FC2ブログ
2021/09/20

レーザー治療器を取り入れた理由 (2) 退行性関節炎

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



前腕の手首側が痛い(写真は内側を撮影)



レーザー治療器の治療範囲に、「退行性関節炎」があります。
「あります」と言うより、むしろそちらの方が多いかも知れません。
所謂、「老化による膝痛や肘痛、肩痛など」と考えていただければいいかと思います。

上の写真の方は、20代の方で退行性疾患ではなく、免疫系疾患の方ですが、先日、
「右の手首辺りが痛い」とやって来られました。

「ブログに使いたいので、写真を撮らせてくれませんか」と言うと、

「外側は日焼けして恥ずかしいので内側でいいですか」と言う。

できれば痛みの出ている外側の写真を撮りたかったのですが、若い女性が恥ずかしがっているので、その通りに内側を写しました。(^_^;)

さて、それからが面白い。
レーザー治療器を当ててから、
「どうですか痛みは?」と聞いたら、

「まだ痛いです」と言うので、
「よしよし、ちょっと待ってね」と、下腿三焦査穴に軽く鍼をした。
すると、驚いた顔をして、
「取れました」と言います。

手が痛そうでしたので、七星論での「一穴鍼法」を使ったのですが、その前にレーザー治療器を当ててあったので、再発はしないだろうと治療を終りました。
何故なら、今使っているレーザー治療器は、退行性関節炎に効果があるからです。

つまり、退行性関節炎にも治療効果があるというのは、「炎症性疾患」にも効果があると考えられるからです。
実際に、70代の方で、「膝が痛い」と訴えて来た方でも、レーザーを当てると痛みが取れて来るのです。

退行性関節炎とは、骨を覆っている関節表面の軟骨が薄くなって、骨を保護することができなくなり、骨同士が摩擦を起こして関節に炎症が起こる症状のことです。

加齢による場合が多いのですが、肥満体形などで関節に負荷がかかって痛みが出る場合もあります。
夕方になると関節が腫れて熱を持ち、関節周囲に圧痛が出たりする人もいますし、摩擦音が聞こえたりする人もいます。
また、外部からの衝撃による軟骨損傷が原因になることもあります。

膝痛は、膝関節に負荷をかけ過ぎると起こりやすいようですが、先日テレビを見ていたら、
「外国にはウサギ飛びがない」と言っていました。
「ええーっ?」と驚いたのですが、現在は日本でも、「ウサギ飛び」はさせないそうです。

「退行性関節炎」は、膝痛に限らず、肩関節や頚椎にも出てきます。
「肩退行性肩関節炎」は、肩関節のクッションの役割をする軟骨が損傷したり磨耗したりして炎症が起き、変形する退行性疾患です。
特徴は、すべての運動角度で痛みが出ることで、 初期には関節運動の範囲に問題がないが、末期になるほど運動範囲が制限されてきます。

肩を過度に使うスポーツや外部の衝撃や負傷が主要な危険因子として知られています。
そのために、テニスや卓球のような運動をする時には肩のストレッチなどで十分に身体をほぐしてからするべきだ、と言われています。
そして、運動が終わった後にも同じ方法で運動をすることが大切だそうです。

そういう方々に、レーザー治療器が役立つと考えて、当院では現在「無料」で提供しています。
試してみたいと思われる方は、お電話をください。
突然来れれてもレーザー治療器が空いてないとできませんので、必ずお電話をお願いいたします。
専用のベッドも用意してありますので、気兼ねなく使うことができます。

予約は、06-6765-7622

木、金、土のみ
ですが、留守録をしてもらうとこちらからお電話をさせて頂きます。
また、レーザー治療器をお求めになった方々には、効率のいい照射方法を無料で教えています。
2021/09/19

レーザー治療器を取り入れた理由

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




赤い色はレーザーの光です



このところレーザー治療器のことばかり書いていますが、私がレーザー治療器を取り入れた理由についてhあまり書いてなかったですね。
ですからきょうは、「レーザー治療器を取り入れた理由」について話してみたいと思います。

最初は10年以上前の知り合いから、突然電話が入ったことから始まります。
永らく連絡も取ってなくて「疎遠状態」になっていましたので、「何だろう?」と思ったのですが、広島の友達の話が出て、その友達の最近の活動状況を話してくれたのです。

で、いろいろ話しているうちに、レーザー治療器の話が出てきたのです。
そこで、「それは治療に使えるの?」と聞きました。
すると、「青森で脳梗塞になって寝たきり状態だった人が一週間で歩けるようになった」と言うんです。

「えっ? レーザーで?」と聞き直して、さらにいくつかの質問をさせてもらいました。

というのは、今まで同じような話を何回も聞かされ、何回も失望させられたからです。

結構お金も使いました。

しかし、そんな話を聞かされると、追いかけてしまうのです。

それは、慢性的な疾患のある家族がいる人なら、誰でも一緒だと思います。
すると、丁寧にも、当人の奥さんから電話を入れるように段取りしてくれました。
最初は私だけで話を聞き、2~3日後には家内とも直接話してくれました。

それから、「前立腺肥大が5日で治った」と言う方ともお話をしました。

となると、もう疑う余地はありません。
そこで、
「この方々が治っているのだから、全てとは言わなくても、効果はあるはずだ」と考えたのです。

そうしてレーザー治療器を購入する事にしました。
1台は家内のために、
1台は治療に来る患者さん方のためにです。

そして、レーザー治療器を使い始めて5日目に、6年間も握り締めていた指が開いたのです。
ずっと握り締めたままですので、手の平が腐るのではないかと思い、いつもテッシュを挟んでいて、指の関節も反対側に曲がっていたのですから、大きな進歩だったのです。

そして治療院では、時間の許す限りレーザー治療器を使ってみました。
先日来られた奥さんは、帰った後で、わざわざ電話をしてきて、
「膝痛が治りましたから、また行きたいので予約をお願いします」と言ってたそうです。
※ 「鍼をしたのを忘れたんかな?」とも考えましたが‥‥。(^o^)

臨床はたくさんできましたが、薬機法(薬事法)の関係で、
「あれが治った」
「これが治った」
は書けないのです。

臨床の話は、説明会がありますので、そちらで聞いてください。
9月21日(火)の13:30から新大阪で説明会があります。
行きたい方は、私の治療院に留守録をして頂ければ、折り返しお電話させて頂きます。

無料です。
06-6765-7622
2021/09/18

レーザー治療器での検証を始めています

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




赤く映っているのはレーザーのライトです



1日に4~5人程度レーザー治療器を使っています。
じんわりとした治療なので、鍼のようにその場で効果がわかるというのは少ないのですが、使い方で変化を出すことが分かってきました。
たとえば、手足の冷えは、その場で「手が暖かくなってきた」と言います。

昨日は、両腕の痛みを訴える方がいたのですが、この方もその場で、
「痛みがなくなってきました」と言っていました。

それで、その方にお願いしました。
「お金は要りませんので、来れるだけ来てくれませんか。電車賃は自分で出してもらわないといけないのですが‥‥」と。

するとその方は、
「自転車できます。木、金、土なら毎日でも来れます。(^_^;)」と言っていました。
ですから、きょうも来てくれる事になっています。

20代前半の女性です。
治療の理論もあるのですが、難しい病気ですので、何とか早く治す方法を探してあげたいと考えているのです。
鍼灸と食養で治る事は分かっていますが、ワクチンが打てない疾患なので、早く治してあげたいのです。

早く、早く、もっと早く、治ってほしいのです。
2021/09/17

筋肉疲労による痛み:上腕二頭筋への刺鍼

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




二頭筋に刺鍼してもらった




上腕二頭筋の赤丸の辺りに刺鍼



一昨日、炭酸泉を片手で持って歩いたら、晩から上腕が痛くなった。
炭酸泉は、多分20㎏ぐらいはあると思われるのですが、見栄を張って片手で持ったのです。
(後悔してます)

昨日、腕を伸ばすのも痛くなったので、スタッフの練習も兼ねて上腕二頭筋の短頭に刺鍼してもらった。
(スタッフは、ルンルンルンという顔で鍼をしていました・(笑))
これは七星鍼法の「筋腱鍼」というやり方で、筋肉が腱に移行する辺りに刺鍼する方法です。
1番鍼を使いましたが、さすがに凝りが出て痛ので、「ズーン」と来ました。

これで腕を伸ばすのは楽になったが名残は残りました。
時間の経過と共に楽になってきたのですが、名残は残ったままでした。
今朝もまだ凝り痛みは残っています。

この鍼のやり方は、筋肉のスジ状がある時などに使うとバチッと効きます。
スジ状のものがない場合は、筋腱移行部ではなく、筋肉に何か所か刺鍼するといいです。
私は、スポーツ障害の治療によく使います。

覚えておくと便利なテクニックです。

きょうの昼休みにレーザーを当てて仕上げる予定です。(^_^;)
2021/09/16

医学的に認められた治療法:レーザー治療器での「腹部肥満」への効果

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




スポーツ少年:レーザー治療器で腹部へ照射





説明書に書かている「医学的に認められた治療法」



お学的に認められた治療法の中に「腹部肥満」というのがある。(^_^;)
それに期待してお腹にレーザーを当てているのですが、お腹が軟らかくなったように感じます。
と言っても信じないと思うので、変化が出たのを写真で見せたいと考えています。(^_^;)

成るかならんかは、やってみないとわからないのですが、多分、多分、多分成ると思う。

現在のところでは、諸病の治療に役立つ期はしています。
レーザー治療器を使って、非常に短い期間ですが、変化の出方から、そう思うのです。
もちろん思っただけではいけませんので、結果をお待ちください。

ただ、今は薬機法(薬事法)が厳しいので、ビフォー・アフターの写真は掲載できないかも知れません。
ビフォー・アフターの写真が必要な場合は、何らかの方法で見せる事ができると思います。