時の診断と治療 (10/28の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



このようにお尻が歪んでいる人が多いのですが……



上の写真を見ている方の中には、

「ああ、そんな人もいるんだねー」

なんて考えている人もいると思います。
でも、もしかしたら、自分がそうなっているかも知れないのです。
と言うのは、このようにお尻が歪んでいる方の写真を撮って見せると、みなビックリするからです。
まさか自分がそんなことになっているとは考えていないからです。
自覚症状がない場合が多いからです。

お尻がそのように歪むと、どのような症状が出てくるかと言いますと、

① 腰痛

② 鼠径部筒

③ 仙腸関節痛

④ 股関節外側痛

⑤ 太もも前や裏の引き攣り

⑥ 膝痛

⑦ 足関節痛

⑧ 足趾の関節痛

⑨ 大腿や下腿の筋肉痛

関連痛として

⑩ 首痛

⑪ 顎関節痛

⑫ 肩関節痛

⑬ 肘関節痛

⑭ 手関節通

⑮ 五臓の病変痛

書きあげると切りがないので、それぐらいにしておきますが、これらは当院で診た患者さんの症状を並べてみただけです。

多分、思い当たる人も多いのではないかと思います。
何回治療してもらっても、同じような症状が出てくる人は、特に感じるのではないでしょうか。

何故ですか?
再発を繰り返すと、他に原因があるのではないかと考えるからです。

前回の臨床実践塾でも解説したのですが、このような症状を改善させるには、あるポイントがあるのです。
そのポイントを、ちょっと小難しく説明してみます。

『素問』陰陽応象大論編に、【陰勝てば即ち陽病み、陽勝てば即ち陰病む】【陽勝てば即ち熱し、陰勝てば即ち寒す】というのがあります。
つまり、陽の氣が旺盛であれば熱性の病気が出てくるし、陰の氣が旺盛であれば陰邪(寒邪や湿毒)が盛んになり「寒症」になるというわけです。

写真のような歪みが出ていると、多くが腎に影響が出ていて、腎が寒邪に侵されやすくなり、肝・腎・腸・生殖器等にも異変が出やすいのです。
ですから、写真のような症状が出たときは、私は「腎」から整えるのがいいと考えているわけです。

しかし、腎の治療は難しいものです。
古典で云う「先天の氣」(親から受け継いだエネルギーと考えてください)というのが関係してくるからだと思うのですが、そんなことを言うと患者さんが可哀そうですので、我々は治療法を考え続けているのです。

現代医学にも漢方薬にも腎の治療法はあるのですが、我々は鍼灸の角度から治療法を考えているわけです。

それと同時に肝の治療も考えなければなりません。
理由は、肝臓に関係する症状が増えているからです。
「肝は筋膜を主る」と言いますが、現在は筋骨系の症状が増えているので、そのように考えてもおかしくないのです。
所謂、「肝臓病予備軍」が増えているような気がするのです。

肝臓がおかしくなるのは、毎日の食生活に関係があるのですが、治療師はそれも把握しておく必要があると考えているわけです。
私は7年ほど食事療法の講師をしていたし、栄養学も通信教育で5年ほど勉強しました。
しかし、食事療法はポイントを掴めばそんなに難しいことではありません。

それら食事療法も含めて  今度の臨床実践塾  で解説します。
今回は、上の写真のような症状の診断から、鍼灸治療、手技療法の実技、そして食事療法までをまとめて解説していきます。
2018/10/20

脊柱鍼での腰痛治療はすごいようです! (10.28の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 Gooブログ にも掲載しております。



腎胆鍼は素晴らしい!! 
このブログの写真はご本人の許可をもらって掲載しています



9月23日に行った臨床実践塾で、「新しい診断法と特殊鍼法での治療」とテーマして、お話をさせていただきました。
そのとき話した「特殊鍼法」で、「脊柱鍼」と名付けた鍼灸方法を紹介しました。

名称では「鍼」になっていますが、開発するときは手技で行いました。
しかし、手技だと元に戻るのが早いので、それを鍼灸に「翻訳」したわけです。
と言っても、やはり手技で開発したものなので、今でも手技で行ってから鍼を使う場合もあります。

また、名称も「脊柱鍼」としましたが、最初は「腎胆鍼」という名前を使っていました。
「腎胆鍼」とは、腎と胆を狙って行う治療法だからですが、「ジンタンシン」と言うと、聞いてる人が、喉に使う「仁丹」と間違えて、「仁丹を使って何をするのだろう」と考えるのではないかと思い、「脊柱調整」の意味を込めて「脊柱鍼」にしたわけです。

この治療法は、ひょんなことから見つけたのですが、最初は胆査穴などを使っていました。
そしてその方法で治療をしている間に、別のツボを使ったほうが、治療する側が楽だとわかってきたので、別のツボを使うようになったのです。

ここで公開すると、臨床実践塾に参加してくれている方々に怒られますので、詳細は述べられませんが、簡単に言うと、「腎経と胆経を使った治療法」ということです。

この理論については、少々悩みました。
理由は、七星論で水と木の関係を解説するとなると、相生関係では説明できないし、対応経絡でも説明できない。
(五行論だと「水生木」と簡単に説明できるのですが、後で辻褄が合わなくなることがあるし、ここは七星鍼法ですので……)
となると、生理学などで説明したほうがいいと考えるようになったのです。

つまり、
① 腎疲労が起こると、血液が汚れて代謝が悪くなる

② その結果、血液を蓄える肝臓に淤血が溜まり肝疲労も起こる

③ その淤血は再び腎疲労を起こす原因になる

④ なので、腎と肝を同時に整えたほうがいい

というような結論になったわけです。

とは言っても、どの経絡を使ってそのようなことをすればいいのだ、という課題が出てきます。
腎と肝になるので、腎・肝の経絡を使えばいいのか?

・・・いや違う。

腎・肝の経絡は今までも使っていたが、そのような即効性のある結果は出せなかった。

では、どうすればいいのか。

どういうことはない。
腎の活性化と肝の調整をすれば、それでいいのです。

先日、この講習を受けた方とお会いすることがありまして、この脊柱鍼のことを、

「あれは効きますねー。指でやると疲れてくるので、肘を使ってやっています。先日、患者さんにこれをやったら、腰が楽になった、楽になったと大喜びされましたよ。あれはいいですねー」
と話してくれました。

また、ある方は、腰掛けに座っていると、自然に腰が後ろにいって、胃の辺りがペコンと凹むのですが、これをやったら背中が伸びた感じがして、シャンとしています」と言ってくれました。

とまー、こんな感じでいい評価が出てきています。

なので、 今度の臨床実践塾 でも、鍼での「腎胆鍼」を解説します。
もちろん、希望者がいれば実技のモデルになってもらいます。
2018/10/20

靴を履くと足の小趾が痛くて歩けないんです (10/28の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



小趾が痛いでバンドエイドを貼ってありました



「屈を履くと足の小趾が痛くて歩けない」と訴える方が来られました。
痛むのは、左足の小趾の外側でした。
この症状は、今まで何人もそのような症状を訴えて来たことがあり、いずれも1回で治ったので、かなり自信があります。

なので、腹部の診断をしてから、
「これは下腹にお灸をするとすぐに良くなるのですが、下腹にお灸をしてもいいですか?」と聞いてみたら、
「構いませんよ」という返事が返ってきました。
それからお灸をしました。
ツボは「中極」というところです。

そして、帰りには玄関まで送ってあげたのですが、靴を履いてから、
「あ、ほんとに痛みがなくなりましたね。痛くないです。不思議ですねー」と言っていました。
何故「不思議ですねー」と言ったかと言うと、多分、足の小趾なのにお腹にお灸をしたからだと思います。

この治療は、経絡から考えたもので、駆け出しのころは鍼を使っていましたが、望んでいる効率は出なかったので、お灸を使ってみたら、抜群の効果があり、その後はお灸を使うようにしたのです。
足の小趾には「膀胱経」という膀胱に関する経絡が流れています。
ですから、膀胱に異変が起こると、そこに痛みが出てきますし、小趾に異変が起こると「膀胱経にも異変が出ている」と考えるわけです。

もちろん、小趾に異変が起こったからといって、かならず膀胱に異常が出るわけではありません。
それは、経絡とは「氣の流れ」という考えをするからで、エネルギーの流れが阻害されていると考えたほうがいいと思います。

そのエネルギーの流れが阻害されると、「いずれ、その経絡の関係部位に何らかの症状が現れる場合が多い」からです。
たとえば、腕の外側にだるさや痛みが出たとすると、その経絡を特定します。

腕の外側には、大腸経、三焦経、小腸経という経絡が流れるので、どこの経絡に関係しているかを診ていきます。
で、経絡が特定できると、七星論でいう「六臓診」を使って臓腑を特定していきます。

六臓診とは、拙著『人体惑星試論奥義書』にある内容です。
それは、臓腑の反応が出る部位を、軽く押したり叩いたりして臓腑の異変を確認する方法です。
それで確認ができれば、確認できた臓腑に関係する頭皮鍼や腹部、背部、四肢、足部などの「効率がいいと思われる部位」で治療をするわけです。

この足の小趾が痛いと訴えて来たご婦人の場合だと、(これまでの経験からして)腹部の「中極」でしたので、中極にお灸をしたわけです。

きょうの話は、鍼灸師にとっては「つまらない話」だったかも知れませんね。(゚゚)(。。)ペコッ
2018/10/19

「ものすごく苦しい」と訴えられたときの鍼灸診察と治療(10.28の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 Gooブログ にも掲載しております。



お灸をしました



「背中と両肩とこめかみが痛み、酔ったような感じになっていた。ものすごくしんどかったです」
と訴える方が来られました。

私のところでは、常に脈診と脊椎診をするのですが、脊椎診をしたら、七星論でいうところの「督脈2地と2火」が陥没していた。
つまり、心包や心臓の調子が悪いのです。

ですから、陥没を治めるために、そこにお灸をしました。
この方は、70代で、お灸が好きな方ですので、美容の問題もありません。
若い方の場合は、基本的に、手技療法の「反圧」というテクニックを使いますが、痕のつかない「千年灸」で対応する場合もあります。

そして、このような場合は、そこだけを狙うほうがいいので、経絡治療でも、背部兪穴でも、主に心包・心を中心に鍼をしていきました。
これから寒くなると、このような方が増えてきますので、 今度の臨床実践塾 では、その診察法や取穴、お灸の壮数などの説明をする予定です。
2018/10/18

治りにくい腰痛の治し方 (10/28の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



第四生泉水穴へのお灸



「腰痛」はいろいろな原因で起こります。
治療法も、筋骨系、筋膜系、臓腑系と、いろいろな方法があります。
しかし、この方法を知っている人は非常に少ないです。
理由は「七星論」だからだと思います。

七星論には、身体各部を七星に分けた配置がありまして、頭のてっぺんから足先まで、「宙、水、金、地、火、木、土」と配置してあるので、その部位がどの惑星に当たるかを見れば、即治療ができるようになっているのです。
そして治療効果も高いのです。

さて、第四生泉水穴についてですが、第4趾は、経絡で言うと「胆経」が流れてくる趾になっていますが、七星論では、胆経以外に「金」が配置されていますので、「肺・大腸」の反応も出てくるし、「肺・大腸の治療」にも使えるのです。

たとえば、しつこい腰痛。
腰痛は、一般的には「筋骨系」でだいたいその場は治めることができます。
しかし、いつも言っているように、「原因となっている臓腑まで整えないと再発を繰り返してしまう」のです。

長い治療経験のある治療師なら、ほとんどの人が経験していると思われる「なかなか完治できない腰痛」がそうです。
大腸が原因の腰痛は、「大腸が原因」という結論を出すまでは苦労したはずです。
非常に少ない腰痛のタイプですので、あれこれ試してもなかなか治せません。

私も、「大腸が原因の腰痛」という結果を出すまでは苦労していました。
治療した日は治まっても、再発を繰り返すからです。

しかし、ある日、治療をしても治まらない腰痛の方が来られました。
腰痛は、巨鍼療法を使えば、がんや脳梗塞がある患者さん以外は、ほとんど治せるのに、なかなか完治させられないのです。

何故だろう?

どこに原因があるのだろう?

正直悩みました。

だいぶ前の話になるので、詳しいことは忘れましたが、何かひらめくものがあって、第四生泉水穴にお灸をしたのです。
すると、たちまち腰痛が治り、再発もしなくなったのです。
その頃、当院に勤めていたスタッフなら覚えていると思いますが、それをきっかけに「第四生泉水穴へのお灸」が流行ったのです。(^_^;)

 今度の臨床実践塾  では、そのような場合の診断法とお灸の方法を解説したいと思います。
2018/10/17

ホームページを更新 (10/28の臨床実践塾案内)



中華のレザート



ホームページの更新内容は、 こちらから。 
2018/10/16

10月28日臨床実践塾:風邪の原因と風邪を簡単に治す方法

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。


腎胆鍼



10月は東京で講演がありました。
その講演の中で、反響の良かった部分を解説します。
しかし、「ただの再現」では面白くないので、当院での臨床例を紹介しながら解説させて頂きます。

臨床が上手くなるには、臨床を見たほうがいいので、臨床方法を解説しながら、理論的なことも説明していくのが目的です。
「理論なくして臨床なし」です。
「ちゃんと説明できるのがプロです」ので、理論的なことを学んで説明できるようにします。

たとえば、S字状に曲がった脊椎の原因は何でしょうか。
そして、それを整える治療法にはどのような方法があるのでしょうか。
さらに、そのようにならない為には、どのような工夫が必要なのでしょか。

これから「風邪の季節」になりますが、風邪を治すポイントは何でしょうか?
そして風邪をひく原因は何でしょうか?
答えは非常に簡単なことですが、それを知らない治療師もたくさんいます。

鍼灸師にそのような話をすると、
「督脈での気の流れが悪い」とか
「肺が虚している」とか、
「免疫力が低下している」
なんてことを言い出します。

どれも正解かも知れませんが、手間のかかりそうな答えだと思います。
風邪を治すには、そんなに難しいことではありません。
風邪なんて、簡単に治せるのです。
どんな方法かは書きませんが、とにかく簡単なのです。

と、今回の講習は、普段我々が臨床で見ても、見落としている症状や、診断、治療法なども取り上げてみたいと思います。


また、第一部では、リズムに乗って、軽快に講義を進めていく女性の講師が担当することになりました。
内容は、
≪脈診ができなくても診断ができる≫という感じになるそうです。

興味深いです。
どのような流れになるかわかりませんが、こちらの先生の講義は、「あれよあれよ!」と言ってる間に前に進んでいきますので、目をパチクリさせながら聞いてください。(笑)
2018/10/15

虹彩カメラ(中古)が売りに出ます

突然のお話ですが、「虹彩カメラ一式」が売りに出そうです。虹彩撮影から、画像の取り込み、プリントアウトまでできるものです。



虹彩カメライメージ写真



虹彩カメラ



虹彩カメラ



価格は30万円程度の予定だそうです。
新品だと、10年前で、スリットランプだけでも250万円ぐらいしていました。
パソコンやプリンターも付いているので、その値段では二度と出ることはないと思います。.

但し、荷造りや運送費等は買い手の負担になるそうです。
興味がございましたら、新城針灸治療院までご一報をお願い致します。
新城針灸治療:大阪市中央区上本町西
☎ 06-6765-7622(木、金、土10:00~19:00。日~水までは留守録をしていただくと、折り返し連絡させて頂きます。