FC2ブログ
2019/10/22

11月3日(日)臨床実践塾をホームページにアップしました

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




YouTube集客の解説 




ホームページは  こちらをクリック    (^^;)


臨床例として、「自分や家族が病気ならチャンスです」をテーマに

 家庭療法で難病に驚く変化が現れた実例

 足関三穴と回旋鍼の臨床

 鎖骨下筋:経絡と筋肉

 急性膀胱炎と回旋鍼:脾経と回旋鍼・八風穴

 大動脈解離・腎腫瘍(前回の続き)

 テニス肘(テニスはしない人です)

 胸肋関節の痛みの治療

 蕁麻疹の治し方

 右足の第二趾が親指に押されて痛い

 鼻をかむと右太ももの前から横、股関節辺りまで痛くなる

 8才の少女・・・身体が硬くて動きがぎこちない


鍼灸学生でも開業できる方法とは

 集客での情報発信として、

 動画の時代なので、YouTubeを使う

 どのようにしてYouTubeに導くのか

 キーワードでSEOの上位表示が違う

   地域・業務・特徴等々

 どのような動画にするのか
2019/10/21

週末開業のためのコンセプト(11/3の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。





徒手療法から特殊鍼法まで 



臨床実践塾は基本的に第四日曜日に行ってきましたが、10月の第四日曜日は都合が悪く、11月3日に行うことにしました。

臨床解説もしますが、今回は開業の目的や意義を考え、そこから集客との関係を導きたいと思います。
たとえば、起業に際して重要なのが「コンセプト」になります。
コンセプトとは、「概要」とも訳されますが、ここでは「開業に向けての考えを組み立てた内容」としておきます。

コンセプトは全てを貫く「串」みたいなもので、コンセプトがしっかりしていなければ、事業はぐらつきいやすいものです。
それは、
① 何のために開業するのか
② 誰の為に開業するのか
などを決めずに起業することになり、羅針盤を失った舟になってしまうからです。

たとえば、起業が成功するのは、
① 顧客が不満に思っていることは何か
② それはどのようにすれば解決できるのか
というのが基本になるので、そこからスタートする必要があります。

そうすることで、ターゲットが決まってきます。
「ターゲット」と言うと、「狙い撃ちする」という感じがしますが、腰痛治療が得意な人は腰痛治療を売りにするということです。
腰痛の人にファッションの話をしても真剣には聞いてもらえません。
必要を感じている人に、必要なモノを提供することが起業になるわけです。

そして、自分にはどのような技術があり、具体的ないくつかの手法もあるというのが信頼関係を築いてくれます。
そうなると、自分が身に着けた技術は、どこで、どのように学び、学んでから何年になる、と話をすることで自分の優位性が高くなるので、自分の位置付けができてきます。

このようなことを普段話していると、自分のノウハウに合った患者さんが集まるようになってきます。
たとえば私は、食事療法の講演で、あちらこちら回っていましたので、開業しても「食事療法」の講演を聞いた患者さんが多かったものです。
2019/10/20

11月3日の臨床実践塾は「週末開業の為のノウハウ」

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




膀胱の木(膀胱経で木の高さ) 



この何週間は、「週末開業」について書いてきました。
それをまとめて、11月3日の臨床実践塾は『週末開業』について解説したいと思います。
もちろん週末開業でなくても、役立つ内容です。

おそらく皆さんが注目するのは、「集客」の講義ではないかと思います。
私はしばらく「集客セミナー」に頻繁に参加してきましたが、それは時代によって集客のスタイルが違うからです。

実際に私は、取り立てて「集客」ということはしていません。
広告も出さなければ、集客の為の案内も出しません。
ただ、本を書くときのためにブログに臨床例を書いているだけだったのです。

しかし、「週末開業をしたい」と考えている人も少なくないようですので、集客を取り上げてみたのです。
集客の勉強に行って、実際に感じたのは時代の流れでした。
今は動画の時代に入っていますので、動画やライブを活用する方法を学んでいました。

また今回の実践塾は、「不思議な治療法」とでも言いましょうか、どちらかというと難病の治療ですが、ものすごく簡単な方法で好転させることが出来ましたので、それも紹介するつもりです。
きっと、驚きます。
そして笑います。

七星鍼法にはいろいろな治療法があり、こと「特殊鍼法」には、即効性のある治療法がたくさんありますので、それが使えるようになると、毎日の臨床が楽しくなります。

たとえば、上の写真を見てください。
下腿の膀胱経に刺鍼しているのですが、このようなツボは普段使いません。
これは、七星鍼法の「自由性」で、膀胱経に取穴するのですが、肝の治療にもなるような取穴の方法です。

つまり、「膀胱経で肝の高さ」に取穴するので、膀胱経にも関係にも効果があるということです。
この方は、

① 肝臓辺りがチクチクする
② 上部胸椎辺りが凝る
③ 左腕がだるい
④ 左肋下部が痛いときがある

と訴えてきた方です。
基本的な経絡治療もしたのですが、背部兪穴を使う時に、このような鍼の打ち方をすると、症状をほぼ消すことが出来るのです。

つまり、「七星配置」と言うことを考えながら取穴していくので、
「この症状にはこのツボ」という決まりきった取穴をするのではなく、臓腑の盛衰に合わせて取穴も変わってくるのです。

「週末開業」をする人は、多分「鍼灸学生」や「勤務鍼灸師」だと思います。
その人たちは、このようなツボの使い方を学ぶことで、診断と治療の技術が高くなると考えているわけです。

「鍼灸」を使っても、「手指」を使っても治療ができるので、まだ資格のない方は「手指」でやればいいわけです。
そして資格を取ってから「手指を鍼に持ち変える」わけです。

11月3日のセミナーでは、症例解説も入れますので、その症例解説で「鍼灸ならどうする?」「手指ならどうする?」と考えながら学んで頂ければ思います。

※ 当院で行なうセミナーですので、今回も案内は出しません。
2019/10/17

プロモーションビデオでSEOの上位表示テスト Part15 (11月3日の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



 PV


画像クリックで動画



このところ経済セミナーや動画セミナーへ行くのが多いです。
その理由はいろいろありますが、昨日も朝10時からのセミナーと、午後1時からのセミナーで、終わったのが夕方5時でした。

それで、SEOの話もありましたので、
ほんとに上位にアップされるのかを、上の動画でテストしたわけです。
ただ、投稿する時間にも関係あり、この動画は夜中の3時ごろにアップしましたので、アクセス数はそんなに上がらないと思います。

でも、きのうの会場での実験には驚きました。
目の前でアップして、30分ぐらいで最上位に表示されたのです。
「うそ!」と思いましたねー。

今度の臨床実践塾では、そのような内容も含めてお話します。
経営者なら多分、SEOの話は興味深いのではないかと思います。
当然、「週末開業」を考えている方々にも必要なことです。
2019/10/15

知識、経験、素直さ・・・信頼関係  Part14 (11月3日の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。




信頼関係があるから巨鍼もさせてくれる 



昨日の続きです。

さてしかし、誰でも患者さんと信頼関係が築けるかというと、それはちょっと難しいかもしれません。
理由は、「物品販売」なら、信頼関係は築きやすいかも知れませんが、「健康や病気」を扱う仕事だからです。

ではどうすればいいのか。
① ある程度の知識を身に着ける
② ある程度の経験を積む
③ 自分が素直になる
④ 患者さんの立場で考える
⑤ 患者さんとの距離を縮める

私が週三日営業で経営できたのは、上に書いたようなことをしたからだと思います。
来院した患者さんは、「苦しんだ病気から救われた」方々からの紹介が多いのですが、私が発信する情報から、私の経験や患者さんに対する態度などを感じることが出来たからだと考えています。

私が発信する情報には、ブログ、HP、Facebook、本などがありますが、YouTubeもあるので、これらが大きな力となったと思います。
最近では、「動画集客」(Line、YouTube、ZOOM等)が盛んになって来ましたので、私もそのようなセミナーに参加して勉強しています。

また、今年の7月に出版した『病気治し入門』は、30年前に書いた本ですが、その本を読んで来られた方が何人もいました。
私が言うのも何ですが、今読んでもワクワクする本です。

その本には、
① 自然の法則が人体に及ぼす影響
② 原理原則を人体や食物、及び病気に照らし合わせて病気の原因を知る
③ 微量元素であるミネラル活用する方法
などが書いてあり、臨床での患者さんとの会話に役立つようになっています。

患者さんとの会話に役立つということは、人間関係の構築になります。
そして、
① 人間関係の構築が信頼関係になる
② 信頼関係で患者さんを紹介してくれる
③ 信頼関係は治療をスムーズにしてくれる
※ いくら「いいね!」を押してもらっても、信頼関係はできません

今度の臨床実践塾では、私が勉強してきた「短期間に信頼関係を築く方法」をお話します。
そして、その実践をするために、準備を進めていることをお話します。