FC2ブログ
2020/07/12

鼠径部が痛くて、足を大きく前に出すことができない

FC2ブログの書式が変わったようで、個人的には書くのに時間がかかってしまいます。
その為しばらくこのブログには記事を書いていませんでした。(゚゚)(。。)ペコッ


          鼠径部の痛み

          右手の指で押さえているところが痛い




「鼠径部が痛くて、足を広げる事ができないし、右足を前に出すと、鼠径部が痛い」


という方が来られました。

治し方はいろいろありますが、とりあえず足骨鍼だけを使ってみました。

鍼はサッと刺して、サッと抜く方法なので、患者さんにすれば、

「何かしたみたいだけど……」程度のようです。

「はい。起きて座って、鼠径部の痛みが取れているかどうか確認して」と言うと、起きて座り、鼠径部を写真のように押している。


「押しては分からないんじゃないですか?」と言うと、


「立ってもいいですか」と聞くので、


「痛みが最も出る動きをしてみて!」と言うと、今度は立ち上がって、右足を大きく前に出し、


「あ、あ、これが出来なかったんです」と言う。


つまり、右足を大きく前に出すと、鼠径部に引き攣りが出て、股関節の動きが悪くなり、関節が狭くなって痛みが出ているわけです。


治療としては簡単なものです。

が、原理がわからないと、鼠径部を触ったり、太ももを触ったりすると思います。

これは、七星鍼法の基本実技で解説していますが、基本は体幹の歪みを検出することから始めるのがコツになります。(私はすぐ治療にかかります)


今まで、いろいろなテクニックを開発してきましたが、以下の8つのテクニックが使えれば、たいてい間に合います。(^^;)


・足関三穴

・仙関鍼

・回旋鍼

・足骨鍼

・巨鍼療法

・骨格矯正鍼

・筋腱鍼

・査穴
2020/06/29

昨日のセミナーは短い時間でしたが中身が濃かったです

Zoom

昨日のZoomセミナーですが、トラブルが発生しました (゚゚)(。。)ペコッ



政府から、「特別給付金」として、国民一人当たり10万円が支給されています。
(都会ではまだのところが多いようです)
その給付金は、「一時金」にしか過ぎないので、国民の不安は続いています。
それは、給付金をもらっても、本質的には変わりがないからです。

コロナ関連で仕事を失った人も大勢います。
資産をなくした人もたくさんいます。
そして、最も不安に思うことは、「元に戻れない」ということではないでしょうか。

「そんなことは言わんでもわかっている」という方は多いはずですが、ここからが大切です。

「自分や家族の生活をどのように支えていくか」です。
つまり収入をどのように確保するかです。
慌てて動画での集客を始めた方も多いと思います。
今は、動画集客が花盛りだからです。

ですが、流行りの後には「廃る」のが原則です。
私も、動画集客が流行る前には、動画での集客を行なっていましたが、今は控えています。

理由は、いろいろあるのですが、世界で一挙にZoomが使われ始め、トラブルが増えてきたのです。
それは、動画集客を教えている会社の「Zoomトラブル」を読んでいると、よくわかります。
(私も所属している「動画集客」スクールでも同じです)

では、どのようにすればいいのか。
① 収入の柱を増やす

② 支払いを減らす

③ 不老所得を増やす

等々の対策が考えられます。

きのうは、その「一つの方法」を話したのですが、理解の早い方々でしたので、すぐに納得したようでした。

たとえば、鍼灸業界の現状を、「動画集客」の角度から見た場合、次のようなことが言えると思います。

• 鍼灸師はビデオなどに顔を出したがらない人が多い

• 誰かが患者さんを紹介してくれるのを待っている

• 話の上手い人が少ない
(傍観者が多い:自分の意見がない?)

• 書くか、話すか、しないと患者さんに伝わらない
集客は情報を提供することから始まる

これだと「動画集客」が難しいのは当たりまえです。
だから、
「あそこは売上が上がっている」と聞けば、そこに行く。
「そこはウン百万円の売上があるらしい」と聞けば、そこに行く。
でも結局「元の木阿弥」になる。

これを解決する方法は、自分から情報を流すのが手っ取り早いのではないかと考えるわけです。
昨日は、その具体的な方法をお話しました。
2020/06/28

本日のセミナー  (事後報告)

出版されました。

明日から「0円キャンペーン」で、7/3まで「0円」で購入できます。

 

 

 

本日のセミナーは、電子書籍でのマーケティング方法を解説しましたが、

「臨床実践塾」ですので、最初に少し臨床の話をしました。

症例は、

 

  1. 皮膚しっかん

  2. 背中の詰まり

  3. 目の赤み

     

    などなどです。

    それから、マーケティングの話に移りましたが、業界的に不得意な方が多いようです。

     

    たとえば、現在「動画集客」が流行っていますが、

     

  1. 鍼灸師は顔を出したがらない

  2. 誰かが紹介してくれるのを待っている

  3. 話の上手い人が少ない
    (傍観者が多い:自分の意見がない?)

     

    という方が多いとようです。

    しかし、

    「書くか、話すか」しないと患者さんに伝わらないのです。
    患者さんに来てもらうには、情報を提供することから始めなければならないからです。

     

    そこが大きなポイントになり、去年の7月頃から必死になって勉強してきたことを交えながら解説していきました。


2020/06/26

小指の捻挫の治し方



 

小指の筋膜リリース

 

 

お母さんに付き添って来た娘さんが、

「小指が痛い!」と言うもので、

 

「何したん?」と聞くと、

 

「荷物を持とうとして、小指を裏側に曲げてしまって‥‥」と言う。

 

「ちょっと待っといて。多分すぐ治るから」と、お母さんの治療を続けた。

 

ひと段落したので、

 

「どんなん? 見せて!」と言うと、指を差し出してきた。

 

見たところ内出血もないようでしたので、「軽い捻挫だろう」と、手技で矯正することにした。

 

このような場合いの治し方は、中心軸に対して、上下、左右に屈曲させ、次に左右に捻転し、最後に圧迫して軸圧をかけます。(七星鍼法の基礎)

圧迫するのは骨折の有無を調べるためです。

 

幸い圧迫での痛みはなかったので、筋膜リリースだけで治るな、と思い、痛みの出る角度を確認してから、捻じり難い方に捻じって、ちょっと待ちました。

それから再び、上下左右に屈曲させたり捻じったりして、違和感がなくなったら、OKです。

 

そして、

「どう? 治ったんじゃない?」と聞くと、

 

「あ、ほんとや、痛くないわ!」と、驚くような、喜ぶような声を上げていました。

そして、私が、その場を少し離れたら、

 

「気持ち悪いほど痛くないわ」と言っていました。

 

その声を聞いて、

「そや、ブログのネタにしよう」と、すぐに引き返し、

 

「小指の写真撮らせてくれない。ブログのネタに使いたいんやけど」と頼んでみた。

 

「いいですよ。きれいな小指で良かったら、あははは」と、冗談を言ってくれた。

2020/06/25

本を出す意義:鍼灸師なら「専門家(腕が立つ)と認められる」

 

上腕下部の痛みも肝経で治るのはなぜ?

 

 

私は、何人もの鍼灸師に「出版」を勧めてきました。

今回のキンドル本もその一環ですが、なぜ出版を勧めるかというと、

 

  1. 世間が専門家として認めやすくなる

  2. 執筆活動は「集中」して「真剣」になる

  3. 自分の意見を「静かに」認めてもらえる

  4. 同業者からも一目置かれる

  5. 患者さんからすれば「安心」できる

  6. 本を読んでくれていたら親近感を感じる

  7. 違う業界からも認められる

  8. マーケティングになる

  9. 副収入になる(これを期待してはいけないが)

  10. 何冊か出したらメディアに取り上げられる可能性がある
    (これも期待してはいけないが)

     

    もっとあるのですが、これだけでも大きな力になると思います。

     

    出版するには、集中力が必要です。

    準備の為に調査や研究が必要です。

    読者からの質問に答えるだけの知識が必要です。

     

    ただ、出版しても全然売れない本もあります。

    それは「人任せ」にしようとするからのようです。

    売れる本を書いた人は、それなりに売れる為の活動をしています。

     

    私は、「kindle本が売れるための方法がある」と聞いたので、非常に興味を持ち、そのグループに参加しました。

    そこは論理的でした。

    実績がありました。

    すごく納得しました。

     

    キンドル本の出版は、ある意味「ブルーオーシャン」です。

    今度の日曜日(6/28)には、「ゆる~~いZoom会議」でそんなことを話してみたいと思います。

     

    ハガキなどでの案内はしませんが、興味のある方はご一報ください。

    Zoom のアドレスをお送りします。

    0667657622(新城針灸治療院):当日受付は致しません。