FC2ブログ
2020/03/23

値下げは「質」を落とす 治療院がやってはいけないこと

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。





タコ焼き1個サービス? 



「タコ焼きが食べたい」と言うので、買い物に行く次いでにタコ焼きを買いに行った。
8個入り、10個入り、12個入りとあり、
「8個入りください」と頼んだ。

すると店員さんが、
「はい。わかりました。今キャンペーンをしていまして、8個入りは9個になります
と言う。
コロナウイルスのせいで、今はどこもお客さんが少ないので、気持ちはわかるのですが、心の中で、
「それは間違ってますよ」と言いたかった。

何故なら、「タコ焼き」を食べることで「満足」すると思っているからです。
つまり、お客さん(私)の問題は、タコ焼きを食べれば解決されるわけです。
それを勘違いして、
「たくさん入れたら、また来てくれるだろう」と考えるのは、どうかと思った。


何もタコ焼き屋さんの話がしたいわけではない。
コロナウイルスで、治療院の患者さんが減っていることは言わずと知れたことですので、治療師の皆さんにも考えて欲しいと思ったのです。

お客さんは、

①お客さんはあなたの治療を受けたいわけではない。

②今、悩む症状を解決したいだけです。

③自費治療をしたいなら治療技術を磨けばいいのです。

④治療は一つの手段であって、治療を受けることで将来の自分の健康を買っているのです。

⑤独自の治療には「独自のコアな部分」があるはずです
そのコアな部分で、患者さんの悩みを解決できないかを考えてみるのです。

⑥患者さんの悩みを教えてもらうために患者さんに質問したとします
「この治療で、お客さんの未来はどうなると思われますか」
すると、患者さんは「仕事を休まなくてもいいようになる」とか、
「家族に冷ややかな目で見られなくてもいいようになる」と答えるかも知れません。

つまり、それがその人にとってのベネフィット(価値)になります。

ですから、
A)その患者さんが毎日仕事に行けるようにしてあげる
B)家族から白眼でみられないようにしてあげる

では、どのようにすれば、それができるようになるのか。
治療院で、できるだけのことをしてあげるのは当然のことですが、家族にも協力してもらうように「家庭療法」も教えてあげたらいいと思います。

絶対やってはいけないと思うのは、値下げです。
値下げは、「質」を落としてしまいます。
つまり、あなたの治療レベルを自分から下げているようなものです。

私は、3回ほど「無料セミナー」をしたことがあるのですが、それで一般セミナーの参加者が増えることもないし、患者さんが増えることもありませんでした。(^_^;)

と言いながら、私も今度の日曜日に「無料のネットセミナー」をやります。
が、しかし、それは別の目的があるからです。
治療費の値下げとは大きく違うのです。
2020/03/22

右足は外側、左足は内側がいたい! (典型的な回旋鍼の対象者)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




右足は外側、左足は内側が痛い 



こんなに見事に「回旋鍼の対象者」と思われる方は初めてです。
問診されたカルテには、
「右足の外側と左足の内側が痛い」と書かれていました。

そのカルテを見て、

「どういうこと? 右ふとももは外側が痛く、左太ももは内側が痛いんですか?」

「うん。右足は外側、左足は内側が痛いんです」と言うので、

「申し訳ないけど、痛みのあるところを触ってみてくれませんか。で、ブログのネタに使いたいので、写真も撮らせてくださいね」と、上の写真のようなポーズをとってもらって撮影させてもらいました。

骨盤の捻れと屈曲が原因していると考えていたのですが、
「その捻れと歪みは脊椎の捻れが関係している?」と思ったので、

「両手を広げて、左右に捻じってみてくれませんか」と、胸椎の捻れの確認をしたら、やはり、右には捻り難そうでした。
つまり、胸椎が左に捻じれているわけです。

そこで、
「これは非常に興味深い症状なので、そのまま頭に2本、鍼をさせてくれませんか」とお願いして、回旋鍼をしました。
(ほんの一瞬で刺鍼は済みます)

それから、もう一度、両手を広げてもらい、左右に捻じってもらいました。
すると、先ほどのような捻れは取れています。

「どうですか? 捻り易くなったのはわかります?」と聞いたら、

「いや、あんまりわかりません」と言う。

あまりに一瞬の刺鍼だったので多分、想像が追い付かなかったのでしょう。

「で、足の痛みはどうですか?」と聞いたら、足を触り、

「あ、はい。ちょっと楽みたいです」と言う。

回旋鍼は、刺鍼後にジワーッと伝わる性質があるので、「時間の問題やな」と考えて、経絡を整えてから、

「はい。もう一回、起き上がって太ももの痛みをみてくれませんか」と言うと、

起き上がって太ももを確認してから、

「痛くないですね。え?」と言っていました。

ちょっと変わった臨床でしたが、私には貴重な体験となりました。


下記の「フォーム」からお名前とメールアドレスを送って頂ければ、「セミナー案内」送らせていただきます。

2020/03/20

おならの止め方…… (^o^)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。






おならをするのは恥ずかしいものです。
「おならが止まらない」と来た方がいました。
その他には特に何の症状もありません。

(私にすれば)珍しく脈診をしました。
すると、三焦経の虚があるのです。
「ふ~ん」と思いながら、傍谷を押してみたら、けっこう痛がります。

そこで、傍谷を触りながら、
「ここにお灸をすると治まると思いますが、どうでしょうか。鍼でもいいのですが、多分お灸の方が持ちがいいので、お灸のほうがいいと思います」と言うと、

「やってください」というので、半米粒大のお灸を2壮ずつしました。

30分ぐらい経過して、

「なんか、治まっているようです」と言います。

傍谷へのお灸が何故効いたかと言うと、傍谷は「下腿三焦経」に属します。
下腿三焦経というのは聞いたことがないかもしれませんが、七星論ではそのように決めてあるのです。
つまり、三焦経というのは上肢にあるのですが、三焦経は下肢にも流れていると考えているわけです。

三焦経は、いくつも解説方法があるのですが、とりあえず、ここでは「消化器系」と理解していてください。

口から胃の入り口までを「上焦」
胃の入り口から出口までを「中焦」
胃の出口から肛門までを「下焦」
「上焦」「中焦」「下焦」の三つ合わせて「三焦」」

としますと、「おなら」は下焦の問題になります。

ですから、そこの代謝を上げれば「おならが治まる」と考えたわけです。
おならで悩む人の中には、「心」に異変のある方もいますが、その場合は、胸にある「玉堂」というツボを使います。

おならに悩む人は、そんなにいないと思いますが、悩む人にとっては、多分、大変な悩みではないかと思います。
電車やバスの中で、「プ~~~~」なんてできませんからねー。

といって、止められるものならまだましですが、止まらない場合は大変です。
お腹にたまったガスが吸収されて、体中を回るのですから……。


久しぶりに気が緩むような記事を書いてみました。(^o^)

3月29日(日)の17:00から、このような話も交えながら、無料のウエブセミナーを予定しています。
Zoomを使ってのセミナーですので、希望者には先にURLを送ります。

下記の「フォーム」からお名前とメールアドレスを送って頂ければ、URLを送らせていただきます。



2020/03/19

花粉症の治し方 (3/29のウエブセミナー準備)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。


 花粉症


画像クリックで動画



花粉症で困っている方が増えてきました。
あまり優しい事を言っていると、なかなか治せないと思いますので、ちょっと厳しい話をしました。(^_^;)

短い動画ですが、興味のある方は見てください。
2020/03/19

3月22に予定していた「ウエブセミナー」の日程変更のご案内

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。






3月22日(日)に予定しておりました「ウエブセミナー」の件ですが、都合により、「3月29日(日)の夕方5時から」に変更させていただくことになりました。
たいへん申し訳ございません。

時間は夕方の5時から予定しております。
無料ですが、先着10名様とさせていただきます。

当日は、Zoomを使ったセミナーですので、下記のフォームからお申込みいただければ、ZoomのURLを送らせて頂きます。

URLが届きましたら当日、時間になりましたら、URLをクリックしていただくと自動的にZoom会場につながります。
ただし、その前にZoomをダウンロードしておく必要がございますので、下記の「Zoomのダウンロード」からダウンロードしておいてください。

Zoomのダウンロード ⇒  Zoom

お申込みフォーム ⇒  フォーム