FC2ブログ
2018/08/19

仙腸関節の痛みが右になったり左になったりする (8月26日の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



内臓下垂の例



15年ほど腰痛で悩む患者さんがいました。
当院に来られた最初のころは、治療が終わって帰った後でも、すぐに「右の仙腸関節が痛い」とか「左の仙腸関節が痛い」と電話やメールが入りました。
そのたびに、家庭療法を指導して、その場を治めてもらうようにしました。

そして、体を芯から整えなければならないと考え、毎食の食事内容をメールで送ってもらい、その内容に「指導」を書き入れて送り返す、ということをやりました。
こんなに手間をかけて、治療時間外に細かく指導したのは、治療師をしてから初めてのことでしたので、私もだいぶくたびれてしまいました。(^_^;)

しかし、最近では、そのようなこともなくなってきたのですが、それでもやっぱり、「右の仙腸関節が痛いと思っていたら、翌日は左の仙腸関節が痛むのです」と言うのです。
そして「はっ!」と思いつくところがあり、虹彩撮影をすることにしました。

するとやっぱり、予想していたことが虹彩写真に現れていました。
その方の虹彩写真は、非常に特徴がありますので、同じような分析のできる方の虹彩写真を使いました。
それが上の虹彩写真です。

※ その患者さんの虹彩は、 8/26の臨床実践塾 で参加者の皆さんに見てもらいます


どこが特徴的かと言いますと、青い破線で囲んだところは、横行結腸を表わしているのですが、その部で、「小虹彩輪」の幅が狭いのです。
(この虹彩はまだいいほうです)

それは何を意味するかと言いますと、横行結腸下垂のサインになります。
つまり、横行結腸が下垂しているということは、他の内臓も下垂していると考えられます。
となると、内臓が骨盤内に入ってしまい、それが仙腸関節に負荷をかけ、仙腸関節の痛みになってしまうわけです。

ですから、仙腸関節の痛みが右になったり左になったりするわけです。

そこまでわかると、今度は治療法です。
この患者さんは、メールのやり取りをしていたころから、徐々に食事内容を変えてもらったので、そんなに新しいことをやってもらう必要もないのです。
ただ、「横行結腸が下垂している」ということは、「内臓筋が緩む食事をしてきた」ということですので、今度は「内臓筋が引き締まる食事をしてもらう」ということになります。

たとえば、砂糖、果物、酢の物というのは、最もわかりやすい「細胞が緩む食品」に分類します。
そして、「自然塩、動物性食品、根のもの」というのは、細胞を引き締める食品に分類しますので、できるだけ「細胞を引き締める食品」を摂るようにさせるのですが、体を変える食事の摂り方は、基本的な方法がありますので、基本的なことから学んでもらうようにします。

あまり食事療法のことを書くと、「新城は鍼が下手だから食事のことを言っているのだろう」なんて言われかねませんので、ここらで止めますが、この患者さんのように15年も腰痛で悩み、いろいろな治療を受けてきた方には、食事と体の関係を理解してもらえると思います。

あ、「腰痛にはこの食べ物」なんてものはありませんからね。
2018/08/18

スリットランプでの虹彩撮影 (8月26日の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。

 虹彩撮影



ここ3年ほど虹彩撮影をしていませんでしたが、少し時間が作れるようになりましたので、虹彩撮影を再開しました。
※ こちらから虹彩撮影のお願いした場合は無料ですが、お客さんから虹彩撮影をっ希望された場合は有料になります。

鍼灸大学で教えている先生が、デジカメでの撮影方法を考え、デジカメでも上手く撮影できるようになったのですが、今回は眼科仕様のスリットランプでの撮影方法を掲載させて頂きました。
デジカメでの撮影は、お願いすれば再度講習をしてくれると思いますので、人数が集まりしだい、検討致します。

虹彩撮影で難しいのは、光の当て方(光源)と瞼の開け方です。
この動画ではスリットランプを使っていますので、光の角度は問題ないのですが、虹彩撮影では必ず「光源の問題」に突き当たります。

2分程度の動画ですので、興味のある方は覗いてみてください。(^_^;)

7月の臨床実践塾では、このスリットランプを使って虹彩を撮影しましたので、8/26の臨床実践塾では虹彩の撮影はしませんので、ご了承ください。
このカメラを会場まで運ぶのは大変だからです。
2018/08/18

子宮筋腫とスクレラのサイン (8/26臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



ヘアピンカーブとカプセル化への進行 



スクレラ分析には、いくつもの「新生物サイン」がありますが、上の写真は「子宮筋腫」の方で、最初は大きいので7㎝ほどあったのですが、現在は3㎝ぐらいになっています。
スクレラでみると、二つの新生物サインがあります。

赤丸で囲んだ部分ですが、一つは血管の先のほうで、つぼみのようになった部分です。
これは、まだつぼみにはなっていませんが、カプセル化が始まっていると観ます。
カプセル化されると、代謝が落ちますので、多少の不具合が出てきます。

もう一つは、血管がグニュッと曲がったところで、全体的にみると「ヘアピンカーブ」のように見えます。
血管がこのようになるのは、ホースが曲がったのと同じと考えるので、血液循環の悪さを現しています。
これも新生物のサインです。

子宮筋腫はエコーで観るとわかるので、わざわざスクレラ分析をする必要は無いかも知れませんが、「改善されているかどうか」を観るためです。
というのは、病院は行きたがらない人も多いので、そのような方のために何かの基準を作っておきたいのです。

「基準を作ってどうなるんだ!」と言われると、言葉がありませんが、基準を作っておけば、鍼灸治療の方法や食事指導の方法を検討することができるからです。
「分析」ですので、治療にはなりませんが、スクレラに出た変化で「治療方針」を定めることができるわけです。

東洋医学は科学的ではない部分が多いのですが、科学で見えない部分を見ることができます。
たとえば、鍼灸の「経絡」なんてものはその典型的なもので、経絡とか経穴というのは、実際に何千年も診断と治療に使われてきましたが、未だに科学で解明されていないそうです。
ですから、科学で解明できないのは「すべて切り捨てる」というのは乱暴というものです。
いや、乱暴と言うより、「患者さんの心を知らない」人のやることです。

患者さんにすれば、「治りたい」という心が優先するからです。
そのための指針があるのとないのとでは、安心が違うと思います。
何かの指針があれば、安心できます。
良くなっていたらそれでいいし、悪くなっていたら「頑張ろう」という気持ちになるからです。

8/26の臨床実践塾 では、このような「スクレラ分析」を勉強します。
と同時に、分析結果に従った治療方法も含めていますので、翌日からの臨床に役立つのではないかと考えています。
2018/08/17

首と背中の上側が痛い!・・・子宮・心包 (2018.08.26 臨床実践塾の準備)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。

 

 



首の痛みで悩む女性がいまして、普通の治療ではなかなか治らないので、ちょっと悩みました。
この方は、なかなか痛みが取れないので、3日連続で治療をすることにしました。
スクレラを撮影したら、子宮や心包に異変のあることがわかりました。

スクレラ分析からすると、心包に異変があることがすぐわかります。
そして、子宮の角度にも異変があったので、
「子宮がおかしいみたいですね」と言うと、
「ず~~~っと以前から子宮はおかしいです。生理痛も普通じゃなかったんです」と言う。

「首が痛い」と訴えてくる人の多くが、上背部に問題があります。
つまり、上背部の歪みが首に痛みを発生させているわけです。
ですから、いくら頸椎の矯正をしても、首の痛みは治まりません。

脈診や六臓診でも心包に異変のあることはわかっていましたが、巨鍼を使っても治まらないので、「なんでやろー?」と考えていたのでスクレラを撮影したわけです。
すると、上の写真でもわかるように、子宮の反射区にも異変が出ていたのです。

これでやっと治し方がわかりました。

① 心包や心臓に異変が出ると子宮にも異変が出やすくなります

② 生殖器と任脈はつながっていると考えていて、任脈の任は妊娠の妊と一緒です

③ 任脈と督脈は表裏で一体です

④ 督脈の以上は任脈の異常を考えることもできます

⑤ 頸椎には督脈が流れています

⑥ つまり、任脈にも異常が出ていると考えることができるわけです

⑦ となると、子宮→心包→任脈→督脈→頸椎の流れが考えられます

ですから、子宮を整え、心包を整え、それから任督を整えれば、頸椎が整うはずです。
そこで、子宮を治療し、心包を治療し、それから上部胸椎や頸椎を
整えてみました。

結果は、
「治療を受けた晩に、子宮が動いている感じがあった」と話していまして、次いで、
「体の中が元気になった気がする」と言い、
「首の可動域が大きくなった」と話していました。しかし、まだ症状は残っていました。
「左肩甲骨の内側から棘下筋が痺れたような痛みが出た」と話していました。

そこまで来れば、後は子宮と心包を整えていけば大丈夫だと思います。
多分、時間の問題です。
2018/08/16

ニュースレターを作りました (^o^) (2018.08.26 臨床実践塾の準備)

この「診断即治療」は、 Gooブログ にも掲載しております。


ニュースレター 



実践塾では、
「マーケティングとしてニュースレターを作ったほうがいいですよ」なんて言っていましたが、当院では作ったことはありませんでした。
なので、「見本」にするつもりでニュースレターを作ってみました。

このニュースレターは、8月26日の臨床実践塾でも配布します。
おっと、実践塾ですので、「集客目的」ではありません。
「チラシの見本」として配布するだけです。

写真が小さいので、文字は読めないと思いますが、表面は
① ニュース
② 最近の話題
③ お知らせ
④ 自己紹介

などが主で、裏面はスタッフによる
① ツボの話
② 美容の話
などが書かれています。

実はこれまで患者さんから、「先生ところのチラシなどはないのですか?」と聞かれることもあったのですが、
「すみません。ないんです」と、心苦しいお返事しかできませんでした。
だが、これからは違います。
「どうぞ、これをお持ち帰りください」と、こちらからお勧めすることになります。

マーケティングを一言でいうと、「顧客が買いやすいようにすべてを段取りする」ということになり、チラシやニュースレターは、こちらの情報を提供して、顧客の判断材料を提供して、選択材料にしてもらうというのが目的になります。

人は面白いもので、初めての人には緊張しても、2度、3度、顔を合わせていると、何となく親しみやすくなるものですので、「親しみやすくなる材料」にもなるわけです。
そして、友達を紹介するときなども、このようなニュースレターなどがあると、紹介しやすいと思います。

基本的には毎月発行するつもりですが、時には月に2回になる可能性もあります。

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。 新城三六
2018/08/15

肩関節・腰痛の治療:筋肉・関節・経絡の関係 (8月26日の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。

 座位での巨鍼療法


画像をクリックして動画でどうぞ!!!



今年の2月に撮影したものですが、「眉唾もの」と言われたくなかったので、そのまま置いてありました。(^_^;)
面白いように動きが変化します。

8/26の臨床実践塾 で、参加者の皆さんの様子を見ながら、必要と思われたら解説と公開をします。
内容は、今回の臨床実践塾のタイトルと一緒で、「筋肉・関節・経絡」を使ったものです。
2018/08/14

痛みの治療法:筋肉・関節・経絡 (8月26日の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。


恥骨と周囲の骨の連結図



つい先ごろ、「恥骨骨折」の治療をしていたのですが、週1回で10回ほどの治療で、一人で歩けるまで回復しました。
年齢が90歳なので、こんなに早く回復できるとは思ってなかった。
年齢からすると、最低でも3か月はかかるはずです。

だから比較的に早く治ったと思います。
この治療をするのに、何に注視していたかと言うと、
「筋肉」
「関節」
「経絡」
です。

筋肉の多くは骨格に付着していて、筋肉の収縮によって関節が動きます。
筋肉は経絡を使っても調整できます。

たとえば、恥骨骨折の場合は、骨盤が歪みます。
そして、骨盤に着いている筋肉が部分的に過緊張を起こします。
その緊張にある筋肉を整えてあげれば症状は楽になります。
これは、恥骨骨折だけに限るものではありません。

たとえば、腰痛を考えてみましょう。
腰痛は、前屈下時に痛む場合も、背屈(腰を反る)した場合に痛むこともあります。
その場合に、どの筋肉が過緊張しているのかを考えると、治療法が見つかります。

そして、その筋肉が過緊張を起こした理由は、何が原因なのかを考えます。
そこに経絡が出てくるわけで、そのことが、経絡を調整しても腰痛が治る理由になるわけです。

ですから、「痛みが出る」という場合は、多くが
「筋肉」
「関節」
「経絡」
が関わっているわけです。

一時的に(1~2時間とか2~3日)痛みを治めるのなら、筋肉や関節の調整だけでも痛みは取れますが、すぐに再発してしまう場合があるので、経絡を使って内臓の調整もするわけです。
もちろん、内臓だけを調整しても痛みは取れてきます。
しかし、その場合は即効性に欠ける場合が多々あります。

8/26の臨床実践塾 では、「スクレラ分析」をしながら、筋肉、関節、経絡を考えての治療法を発表します。
即効的な治療を目指すためには、その三つの関係が必要と考えているからです。

参加される方々は、この講義を聞くと「ニヤッ!」と笑うかもしれません。
何故なら、多くの治療法が、筋肉なら筋肉、関節なら関節、経絡なら経絡で仕切られていて、三つのつながりを解説された治療法は、あまり「ない」と考えるからです。(^_^;)

ですから、今回の臨床実践塾は、痛みの治療に苦労している臨床家にとっては、有益なセミナーになると思います。
いや、四肢体幹の「痛みの治療」に強くなれると思います。
理由は、筋骨系の痛みから内臓痛までも取ることができるからです。
2018/08/13

頭がボーっとする。ふらふらするときの家庭療法 (8月26日の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。

 座位での巨鍼療法


画像をクリックして動画をどうぞ!!!



このところの暑さで、タイトルのような症状を訴える方が何人かいました。
夏は「脳疲労」が出やすい季節ですので、脳疲労を早めに解決するようにしてください。
脳疲労は、いろいろな病気につながりますので、注意が必要です。

上の写真の方は、
「ふらふらする」とやってきた方ですが、スクレラを撮影すると、写真のように「脳区」の血管が炎症気味でした。
治療は、頭皮鍼や経絡治療を行ったのですが、治療が済むころには笑う元気も出ていました。

治療に凝る方はいいのですが、来れない方はどうすればいいのかが問題です。

そこできょうは、頭がボーっとするとか、ふらふらするという時の家庭療法をお話します。
と言っても、「豆腐シップ」をするだけなのです。
ただ、豆腐シップは当院のホームページにも載せてありますが、あの方法は手間が要りますので、ここでは非常に簡単な方法をビデオで説明します。

ホームページにあるのも、ここで説明するのも効果は一緒ですので、
 頭がボーっとする
 ふらふらする
 仕事がはかどらない
 イライラする
 やる気がない
 怒りっぽくなった

などなどがある方は是非試してみてください。

「私は脳疲労ではない」なんて言わずに、やってみてください。
「私は脳疲労ではない」なんて言うは脳疲労になる可能性は高いので……。

あ、これは 8/26の臨床実践塾 の準備でもあるので、実践塾に参加される方は、先に試しておくといいですよ。
これを覚えておくと、患者さんに教えるというサービスもできますのでね。
そして、これは家庭療法ですので実践塾ではやりませんので、ご了承ください。
2018/08/12

七星論での治療テクニックはこうして生まれた (8月26日の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。


腰痛とスクレラ・僧帽筋の関係
 
僧帽筋の起始は
上部は、後頭骨上項線、項靭帯に付着。
中部は、T1~T6の椎体の棘突起、棘上靭帯に付着。
下部は、T7~T12の椎体の棘突起、棘上靭帯に付着。



スクレラを観ると、七星論での「宙・水・金・地・火・木・土」のどの臓腑の異変かがわかります。
だとすれば、異変のある臓腑の経絡を使えば症状が取れるはずです。

たとえば、上のイラストは僧帽筋ですが、仮に「腰痛」が出ていたとして、スクレラの「宙」(そら)に流れる血管に何らかのサインが出ていた場合、その腰痛は、もしかしたら「宙」が関係していることが想像できます。
とすると、最初のチェックで、脊柱起立筋なのか僧帽筋なのか、腰方形筋なのか、腸腰筋なのか、殿筋なのか、あるいは腹直筋なのか、などと考えると思います。

考えたら次は何をするかというと、簡単なテストをします。

七星論を学んだ方はすぐにわかると思いますが、「宙」ですので、任脈・督脈を使うわけですね。
いや、ちょっと待ってください。
いきなり「任督の治療」はしません。
もしかしたら、肝臓や腎臓の異変が関係しているかも知れないからです。

・・・・・・

そこでテストです。
腸腰筋が関係しているのなら小腸経で変化が出るだろうし、腸骨筋や殿筋が関係しているなら大腸経で変化が出てくるはずです。
テストに使うツボは指で押して構いませんので、査穴を指で押さえて動きを診てみます。

さて、小腸経でも大腸経でも変化が出ないとなると、どうしましょう。

スクレラの「宙」の角度に異変が出ているのなら、迷う必要はありません。
僧帽筋の起始・停止を考えて指で押さえてみてください。
「あれ?」と思うぐらい腰が軽くなっているはずです。

日々の臨床では、わかっていることなので、そこまで細かくテストはしませんが、時には患者さんとコミュニケーションをとるために、細かくテストをすることもあります。
私がよく使うのは、僧帽筋上部ですが、先日は腰椎でテストそしてみました。
結果は、「軽くなりました。軽いです」と言っておりました。

たいしたことはしてないのですが、私が驚くぐらい変化があったようでした。
何をしたかと言うと、患者さんに寝てもらい、僧帽筋下部の起始部を動かすように、軽く引っ張ったのです。(引く角度があります)

七星論を組み立てるときは、このようなテクニックは知らなかったので、直接僧帽筋起始部を揉んだり叩いたりしていたのですが、カイロやオステオパシー、筋膜リリースなどを勉強している間に、筋肉や関節の動かし方が変わってきたのです。(^_^;)
このテクニックを使うと、何の痛みもなく、瞬間的に矯正ができるので、しばらくこのテクニックの研究をしてみようかと考えているところです。

8月26日の臨床実践塾でも、簡単に実技公開をしますが、詳しくは9月に計画している「七星論での特殊鍼法」で、論理的に説明するつもりです。
2018/08/11

虹彩分析とスクレラの分析の共通点(2018.08.26 臨床実践塾の準備)

この「診断即治療」は、 Gooブログ にも掲載しております。


虹彩とスクレラ分析 



虹彩分析もスクレラ分析も目に出たサインを分析するのですが、それぞれに特徴があり、それぞれに使い方も違います。
簡単に言いますと、たとえば虹彩分析は、体質の分析に適しているので、その人の治療をするのに、
① 体質からの治療をする必要があるか
② 何故、このような体質になったのか
③ どんな食べ物が好きなのか

などが分析されますので、分析された結果に基づいて治療を行い、日常生活へのアドバイスなどをします。

そして、スクレラは、「ここ最近の体の状態」を表しますので、「最近の出来事」や「最近好んで食べている食品」などを考えながら治療や指導をしていきます。
つまり、虹彩分析は主に「体質的なこと」を分析し、スクレラ分析は「最近の体の変化」を分析することができるわけです。

しかし、虹彩とスクレラには共通点もあります。
たとえば、上の写真は、どちらも同じ人の虹彩とスクレラですが、虹彩にもスクレラにも生殖器の以上が見られます。
まつ毛でもわかるように女の子です。
※ ジェンセンマップではこのような分析はできません

この子は、お父さんに連れて来られたのですが、何か意味ありげな表情で私を見るので、虹彩やスクレラ分析からして、「お父さんの前では話せないのだな」と考え、お父さんに席をはずしてもらってから話をすることにしました。

「婦人科がおかしいんだけど、下腹が痛いとか、不正出血とか、生理痛とかがあるんですか?」と聞いたら、軽く頷き、

「流産したのです」と言う。

その子は学校を卒業したばっかりで、結婚もしていません。

ちょっとあせりました。
まだ、未成年だったからです。
その時になって、やっと「お父さんの前では話したくないような顔をした」意味が分かりました。

ですから、
「大丈夫やで、お父さんには黙っているので、ちょっと話を聞かせてくれない?」と、話しを聞くことができました。
その時は、虹彩分析やスクレラ分析の効力と言いますか、真実味と言いますか、一種の感動を覚えました。

今度の臨床実践塾では、このような分析方法を解説していきます。

そして、分析したスクレラをどのように「東洋医学の治療」に使うかも解説していきますので、治療師の方々には有益なセミナーになると思います。

今回の会場は、「大阪府教育会館」(たかつガーデン)です。